読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっさんはbuddhist

お釈迦様の教えは、宗教ではありません、調べて、確かめて、実践する教えです

脳開発と「祭り」-仏教のコミュニティー活動が目指すもの

以前、ダンミッサラ長老に尋ねたことがありました。

 

仏教の目的は悟ることですが、冥想(バーワナー)も何もしないで、いつも現世利益の祭りばかり熱心で、ピリット(護法)ばかりしている、そんなことでいいのでしょうか?」

 

もう、この質問自体がいけないですね。

他の善友のやることが気になっているのです。

祭りに熱心でバーワナー(冥想等、修行)をまるでやらない善友が気になるのです。

私はダメな仏教徒です

 

 

ダンミッサラ長老の答え

「楽しくやればいいんじゃないですか?」

スリランカでも、冥想に熱心な僧や在家は、森の中に入ってバーワナーしてます、でも仏教の祭りのダーナ(お布施)、プージャ(お供え)、ピリット(護法)をみんなで楽しく行うことも、悟りを目指す行いになります」というお答えでした。

 

下記にスマナサーラ長老が、もっと詳しく「祭りと解脱の関係」についての法話です。

 

パティパダー2017年1月号 50ページ

特別寄稿 脳開発と「祭り」 スマナサーラ長老

 

中略

仏教の祭りと脳開発

 そこで仏教の世界を見てみると、昔から「祭り」が多いのです。カティナ法要も、とんでもなく派手なお祭りです。テーラワーダ仏教の国々では、今日の法要どころではない(本日の法話はゴータミー精舎のカティナ衣法要のため)大規模なお祭りになっています。私はそういう習慣を嫌だなという気持ちがあって、「祭りと解脱に何か関係があるんでしょうか?別に関係ないでしょう」と思ってきた面もあります。確かに祭りは解脱と直接関係ないのですが、仏教で祭りをすごく大事にすることにも、脳開発に欠かせない意味がちゃんとあるのです。

 

中略

解脱に必要なこころの基礎

仏教の世界では、そういう個人の壁はなくて、なんでもみんなでやる、みんなで参加するのです。たとえば、法事ではお坊さんにお布施をしてからみんなでご飯を食べるでしょう。食事を苦労していっぱい作ったり、持って来たりした人々が、手ぶらで参加してご飯をたらふく食べて帰った人を見たしても「あいつは何もしないで食べて帰って、けしからん」という考えは一切抱かないのです。「ああ、よかった、よかった」と喜ぶだけ。「何も持たずに来た人も、気持ちよく参加できてよかった」と喜んでしまうのです。「みんなに食事が行きわたってよかった」と。

 

そういう時、われわれの日常ではちょっと考えられない、こころの働きが起きているのです。ですから、じつはそういう仏教の祭りがないと、解脱に達するために必要なこころの基礎ができあがらないのです。「自我を出さないほうが気持ちいいし、楽しいのだ。自分が何かを得るよりは、みんなのために何かをやったほうがずっとリラックスできるのだ」ということを、仏教の祭りを通して体験してほしいのです。

 

祭りを通して無執着の世界を学ぶ

生命の脳というものは、これが幸福だとわかったら、もうそちらの世界へ進んでしまうのです。隠れて暗い顔で冥想ばかりするのが仏教の世界ではないのです。仏教では、どんどん家族を広げていきます。できるだけたくさんの生命と、みんな仲間だという関係を築く。そうやって自分の殻を破って、仲間、友達、家族という気持ちを大きく拡げて、みんなで何かひとつことを成し遂げる。そういう気持ちで参加すると、そこには何も混乱が無く、戦いもなく、ケンカもなく、会社の会議でやっているような感じで、自我を張ることもなく、すごく穏やかに物事が進んでしまうのです。その経験から、脳が何かを学んでいくのです。自我のない世界、無執着の世界の素晴らしさを学ぶのです。

 

ですから、西洋的な言葉で言えば、脳を開発するためにコミュニティー活動は必ずしなくてはいけないのです。仏教では昔からそれをやってきたのです、みなさんもカティナ衣法要として、かなり大きなコミュニティ活動をやったのです。

 

とてもよくわかりました、ありがとうございました。

 

仏教徒は、善友と勉強しても楽しい、冥想しても楽しい、お祭りも楽しい、かといって、一人でいても楽しい。

 

f:id:oldmanbuddhist:20170218134804j:plain

 

忙しい人の正体は怠けもの

これって、私のことです

会社の上司から指摘されました、「たまには、ふんぞりかえって、新聞でも読む暇くらい作れば?」

 

時間に追われて、というか、時間の使い方が下手で、結局、やるべきことができてなかったら、客観的に怠けものですね。

 

「忙しい、忙しい」で、もしかしたら大事なことを見落としているかもしれない、ということもあります、ですから、この法話は我が身のことのように感じます。

 

上司からは「オレぐらいだろ、おまえにこんなこと言うの」

ありがたいです。

 

 

「原訳 法句経 一日一悟」より

 

