おっさんの仏教メモ

テーラワーダ仏教をいろいろ考えるおっさんのメモ

慈経(メッタスッタ)を覚える(20)第八偈 第一行目、第二行目、慈しみを育てる

 

慈経の暗唱ですが、第十偈までできるようになりました。

何も見なくても、唱えることができます。

 

嬉しい、嬉しい。

 

今まで、つっかえつっかえでしたが、これからは、法友といっしょに思いっきり唱えることができます。

 

さて

第七偈で母のような気持ちに近づきました。

この慈悲の心をを育てなくていけませんね。

 

第八偈は慈悲の心の育て方を説いてます。

 

 

第八偈

 

メッタン チゃ サッバ ローカスミン

マーナサン バーワイェー アパリマーナン

ウッダン アドー チャ ティリヤン チャ

アサンバーダン アヴェーラン アサパッタン

 

慈しみの心を一切世間(すべての生命)に対して、

限りなく育ててください。

上に、下に、横(周り)に(棲むいかなる生命に対して)も、

わだかまりのない、怨みのない、敵意のない心を育ててください。

 

第一行目、第二行目、

メッタン チェ サッバ ローカスミン

マーナサン バーワイェー アパリマーナン

 

分解します

 

メッタン

慈しみの

 

チャ

また

 

サッバローカスミン

すべての世間(生命)に対して

 

マーナサン

こころを

 

バーワイェー

育てるように

 

アパリマーナン

(ア)否定

(パリマーナン)量、制限

無量の 制限なく

 

くっつけます

慈しみの また すべての生命に対して 心を 制限なく 育てるように

 

協会訳

慈しみの心を一切世間(すべての生命)に対して、

限りなく育ててください。

 

慈しみの心を制限なく育てるように・・。

 

慈しみを制限するものは何でしょう?

第六偈に出てきた「欺いたり、軽んじたり、怒鳴ったり、腹を立てたり、人の苦しみを望んだり」というこころになるのでしょう。

oldmanbuddhist.hatenablog.com

oldmanbuddhist.hatenablog.com

 

第六偈の感情を全て捨て去ることはなかなかできませんが、そういった感情から離れることで、慈しみを育てることができる、無制限にぐいぐい伸ばすことができる、ということでしょうか。

 

例えば

電車に乗ったとき、こころの中で「この電車に乗っているひと、すべてが幸せでありますように」と唱えてみます。

慈しみの練習には最高です。

 

あるいは、自分の嫌いな人を思い浮かべて「幸せでありますように」と唱えてみる。

それも、母親がひとりの息子を命がけで守ろうとする、という気持ちで行います。

 

これはちょっと難しいかもしれません、お釈迦様の要求は常に高いです、でも仏教徒は挑戦しなければなりません。

 

なんのために挑戦するのでしょう?

 

自分のためですね。

 

挑戦は続きます。

 

生きとし生けるものが幸せでありますように。

 

 

 

 

 

仕事に関する本

仏教と仕事に関する本はいろいろ出ていますが、仕事(ビジネス)と仏教は、もともと相反します。

 

ほとんどの仕事は貪瞋痴を煽って、売り上げ達成や成功を目指します。

ほとんどの書籍もそうです。

 

でも、仏教では貪瞋痴はNGです。

 

仕事は、ほんとうは仏教の管轄外なのでしょうが、けっこう仕事に関する質問は多いです。

 

ですから、書籍もあります。

 

 

 

仕事でいちばん大切なこと

仕事でいちばん大切なこと

 

 

 

 

 

どの本も、仕事をする前の、人間の土台を作るにはいいですが、実際の仕事現場に具体的にどう生かすか、という記述はないです。

でも、当然です、お坊様は働いてはいけませんので、実際の仕事現場はわかりません。

 

人格形成をきちんと行い、土台を作り、仕事をしなくてはなりません、もしくは仕事をしながら人格形成に励まなければなりません。

 

私は仕事をしながら人格形成に励みたいですね。

ただ、具体的にどうすればいいのかわかりません。

 

 

