読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっさんは仏教徒

お釈迦様の教えは宗教ではありません、調べて、確かめて、実践する教えです

善友からいただいた法話

善友から「読んでください」と法話のプリントをいただきました。

 

毎回、お会いするたびに、法話や仏教関連の資料のプリントをいただきます、ありがたいことです、勉強させてもらっています。

 

仏教徒は日々勉強です。

 

今回いただいたプリントはPDFでも公開されているので、読むことができます。

 

京都府、宝泉寺様で行われた、スマナサーラ長老の法話の記録になります。

 

宝泉寺様 曹洞宗のお寺です、住職の笛岡様は初期仏教の造詣が非常に深い方です。

宝泉寺

 

笛岡様の文章を読むことができます

住職閑語

仏教

 

私が善友からいただいた法話は下記の「ヴィッパサナ―冥想(業・善行為)」の部分になります、長老の法話をPDFで読むことができます。他の法話も読みごたえがあります。

http://housen.main.jp/bukkyou/bukkyou-index_2.html

 

いただいたプリントで、とても心に残った部分は

 

善行為とは不貪、不瞋、不痴があるならば善行為なんですね。実況中継すれば、その瞬間瞬間に心が自ら、必然的に不貪、不瞋、不痴なんです。だから自ら心は清らかに瞬間瞬間なるんです。妄想割り込むと、もうわかったもんじゃない。それはもう悪行為。妄想割り込まないで実況中継できれば、純粋に不貪、不瞋、不痴。だからどう見たって徳の中のトップグレード。それの上はないということになります。だからただ単に実況中継してみれば人生はすごい好転するのはそういう訳なんです。かなり不幸が減っていくんです。

 

ヴィッパサナ―冥想は最高の善行為である、という理由になります。

 

世間でよく言われる善行為をするよりも、貪瞋痴を少しでもやらないほうが、はるかに善行為だ、ということです。

 

まだ、心に残った部分がありますので、もう少し読んでみます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

生きとし生けるものが幸せでありますように。

 

 

 

 

 

 

 

嫌なことを言う人が苦しんでいる

「一分で読むブッダの教え」より

 

人が嫌がらせを言っているときは、その人は怒っています。あるいは嫉妬しています。無智のために、とにかく落着きがなくなって声を出しています。その人が自分自身のストレスを、自分自身の心に中にある苦しみを、言葉として発散しているのです。

ですから、「あなたはバカです」言われたら、その意味は「言われた人がバカです」ということではなくて、「言った人がかなり苦しんでいる」というこです。

 

感情に任せて人を罵ったり、落ち着きがない状態ってありますね。

これって、かなりヤバいです、早く気付いて方向修正をしなければならないのですが、怒りの真っただ中にいるときって、残念ながら、その中にどっぷり浸かってますね。

 

また、落着きの無い方から、良くないことを言われたすることもありますが、このときの状態って、止まらないし、何をやってもダメなので、本人が疲れるのを待つくらいしかできませんね。

 

聞いてる私は何もないのです。

 

でも止まらないので「言わせておけば・・」です。

 

感情にませて放言を続ける本人が可哀相な状態なのです。

 

 

私が嫌いな生命も幸せでありあすように。

私を嫌っている生命も幸せでありますように。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

f:id:oldmanbuddhist:20170519203741j:plain

 

 

 

自主冥想会

5月21日はダンマサークルの仲間と自主冥想会

 

慈悲の冥想、ヴィッパサナー冥想、食事の冥想

 

今回、ダンマサークルで初めて食事の冥想を行いました。

oldmanbuddhist.hatenablog.com

善友と共に真剣に取り組みました。

善友の方が作っていただいたカレー、持ち寄った惣菜を美味しくいただきました。

 

今回、大乗仏教のお坊様と一般の方の訪問を受けました。

お坊様はテーラワーダ仏教にとても詳しく、一般の方は仏教は詳しくは

なかったですが、日常生活の話題を通して、楽しく仏教談義しました。

 

仏教は日常生活からかけ離れた教えではありません。

 

とても楽しい一日でした。

 

生きとし生けるものが幸せでありますように。

 

f:id:oldmanbuddhist:20170521201958j:plain

f:id:oldmanbuddhist:20170521202036j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母の前では子どもで甘える親孝行

「一分で読むブッダの教え」より

 

我々は世間で何者であっても、どんなに偉くなっても、母親の前では子どもです。それが親孝行ということなのです。

ですから、素直に母親の前ではしっかり子どもに戻りましょう。甘えたりするのが一番いいのです。お母様は大変かもしれませんけど、それで母親は精神的に元気になります。明るくなります。

最後まで親を悩まさず、明るく生きてもらうことが親孝行だと思います。

 

45歳過ぎて、母親の作る「おはぎ」の美味しさが、やっとわかりました。

 

あずきを煮て、あんを作り、けっこう手間がかかっているのですが、若い頃はそれがわからず、文句を言って残したりして、無礼だったと思います。

 

大変、申し訳ないことです。

 

 

歳をとって、甘いものが好きになりました。

 

店でもおはぎは売ってます、どこでも手に入れることができますが、あんが美味しくないです、母親のあんはとても上品な味です。

 

ここで初めて、母親の「おはぎ」のありがたみを思い知ることになります。

 

どこにも無いことを思い知ることになります。

 

実家に帰るたびに、母親に「おはぎ」をねだります。

あずきから作るのは面倒だと思うのですが、嫌な顔ひとつせず作ってくれます。

 