以前は怠るものであっても、

(それに気づき)怠らない人間になるならば、

その人はあたかも雲を離れた月のように

世を照らす

(ダンマパダ172)

 

中略

怠けものは時間をとても無駄に使います。こころがちっとも落ち着いていないから、彼らはいつも「忙しい」と言っているのです。それは生きることに失敗していることを意味しています。あまりにも真剣に「忙しい」というときほど、人はどこかで失敗しているのです。「やることが多すぎて忙しい」と言っても、一日の時間は決まっています。その範囲でやるべきことをやればいいだけの話です。それをやっていない人は、いつでも「忙しい」という強迫観念を抱いてしまうのです。本人がいくら忙しがっていようと、実際には仕事はほとんど片付いていないのだから、客観的な評価は怠けものということになるのでしょうが・・。でも、それは、いろんな仕事をさぼっていることへの言い訳なのです。

 

中略

 

ブッダは「怠けている人はものすごく忙しく振る舞う。怠けない人、おこたらない人は忙しく振る舞わない」と言われています。怠けない人は冷静に淡々と、やらなければならないことをしっかりこなしていきます。周囲から文句を言われるからといって、あせって、走り回ることはしないのです。

 

上記の偈に関する物語です

あるお坊さんがお寺で朝も昼も夜も掃除をしていました、お寺には長老がいます。その長老は毎日早朝のお勤めを終え、朝食を済ませると、一日中ずっと冥想をしています。すでに長老は悟られていました。もう一人のお坊さんは、朝から寝る時間までお寺じゅうを隅々まできれいに磨きあげていました。もちろんそのお坊さんはとても頑張っているつもりでした。それだけに彼は長老に対して不満を募らせていました。長老の姿が何もせず、ただごはんを食べて座っているだけのようにしか見えなかったからです。

 

お坊さんは長老に怒りをこめて言いました「長老様は信者さんから布施(食事)をいただいているのに何もしていないではないか」。すると長老は「怠ける」ということの本当の意味を語り始めました。

 

「人は自分の仕事を一生懸命にやるべきなのです。いったい、あなたは掃除をするために出家したのですか。解脱をするために出家したのではないですか?あなたは仕事をしていると思っているかもしれませんが、本当は怠けているのです。一分たりとも休んでいないからといって、自分はがんばっているなどと勘違いしてはいけません。あなたは相当ななまけものですよ」。

 

中略

 

何もかもやろうとするのは、ただ智慧がないというだけのことです。何もかもするのではなく、自分の本業をしっかりやり遂げること、それで他のことができなくなってもかまいません、怠けものに限って、何もかもやりたがるものです。もう一度ブッダの教えを思い出してください。「怠ける」という言葉にの本当の意味はなにか。それは「やるべきときに、やるべきことをやらないことだ」ということを・・。

 

いつも、どうでもいいことばかりやって、大事なことをやらない、そのくせ「忙しい」を連発する、ちょっとずつ、直していきます。

 

 

原訳「法句経」(ダンマパダ)一日一悟

原訳「法句経」(ダンマパダ)一日一悟

 

 

冥想する場合は一人で自分の宿題として冥想する

初めて、初心者冥想指導を受けたとき、スマナサーラ長老から、「これからは、自分ひとりでやってください、宿題です」正確ではありませんが、そうおっしゃられた、ことを覚えています。

 

これからは、ひとりでやっていかなかればならないんだ、とヒシヒシ感じました。

 

ただ、ひとりでやると、いつの間にか、指導とズレが生じてきて、たまには初心者指導を受け直すのもいいかもしれないですし、法話会の際に、指導者に疑問に思ったことを質問しても良いのではないでしょうか?

 

「智慧の扉」より抜粋

 

冥想する場合は、一人で自分の宿題として冥想する。

 

ヴィッパサナー冥想を始める前にしてほしい自己チェックがあります。

 

①人の話を聞いて理解する能力があるか?

②正直で素直な人間か、人に自分をよく見せようとしていないか?

③やると決めたことをやり遂げるまで投げ出さない性格か?つまり熱しやすく冷めやすくではなく、やり遂げてから冷めろ、ということ。

この三つです。残念ながら、このチェックをすると、ほとんどの人は失格になるのです。仏教に興味を持つくらいですから、皆さん理解能力はあるでしょう。投げ出さない性格も訓練して身につけた人は少ないと思います。問題は②なのです。

 

冥想会に来る人は指導者に褒めてほしくて、他の人に「あの人は冥想している」と思われたくて、冥想を「演じて」しまうのです。これは建て前と本音という人間社会に根ざした問題です。私たちはたいてい本音を言わずに建て前で生きています。社会ではお互いを信頼していない、いたわり合ってないのです。これは個人にはどうしようもないことです。いきなり個人が本音を言いふらしたら、社会から追い出されます。ですから、誰でも建て前の自分を取り繕って生きているのです。そこで冥想する場合でも、誰かが見ていると、どうしても自分を飾ってしまう。そこで私は、「冥想は自分一人でこそこそやってください」とアドバイスをするのです。