そこで、具体的に仕事で何をやりながら、人格形成ができるのか、が書いてある珍しい本を見つけました。

 

サンガのビジネス書、珍しいです。 

売りたいなら、人格を磨きなさい―売り上げを伸ばす24のジャストセールス理論― (サンガフロンティア)

売りたいなら、人格を磨きなさい―売り上げを伸ばす24のジャストセールス理論― (サンガフロンティア)

 

 

作者は大乗仏教儒教、東洋思想を勉強して、20年かけて販売という仕事と人格形成について研究し、独自の販売理論を確立させました。

 

その理由は、トップセールスになった方々が、高収入で身持ちを崩したり、謙虚さを失ったり、家庭を壊してしまったり、自身の心や体をこわしたり、それを見ることで、どうすれば良いか?日々研究を重ね「人格」の大切さに気づきます。

そして「お客様に喜ばれながら、かつセールスマン自身の人格も磨かれるセールス方法」を作ります。

 

長老も日頃から人格形成の大切さを説いていますが、でも販売現場から具体的に書いた本は、これが初めてではないでしょうか?

 

人格の大切さについて記述は多いに同感です。

大乗仏教の記述には「ん?」というところもありますが、おおむねOKです。

 

で、一番興味をひいたのは、「販売技術、販売テクニック」のあたりです。

具体的な記述で大いに好感が持てます。

 

 

売り上げ=セールス力×訪問件数×活動時間

でも「訪問件数」と「活動時間」は有限です、場合によっては、けっこう制約を受けます。

 

でも「セールス力」は伸ばせます。

セールス力=人格力×セールス技術

「人格力」「セールス技術」は、時間の制約を受けることなく、ヤル気させあれば伸ばせます、あと、それは自分のものになります。

 

人格力とセールス力を伸ばすためにはどうしましょ?

という記述がここにあります。

 

もともと、相反するものに挑戦してるので、即効性はないかもしれませんが、珍しくビジネス書を興味深く読みました。

 

お幸せでありますように。

 

 

 

 

法事に参加 浄土真宗本願寺派(お西さん)

このブログはテーラワーダ仏教のことについて書いてますが、日本の仏教行事は、仏教に触れる大切な文化だと思って尊重してます。

 

よくある「宗教」だと、「他は認めない」という立場をとっているところが多いです。

 

「仲良くすれば・・」と思うのですが・・。

 

さて、法事についてです。

 

法事の本来の意味です wikiより

法要(ほうよう)とは、

  1. 本来の意味は、仏教において釈迦の教え(仏法)を知るということ。つまり仏法の要点・肝要を知ること。
  2. その後、上記の用語が転用され、法事・仏事・法会などの儀式祭礼などの仏教行事一般のことをいうようになった。

日本では、しだいに供養(追善供養)のことを指すようになり、その後一般的に死者を弔う儀式をさすようになった。法事(ほうじ)、仏事ともいう。

また死者を弔う儀式以外に、寺の創立記念や落慶(新しい堂宇の完成記念)や仏像開眼などの慶事も含む。

 

日本では、ほとんど2番目に意味になりますね。

改めて仏教に触れることができる日本のとても大事な文化として尊重してます。

 

法事に呼ばれました。

お西さんです。

 

 

お仏壇です

真ん中に阿弥陀様、、右に親鸞聖人、左に蓮如上人。

お荘厳も素晴らしいです。

荘厳法―勤式指導所―浄土真宗本願寺派

f:id:oldmanbuddhist:20171015152041j:plain

 

 

 

大きな家なので、仏壇とは別に法事用の祭壇を作りました。

左右におけそく(御餅とか、もなか、まんじゅう)が積んでおります。

この写真では御餅です。

前の日におうちで作ったものです、気合が入ってます、すごいです。

f:id:oldmanbuddhist:20171015152733j:plain

 

 

皆で声をそろえて、正信偈、讃仏偈、短念仏、仏説阿弥陀経を唱えました。

阿弥陀経はお坊様が速すぎてなかなかついていけませんでした。

 

法話を聞いて、お釈迦様の教えに触れ、阿弥陀如来様のありがたみを語っていただき、故人の徳をしのびました。

 

