おっさんの仏教メモ

初期仏教をいろいろ考えるおっさんのメモ

お話メモ「慢について」(同等慢について)

2017年12月17日、関西月例冥想会の質疑応答より。

 

質問

慢についてですけど、高慢と同等慢と卑下慢があって、高慢と卑下慢はなんとなくあかんとわかるんですけど、同等慢がなんであかんのか教えていただければと思います。

 

長老

そうね、それは、平等と勘違いする可能性がありますね。

 

これは、私もあなたも同じでしょうと、いばることなんですね。

 

お互いいばりあうこと。

 

現実にはよくあることだからね、どう説明していいか、アイデアが出てこないんだけどね。

 

(ずっと考えてます・・)

 

子供が兄弟げんかするとき、同等慢が働いてますね。

 

自分の親をひとりじめしようとするんですね、競争するんです。

 

すると母親がね、お前たちふたりとも同じです、誰が特別にかわいいということはないんです、と言われる。

 

すごく気持ちがわるくなるんです。

 

いえ、私のほうが一番かわいい、と言ってほしかったのに、という気持ちがあるんです。

 

このときの心の葛藤が同等慢から出てくるものなのです。

 

日常茶飯事にあることなんです。

 

例えば、会社で一緒に仕事している二人のうち、一人が昇格した、自分は入らなかった、そのとき腹が立つんですね。

 

「なぜその人を選んで私を選ばなかった?」と思ったとき同等慢から出るもんですね。

 

そんな感じのものなんですね。

 

例えば、上司がいろいろ仕事を頼むとき、3~4人のうち、1~2人に仕事を頼んで、信頼されちゃったりして、自分は無視されているみたいで、特別かわいがっているんですね。

 

そこで、いろいろ腹が立って、お互いケンカして、心の中で悩み葛藤が生まれる。

 

それは同等慢から現れてくることなんですね。

 

そんな程度のことなんです。

 

けっこうあることなんです。

 

慢からけっこう悩み、苦しみ、怒り、憎しみ、恨みなど出てくるのですから、その原因になってるんです。

 

「同じなのに、なんで」ということになってるんです。

 

きついと思いますよ、これはなかなか大変なことです。

 

高慢、卑下慢はわかりやすくて、両方病気扱いされてますけど、同等慢は病気扱いされていませんから、なかなか大変なおりにくい状態なんです。

 

それを正当化しようとするんですね。

 

自分の高慢が、人から「それは高慢でしょ」と言われると、正当化しようとはしないんです。

 

「あなた、それは卑下慢でしょ」と言われると、そうね、これはないほうがいいね、という気持ちになるんです。

 

でも、同等慢はそうはならなくて、「お互いさま」で仕事するんです。

 

本当は一番タチの悪い慢なんです。

 

なおりにくいし。

 

だから、日常生活の中でそういうケースは気づいてください。

 

それ以上の説明はちょっと難しい。

 

よくある感情なんだけど、でも微妙な感情だから、困難さが、感じられます。 

 

 

そのあと、東京での23日の講演会で

「変わらない自分がいるという錯覚から同等慢が生まれるんです、真理に背くことだから」とバッサリです。

 

お話では、高慢、卑下慢よりタチが悪いと言ってますが、自我の錯覚という意味では、どれも同じです。

 

慢は、掉挙と同じく、最後までしつこく残る煩悩です。

 

しつこくまとわりつく、こういった微妙な感情こそ、気をつけなければ、です。

 

 

生きとし生けるものが幸せでありますように。

 

スリランカの方々と新年パーティー

日本に住んでいるスリランカの方々と新年パーティー

 

場所は地元のコミュニティーセンター

 

33人ほどの方が集まり、うち日本人は5人でした。

 

お寺でも集まりますが、この集まりでは、お釈迦様とお坊様がいないのでプージャはしません。

 

せっかくみなが集まったのだから「プージャをしたい」と言ってた方もいました。

でも、残念ながらここはお寺ではありませんのでパーティーになります。

 

カレーや、お料理、デザート、お菓子、を持ち寄り、テーブルに並べて、皆で取って、好きなところに座って、おしゃべりしながら食事です。

 

ご無沙汰している方もいたので、近況あいさつ。

 

 

皆さま、音楽が好きなので、好きな音楽をかけて、そのうちダンスが始まりました。

 

準備の際、ダンスをする場所は決めてあったので、皆が思い思い、好きな音楽、好きなステップで踊ってました。

 

私も誘われて、踊りました、メタメタに下手くそでした、でも、なんだか、自分の殻を少し割ったような気がします。

 

スリランカのパーティーでは、必ずダンスがあるとのことです。

 

 

お腹いっぱい食べて、ダンスするのは、またいいのではないでしょうか?