ありがたいです。

 

私にとって、母と子のシンボルは「おはぎ」です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

生きとし生けるものが幸せでありますように。

 

f:id:oldmanbuddhist:20170517210925j:plain

 

 

 

 

 

 

 

心のせいで体が犠牲になる

「一分で読むブッダの教え」より

 

「イワシは安いから食べない」とずっと言ってた人が、テレビで「イワシは健康にいい」と言ってるのを見て、毎日、イワシを食べるようになる。しかし、しばらくすると、また「やっぱり口に合わない」と見向きもしなくなる。かと思えば「私はこれが好き」と自分の好きなものだけを大量に食べている人もいますね。

こういう食べ方は、心のわがままを満たすために、体が犠牲になったようなものです。

当然身体には悪いのですが、体にはどうすることも出来ないのです。

 

 

けっこう好き嫌いで食べ物って選んでますね。

 

アレルギー等があってお医者さんから食べるのを止められている場合を除いて、通常、なんでも食べれますね、でも、偏食があるといくことは、ほとんど好き嫌いが関係しているのではないでしょうか? こころの問題ですね。

 

食べ物、飲み物には、他にもいろいろありますね

 

体重が気になるのに、結局、食べてしまう。

肝臓が気になるのに、結局、飲んでしまう。

糖尿病なのに、結局、飲んでしまう、食べてしまう。

 

以上の方に限って、「私はそれほど食べてません」「私はそれほど飲んでません」と軽く否認されます、体調が悪くても認めようとしないのですね。

 

身体には、なんの罪もありません、こころですね、こころが身体を痛めつける。

 

こころに気づかない限り、同じこと繰り返して、病気になって死んでしまう、ということです。

 

わかりきったことをやらないのが、人間の不思議なところです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

生きとし生けるものが幸せでありますように。

f:id:oldmanbuddhist:20170516213827j:plain

 

 

 

「念じれば通ず」は間違い

「こころを清らかにする言葉」より

 

金持ちになりますようにといえば、

お金がなくなりますし、

病気が治りますようにといえば、

病気が長引いてしまいます。

 

「念ずれば通ず」という言葉があるように、成功イメージを潜在意識に植え付けると実現すると思っている人がたくさんいます。しかし強く念じただけで成功できるのなら、誰でも成功しているはずです。じつは願い事をいうと、結果はしばしば逆になるのです。だから私はお見舞いに行ったときも、「今度、病気になるときは前もっていってください」と言ったりします。お見舞いでいうべき言葉ではないと眉をひそめる人もいますが、それを聞いた病人は、「このお坊さんは、いつもわがままばかりいうんだから」と吹き出しながら元気が出るのです。このような、願いでも祈りでもない第三のステージとでもいうべき言葉は、物事をいい方向へ導きます。

ふつうの人は念じるたびに、自分がいまの望みのかなわない不幸にいるということを潜在意識に書き込んでしまいます。「どうか成功しますように」と強く念じるたびに、「いまのままでは失敗する、失敗する・・・」と刷り込まれるようになります。人は潜在意識に動かされるので、結局、悪い方向へ自分を押し流してしまうことになるのです。

本気で成功したいなら念じている暇はありません。いまやるべきことをやるのみです。

 

うまくいくことを念じること自体、貪瞋痴にまみれているので、貪瞋痴にまみれて、物事をやってもうまくいきませんよ、という話でしょうか??

 

「念じる」という行為は、どうでもいいことなんでしょうね。

 

どうでもいいことばかりに足を引っぱられて、大事なことがおろそかになってしまう、結局、うまくいかない、という結果になってしまう。

 

目の前の大事なことをとっととやりなさい、という話です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

生きとし生けるものが幸せでありますように。

f:id:oldmanbuddhist:20170516061318j:plain

子どもの美しい生き方

「一分で読むブッダの教え」より

 

子どもにとって理想的なのは、ぶらぶら寄り道をしながら、遊びながら、ふざけながら、ゆっくり帰るようなスタイルです。

子どもたちが当然知っている、学校から家までの道を、自分の考えでいろいろ遊んで帰るのです。学校から出たら、グループで走っていって、公園で遊んだりします。

そのうち、またほかのグループがあると、そっちでも遊んで、母親が怒るギリギリのところで家に帰るのです。そういうのが、子どもの美しい生き方です。

 

 私が小学生だった昭和40年後半は、この法話の通りの状況でした、寄り道は当たり前、悪さが過ぎて大人に怒られたこともあります。

 

今では、とくに小学生の寄り道は、今の日本では不可能かもしれません、不審者対策で下校は時間帯で管理されてますので・・。

 

うーん、あと、田舎だったら可能かも。

 

大人になればイヤというほど、効率とか、能率とか、短時間とか、そういった言葉に追い回されますので、子どものときは、その言葉と無縁でありたいですね。

 

大人のマネすることないです。

 

無駄なことに、以外と大切なことがあります、子どもはそれに気づいているのでしょう。

 

残念ながら、いまの子どもは、寄り道を知らずに成長するのでしょうね。

 

でも大きくなってからでも遅くはないです、たまには思いっきり寄り道してもいいのではないでしょうか?

 

帰り道とか休日に、とくに目的を決めず、街歩き、自然歩きしてみるとか・・。

 

思わぬ発見があるかもしれません。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました

生きとし生けるものが幸せでありますように。

f:id:oldmanbuddhist:20170512205025j:plain