法話のあと、お坊様を囲み楽しく茶話会、とても気さくなお坊様で、仏教だけでなく、時事関係全般、幅広くいろいろなおしゃべりをしました。

 

仏教徒は宗教、宗派、信仰の違いはまったく問題にしません。

みんな仲良くです。

 

生きとし生けるものが幸せでありますように。

 

 

「浄心への道順」を法友から薦められました。

 

 

茶話会の帰り道に、法友から「浄心への道順、とても良かった、歩く冥想の記述とか、冥想について書かれてます、でも、うまく言えない、次回、貸してあげます」と言われました。

 

法友から薦められた本は迷わず買うことにしてます。

迷わずkindleからダウンロード、早速読みます。

 

第一章では、瞑想について、長老は「瞑想」という言葉ではなく「トレーニング、ディシプリン」という言葉を用いてます。

 

ディシプリンで、ニュアンスが伝わりますでしょうか?

 

「瞑想」というと、ヨガとか、簡易なマインドフルネスの類い、意味がぶれて、好き勝手な解釈になってしまう。

 

瞑想とは、心のトレーニング、鍛錬、教育、訓練、ディシプリン、意味を限定させます。

 

心は放っておくと、暴れるし、徘徊するし、飛び回るし、トレーニングとディシプリンが必要なのでしょうね。

 

詳しくは本をお読みください。

 

 

第二章では、ヴィッパサナー瞑想では「座る、歩く」ですが、もともとヴィッパサナー瞑想には「型」がない、とのこと。

 

普段、なんてことない動作「掃除をする、食事をする、着替える」もヴィッパサナー瞑想に置き換えることができるとのこと。

 

ヴィッパサナー瞑想の本質は「生きることを観察しましょうよ」です。

「観察」することを邪魔するものは何ですか?

詳しくは本をお読み下さい。

 

 

第三章では、「覚り」についてです。

 

覚るための助走で

いつでもおもしろく(interesting)興味をもって、ワクワクしながら生きよう。

淀まないように。

次は「自分はどうすれば役に立つのか」役に立つ生き方

慈しみも大事。

 

長老が禅定と解脱に関して説明しています、アビダンマ用語がバンバン出てきます。

 

 

法友の言う通り、うまく説明できません、瞑想と覚りに興味のある方はぜひ本を読んでみて下さい。

 

次の茶話会で結局法友から本をいただきました、ありがとうございました。

 

 

 

長老の対談本で思い出深い本

下記になります

養老孟司先生との対談本です。

oldmanbuddhist.hatenablog.com

 

 

まだ、未発売ですが、今から楽しみ 最新刊の対談本です。

 サンガ公式通販サイト / 仏教と科学が発見した「幸せの法則」 | サンガ公式通販サイト

 

 

 

 

慈経(メッタスッタ)を覚える(19)第七偈 第三行目、第四行目、どこへ慈しみを向けるのですか?

母のような慈しみの心をどこに向けるのでしょうか?

 

すごく、卑近な例で恐縮です。

 

台所にゴキブリが出ました。

ゴキブリに対しても、母のような慈しみの心で接する、ということです。

 

お部屋に蚊が現れて飛んでます。

その蚊に対しても、母のような慈しみの心で接するということです。

 

生き物は、生き物で、別に人間に害を与えようと思って生きているわけではありません、ただ生きるための活動をしているだけです。

 

それを見て、人間の都合を優先する勝手な主観(正しいかどうかもわからない)を振り回して、ゴキブリや蚊を追い回してつぶしたりする。

 

普通に生きているゴキブリや蚊にしてみるといい迷惑です。

 

お互いの都合がぶつからないように、「逃がせ」ばいいだけの話です。

 

慈しみがあれば、お互い仲良く生きる知恵を出そうと頑張るのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

第七偈

 

マーター ヤター ニヤン プッタン

アーユサー エーカプッタマヌラッケー

エーワンピ サッバ ブーテース

マーナサン バーワイェー アパリマーナン

 