また、缶ビールも買ってあって飲んでる方もいましたが、二人ぐらいだったかな。

ここはお寺でなく、在家の方ですから、なにもないです。

 

このパーティーには、普段、あまり仲が良くない方々も来ていました、でも「今日は、お互い人の好き嫌い、あれやこれや言うのは無しです」ということで、皆、踊って、仲良くです。

 

終わって、わいわいがやがや、皆で料理を分けて持ち帰ります。

 

そのあとミーティング

 

「いろいろあるかもしれないけど、みなで協力して楽しくやりましょう、次回は2月にお寺でバーワナーです、その次は4月の旧正月パーティーで会いましょう」です。

 

せっかくのパーティー、人の好き嫌いはとっとと捨てて、皆なかよくです、仏教的でなかなか良いです。

 

お幸せでありますように。

 

 

 

 

慢について

慢はいつも心の周りをうろついている煩悩です。

 

いつも、当たり前のように出てきます。

 

阿羅漢にならないと消えないらしいので、かなりしつこく心にこびりついている煩悩なんでしょうね。

 

 

高慢、卑下慢、同等慢の3つがあります。

 

 

 

高慢は、人と比べて自分が偉いと思うこと。

 

卑下慢は、人と比べて自分は劣っていると思うこと。

 

以上の2つは、わかりやすい心です、人から「お前は高慢だ」と指摘されやすい心でもありますね。

 

卑下慢は、自分でも自覚できそうです。

 

 

同等慢はわかりにくいです。

「人と比較して同じだ」という意味になるのでしょう。

「平等」という意味にもとれそうです。

なぜ悪いのでしょうか?

 

 

昨年12月23日、スマナサーラ長老初期仏教講演会「過去からの解放」より引用

 

同等慢はなぜ悪い

 

自我が良くないということです

瞬間瞬間、人格が変わるのに、誰と比較するんですかね?

 

比較して「同じだ」という同等慢を作る暇がないんです

 

卑下慢も高慢も成り立たないように、同等慢も相当な勘違いです。

変わらない自分がいるという錯覚から同等慢が生まれるんです

 

真理に背くことですから同等慢も悪いということです。

 

 

 

 自我は無いという真理、これに背くのですね。

「自我」という観点からみると、高慢、卑下慢、同等慢、すべてが悪いということ。

 

本当は生きることに忙しいのに、わざわざ人と比較して、わざわざ同等慢を作り、いろんな悪い原因を作っていく。

 

暇なんでしょ。

 

悪い意味の暇でも、慢の原因になるかもしれない。

 

貪瞋のような、はっきりし心でもでなく、微妙な感じ。

 

やはりタチが悪いです。

 

冥想等で気づく心なんでしょうね。

 

 

 

 

冥想いろいろ

「冥想やっていますか?」と聞かれると、放逸に塗れているので、胸を張って答えることができません。

 

「やっていないくせに」と言われそうです・・。

 

話は変わりますが・・。

例えば、病気になり、病院で入院、体や心がしんどい状況に陥るかもしれません。

そのとき、どうしましょう?

 

シャバで元気なときは、あまり冥想しなかったくせに、入院で、私は冥想するのでしょうか?

 

病気で入院のほかに、過ちを犯し、犯罪者になり、刑務所に入れられてしまう、さて、私は刑務所で冥想三昧するでしょか?