あたかも母が、たった一人のわが子を、

命がけで守るように、

そのように全ての生命に対しても、

無量の(慈しみ)の心を育ててください。

 

第三行目、第四行目です

エーワンピ サッバ ブーテース

マーナサン バーワイェー アパリマーナン

 

 

分解します

 

エーワン

このように

 

また

 

サッバ ブーテース

すべての生き物たちに対して

 

マーナサン

(慈しみの)こころを

 

バーワイェー

育てるように

 

アパリマーナン

(ア)否定

(パリマーナン)制限

(無制限の)

無量の

 

 

くっつけます

このように また すべての生き物に対して 

無量の(慈しみ)のこころを 育てるように

 

協会訳

そのように全ての生命に対しても、

無量の(慈しみ)の心を育ててください。

 

正田先生訳

また、このように、一切の生類にたいし、無量なる(慈愛)意を修めるように。

 

 

 

 

生きとし生けるものが幸せでありますように。

 

慈経(メッタスッタ)を覚える(18)第七偈 第一行目、第二行目、どうやって慈しむのですか?

慈経の暗唱は、第九偈までできるようになりました。やればできます、嬉しいです。

 

 

第七偈です

 

どうやって? どういうふうに? どんな気持ちで?

生きとし生けるものを慈しむのですか?

 

お釈迦様はいつも具体的です。

これ以上はない、最高の慈しみは、母が子に対して慈しむことです。

お釈迦様の「慈しみ」に妥協はありません。

 

 

 

 

第七偈

 

マーター ヤター ニヤン プッタン

アーユサー エーカプッタマヌラッケー

エーワンピ サッバ ブーテース

マーナサン バーワイェー アパリマーナン

 

あたかも母が、たった一人のわが子を、

命がけで守るように、

そのように全ての生命に対しても、

無量の(慈しみ)の心を育ててください。

 

第一行 第二行です

マーター ヤター ニヤン プッタン

アーユサー エーカプッタマヌラッケー

 

分解します

 

マーター

母が

 

ヤター

~のごとく

 

ニヤン

自分の

 

プッタン

息子

 

アーユサー

命を(かけて)

 

エーカプッタ

(エーカ)

 

(プッタ)

息子

 

アヌラッケ

守ろうとする

 

くっつけます

母のごとく 自分の息子を 命をかけて 一人息子を守ろうとする

 

協会訳

あたかも母が、たった一人のわが子を、命がけで守るように、

 

 

 

 

どんな生命に対しても母のように慈しみ・・、母のように命がけで守り・・。

母の気持ちに近づいてみませんか?ということだと思います。

 

本当に慈経は「お経」なのでしょうか?

私にはとても「いい詩」に思えます。

 

南方の国々の方々は、本当にいいお経を唱えてますね。

 

お幸せでありますように。

 

 

 

 

 

 

カティナ衣法要 を考える

テーラワーダ仏教には、雨期の時期3か月ほど。お坊様はどこも出かけず寺にいて、修行に励む「雨安居」という習慣があります。

 

そして、雨安居明けになると、修行したお坊様に、在家が衣を作って差し上げる、というカティナ衣法要という法要があります。

 

下記にカティナ衣法要の説明があります。

http://gotami.j-theravada.net/kathina_civara_puja.pdf

 

今回、知っているお寺でカティナ衣法要が行われますが、雨安居に入ったお坊様が、ずっとお寺にいませんでした、1週間以上不在のときもありました、また、カティナ衣法要は戒壇で行うものじゃないでしょうか?という疑問もあります。

戒壇に関する協会の文章

http://www.j-theravada.net/200604press/jtba20060417press.pdf

 

雨安居が成立しなければ、カティナ衣法要は成立しません。

ですから、お坊様は、特別なカティナ衣を受け取ったということにならなくて、ただの衣を受け取ったいうことになるのでしょうか?

 

まあ、カティナ衣法要は、盛大なお祭り、フェスティバルなので、ここまで細かく考えている方はあまりいないと思います。

 

でも、ちょっと気になるので、年配のお坊様に聞いてみることにします。

 

お幸せでありますように