 

 

病院でも刑務所でも、冥想のことを知っているなら、やったほうがいいみたいですね。

 

 

チエリさんの「ブッダラボ」より「アウンサン・スー・チーと冥想」

thierrybuddhist.hatenablog.com

 

自宅軟禁されていたスーチーさんと冥想の話です、ほかに刑務所に入れられていた政治犯と冥想の話です。

 

 

チエリさん、いつも興味深い記事ありがとうございます。

 

病院でも、刑務所でも、お釈迦様の教えに対して、自分の心に迷いが無ければ、冥想しかないです。

 

冥想が無ければ、その閉鎖的な場所での生活は乗り越えられないような気がします。

 

恵まれたシャバだと、放逸になり、積極的にやらなくなってしまう。

これじゃあ、いけないんです。

 

冥想は知っていれば、人生がピンチのときでも、何かしら役に立って、やっていけそうな気がします。

 

ここまできてやらなきゃ、仏弟子ではありませんね。

 

お幸せでありますように。

 

 

 

年をとったお坊様

年をとったお坊様の話はなかなかないのですが、魚川先生の翻訳で見つけました。

 

myanmarbuddhism.info

 

ミャンマーの長老、ウ・ジョーティカ師の著作の訳文です、PDFで公開されています。

無料で読むことができます、魚川先生ありがとうございます。

 

その中の『ネガティブなことへの対処法』から引用します。

 

 

 

私の先生方は、ほとんどがとても長生きです。ある先生は、百四歳まで生きましたね。

彼の本を一冊ここに持って来ましたから、百歳の時の彼の写真をご覧になれます。とても落ち着いていて安らかですね。実に平静です。最期の日まで、彼はとても落ち着いて安らかでした。亡くなる前に、自身の葬式のことを計画していたんですよ。

もう一人の先生は、九十歳まで生きました。身体のほとんどが細くなり、褐色になって、年老いていた。でも、それがすごく美しいのです。近づいていって、話をしたくなるのですね。この九十歳の先生は、時に忘れっぽくなることがありました。

彼はとても細くて小さな人で、時に私は、彼を抱えて運ぶこともありましたね。先生は、朝食を食べ、そして昼食をとった後、それから時には、昼寝をしていたものでした。

そうして目を覚ますと、彼は翌日になったと思ってしまい、「朝ごはんを誰も持って来ないんだが?」と言うのです。それで周りにいる弟子の僧侶たちは、「ええ、ええ、持って来ますとも。はい、しばらくお待ちください」と答える。少し経つと、「わしは朝ごはんを食べていないのじゃないか?」と彼はまた言いますので、弟子たちは、「さあ、サトゥーマドゥ(1)を食べましょう」と言うのです。サトゥーマドゥというのは、蜂
蜜とバターと油、それにサトウキビの汁(糖液)を混ぜたもの。食べ物を差し上げると先生はそれを食べ、ジュースを差し上げると、彼はそれも飲んでいたものです。

それから彼はまた眠りにつき、目を覚ますと、「昨日は誰もわしに食べ物を持って来なかった。サトゥーマドゥを少し食べただけだ」と言います。しかし、腹を立ててはいない。不平を言っているわけではないのです。彼はただ、自分の思ったことや感じたことを述べているだけ。「誰もわしに食べ物を持って来なかった。ただサトゥーマドゥを少しと、ジュースを一杯飲んだだけだよ」。彼はいつでも、とても機嫌のよい人でした。


時に私は、先生の傍に座って話をし、彼のために用を足したりしたものです。それで三十分も経ちますと、「お前はジョーティカか?」と彼は尋ねる。彼には、話し相手が誰だかわからないことがあったのです。それでも、彼はとても落ち着いていて安らかだった。

先生は記憶を、たくさんの記憶を失っていました。しかしそれでも、彼は自分の落ち着きや安らぎ、寛容や受容的な態度といった、全ての徳性を保っていた。私たちは本当に、彼のことを愛していました。

先生が亡くなった時、彼は全く苦しむことはありませんでした。ある朝、朝食をとった後に先生は、「お腹と腰が張っているので、寝ることにするよ」と言われた。それで若い僧侶が彼を寝かせ、彼は眠って、そのまま亡くなったのです。病むことは、全くありませんでした。

 

(1) catumadhura、四甘。「サトゥーマドゥ」はビルマ語。薬として扱われており、僧侶でも午後に食べてよいものとされている。

 

 

かわいい師匠さんです、お弟子さんたちも優しく気をつかって接しています。

 

師匠のたくさんの記憶はなくなってしまいましたが、心の根っこがとてもきれいで、落ち着いて、穏やかで、それを慕うお弟子さんたちもいいですね、師匠と話をしていてもとても楽しいのでしょう。

 

知識も行いも人格もすぐれたお坊様、かなり高いレベルにいるお坊様って、変な話、かわいいんですよ。

 

認知症になると、知識等は捨てることになりますが、心までは捨てることがないので、その残った心がかわいいんですよね。

 

仏教の姿ですね。

 

生きとし生けるものが幸せでありますように。

 

 

 

 

アビダンマ復習  自己分析 心、心所

アビダンマの復習を兼ねて、私の心を分析します。

 

本日、献血に行ってきました、1か月に1回ぐらいはいいことしなくっちゃ、思っています。

 

献血に行った私の心をアビダンマ的に心を分析すると・・。

 

心は

欲界心54になります。

欲界は3次元の世界のことです。欲に塗れるの欲じゃないです。今、私がいるところです。

 

 

 

 

欲界心54のうち、欲界浄心は24あります。

 

欲界浄心のうち、大善心は8あります。

「大」と付きますが、大きいという意味ではないです、項目が8つあるので「多い」というくらいの意味です。

 

大善心8で、さて、8つのうち、どの心をえらびましょうか?

 

 

「捨俱 智不相応 無行」 にしました。

 

言葉を分解します。

 

捨俱

喜俱だったら、喜び、楽しみの感情ですが、献血常連の私には、喜び、楽しみの感情はあまりありません、かといって暗いわけでもなく、余裕がないわけでもありません。

本には「捨」は neutral feelingとありました、これですね。

とくに楽しみはないけど、「ああ、いいですよ、やりましょう」という気持ちでしょうか。

 

智不相応

智相応の場合、「行為が業(カルマ)に及ぼす働きを理解していること」とありました。

この献血が、どういった業を及ぼすのか、まったく理解してません、というか理解できません。ですから、不相応です。

 

 

無行

他人に勧められたわけでなく、自分ですぐ決めたので無行です。

 

 

 

さて、次は心所になります。

捨俱智不相応無行には、どういった心所が溶けているのでしょか?

 

同他心所13(心が生じたら一緒に生じる基本的な心所)のうち

共一切心心所7

どんな心にも必ず生まれる心所です。

 

触 所縁と心心所を触れさせること、触れること。

 

受 所縁を感受すること

 

想 所縁を表象するという特相を持つ法

 

思 所縁へ心心所を向けさせること

 

一境性 一所縁に連続して心を集中させること

 

命根 心心所の寿命を保つ働き

 

作意 心心所を所縁にまっすぐ向かわせること

 

 

 

雑心所5浄心、不浄心に雑多に生じる心)

 

尋 心心所を所縁に向かわせること

 

伺 尋の働きで所縁に向かった心心所をそこから離れないようにすること

 

勝解 決定すること

 

精進 努力すること

 

意欲 所縁を欲すること

 

雑心所はこれに「喜」を加えて通常は6あります、しかし心で「喜俱」ではなく「捨俱」と決めてしまったので、ここには「喜(piti)」は入りません。

 

ここの「喜」は理屈抜きの楽しさ、ということです。

 

捨俱智不相応無行の場合、同他心所は12になります。

 

 

浄心所19

善い心には必ずある心所です、19がセットで揃ってます。

 

信 仏法僧、真理を信じること

 

念 善に関する所縁を忘れないこと 

 

慚 悪行を恥じること

 

愧 悪行を恐れること

 

不貪 欲から離れること

 

不瞋 怒りから離れること

 

中捨 心心所のバランスが取れていること

 

身軽安 安らかなこと掉挙が主となる心心所を抑える

 

心軽安 同上

 

身軽快性 軽やかなこと、心心所のどんよりとした状態をとりのぞく

 

心軽快性 同上

 

身柔軟性 柔らかなこと、心心所の頑なさをとりのぞく

 

心柔軟性 同上

 

身適業性 作用に適していること、善心が生じるように適度な状態にする

 

心適業性 同上

 

身練達性 作用に熟練していること、不信などで心心所が痛むのを抑える

 

心練達性 同上

 

身端直性 まっすぐなこと、自分の過ちを隠し、無いように装う、自分にない徳をあるように装う。ようなことはしない。

 

心端直性 同上、

 

本には

善い心が僅かでも生まれたら、その心の中に入っている心所に数は、少なくても19あるということです、すごく多いでしょう。悪い心には、入っている心所の数は少ないんです。不善心の場合は、14しかない不善心所が、14もいっぺんに生まれませんでしたね。でも善心の場合は、浄心所の中のすくなくとも19は、セットだから、確実に入るのです。

善心は不善心より強いのです。

 

 

まだ続きます。

 

離心所3

正語、正業、正命、

 

いつも現れる心ではありません、とっさのときに現れるこころです。

悪いことを回避する心ですね。

 

正語

人の悪口を言うシチュエーションに陥っても、とっさに切り替えて悪口なんか言わない。

 

正業

泥棒、万引き、悪いことをしなければいけないようなシチュエーションでも、とっさにきりかえて悪いことなんかはしない。

 

正命

悪い仕事、(兵器を作るとか)をするシチューエーションに陥っても、そういった仕事なんかはしない。

 

 

最後は無量心所2です

悲、喜、

 

本には

「限りなく広げていい心所」とありました。

欲とか怒りもキリがありませんが、無限に広げるならこっちのほうがいいです。

 

心のやさしさというか、他人の苦しみを見て、本当になんとかしてあげたくなる気持ちです。

 

喜(ムディター)

さききほどの雑心所にも喜(piti)が出ましたが、違う「喜」になります。

「喜(ムディター)とは、人の幸福を見て喜ぶ、正真正銘の明るさなのです。

 

 

まとめ

今日、献血に行き

私の、欲界心の、捨俱智不相応無行には、共一切心心所7、雑心所5、共浄心所19、離心所3、無量心所2、合計36の心所が溶けて入ってました。

 

短い時間でしたが、心はけっこうたくさんの仕事をしています。

 

面白かったので、いろいろな心の状況に挑戦したいです。

 

お幸せでありますように。

 

 

参考にした本

samgha.co.jp

 

 

 

 

 

 

仏教文化雑考

話の前提として、日本国憲法には、思想、良心、信教の自由を侵してはならない、とあります、自由だから何をしていい、というわけではありませんが、保障し、侵さずです。

 

話は変わりますが、以前、奈良でマスコットキャラクターの「せんとくん」の騒動がありました。

せんとくん - Wikipedia

 

お釈迦様に似た童子に鹿の角が生えているのですね。

 

 

有名古刹を持つ仏教界からは、「仏様を侮辱している」という批判があったそうです。

 

私の勝手な想像で恐縮ですが。

もし、お釈迦様がこのキャラクターを見たら、チラッと見て何も言わないと思います。もしくはちょっとだけ微笑んで、それでおしまい。

 

仏教界が「おもしろくない」んでしょうね。

古刹を守ってきた文化的背景で、こういった発言になるのでしょう。

 

現在ではいつのまにか批判は消えてます。

けっこう稼いでいるキャラクターになりました。

 

文化的背景があるといえ、人間の物事のとらえ方は、いい加減です。

 

キャラクターを作成した作者の思想の自由があり、批判した仏教界にも思想の自由があります、保障されています、日本はいい国です。

 

 

また話は変わりますが。

どことは言えませんが、お釈迦様の名前を冠した飲み屋があります。

お釈迦様にシェイカーを振らせているイラストを見ました。

「うーーん、南方の国々の方には見せたくないなあ」と思いました。

 

ミャンマーで3年ほど前、バーでドリンクの割引券にお釈迦様のイラストを使ったということで、店主に懲役刑が出てます、ミャンマーでは仏教がほぼ国教なので、やばいことになります。

 

他の宗教だったら命が奪われるかもしれません。

 

もし、お釈迦様がこのイラストを見ても、チラッと見て何も言わないと思います。もしくはちょっとだけ微笑んで、やっぱり、それでおしまい。

 

でも、南方の国々の方々は長年の仏教文化があり「侮辱された」と思うでしょう。

 

 

 

 

 

結局、なにが言いたいのかいうと。

 

人間には、育ってきた文化的な背景があり、けっこうそれに固執するということ。

でも、それはけっこういい加減なものかもしれない、ということ。

かといって、お互いの文化は尊重しなければいけない、ということ。

思想、良心、信教の自由は侵してはならず、保障されなければいけない、ということ。

 

 

仏教は宗教ではないと思っていますので、ここは、お互いの文化的立場を理解し、仲良くしましょう、仲良くするには、どうすればいいか、と考えた次第です。

 

生きとし生けるものが幸せでありますように。