 

冥想する場合は、一人で自分の宿題として冥想してほしい。そうすれば本音と建て前の問題が消えて、心はみるみる成長する場合があります。

 

 

「演じる」こと自体が、冥想の目的から外れています。

 

私の場合は演じるというか、最初の頃は、自主冥想会で、「あの人、すごいなあ、もう何時間も座る冥想している」とか「あの人は姿勢がいいなあ」と思ったり。

 

もう、そう思っていること自体 アウトですね。

雑念、妄想が頭の中を巡ってます。支配されてます。

 

その雑念、妄想に気づいて、観察できなければ、冥想でなくなります。

 

 

他の人が何やろうと、どう見ようと、思われようとも、関係なく。、

 

一番は自分のためです。

 

正直と素直で取り組む宿題ですね。 

 

 

「何一つとして自分のものにならない」と認めること

最近、私の父(82歳)が免許証を返納し、車も手放しました。

 

とっくに仕事はやめてますし、息子二人は家を出て離れて住んでますし、趣味の写真もやめました、いろいろな事象は年齢とともに、やめてしまったり、自分の手から離れていきます、父を見て実感します。

 

お釈迦さまは「無常」だから「私」「私のもの」は成り立たないと説きます、どういうことでしょうか?

 

「智慧の扉 こころを整えるブッダの教え」

 

抜粋

お釈迦様はすべて自ら確かめたうえで真理を説かれました。そしてお釈迦様の説かれた真理は、私たちも「自ら確かめられる」真理なのです。例えば「無常」は、確かめられる真理です。私たちが何を見ても、それは無常により、変化により成り立っています。しかし人間は事実を嫌がるのです。無常の話は嫌がるのに、「あなたには素晴らしいオーラがある」という話は大喜びする。そういう人間にお釈迦様が付けた敬称は「愚か者」です。人間は嘘が好きです、でも嘘によって苦しんでいるのも人間なのです。嘘をやめ、無常の真理を認めることで、私たちは信じられないやすらぎを得るのです。

 

無常こそ真理です。しかし「無常だから頑張らなくていい」ということも成り立たないのです。私たちは、すべて変わるからこそ、成長できます。しかし、何ものにも執着はできないのです。お釈迦様は「私」「私のもの」というものは成り立たない、とも説かれました。「私の身体」と言いながら、身体は何ひとつ希望を聞いてくれないのです。希望を一つも聞いてくれないものに「私の身体」と執着するのはバカげた話です。

 

身体は措いて、心は自分のものでしょうか。悩んでいる心に「いまから悩まないでください」と言っても聞いてくれません。「なに一つとして自分のものにならない」と認めることで、本物の心の安らぎを実感できるのです。私たちは何も持たず裸で生まれてきました。

 

この肉体さえも、ある期間だけ借りて、使って、地球に返すのです。全ては無常だ、私の思い通りになるものは何もないのだと認めて、とことん落ち着きましょう。お釈迦様の教えを学んで、どこまでも明るい心で生きましょう。

 

 

家族、仕事、財産、地位や資格、大切に持っているもの、などなど。

あと、自分の身体。心も、自分から離れていきますね。

 

ほんと、自分の身の回りはレンタルみたいなものですね。

結局、ぜんぶ返却しますから。 

 

でも悲観的な悲しむ話ではありません。

 

もともと自分のものは何ひとつなく、レンタルみたいなものですから、自分の手から離れ、返しただけの話で、大した問題じゃない、ということでしょう。

 

私は、ちょっとずつ、返却している最中です。

手放す悲しさより、身軽になる喜びがいいですね。

 

最後に死ぬときに唯一持っていけるものがあります。

日本テーラワーダ仏教協会のHPより

根本仏教講義 善友は仏道のすべてより抜粋

仏教講義 26.人生改良計画 (6)善友は仏道の全て

 

しかし、死ぬときに持っていくもの、自分のものといえるものが一つだけあります。それは、性格です。死ぬとき、性格だけは置いていくことができません。ですから、生きているうちに清らかで良い性格をつくることが大切です。この世に置いていかなければならないものを必死に集めても意味がありません。持っていけるものを集めましょう。善行為、いわゆる功徳は、持っていくことができます。死ぬまでに何を獲得すべきかというと、功徳です。これは、自分といっしょなのです。

 

 

 良い性格かあ、いまのところ、喜んで持っていける性格じゃないです、でも、お釈迦様の言う善行為は積んでいきたいです。

 

 

 

 

 

人生は失敗が多く、成功はとても少ない

50年以上生きてきましたが、大成功ってのはありませんね。

ウジウジ君ですから。

やはり失敗が多いですね、無意識でロクでもないことしてます。

 

 

あと、人間、ついつい、自分で自分の評価をします。

どういうつもりで自分の評価をするのか、わかりません、本当は成り立たないんですけど。

 

 

実際に評価を下すのは自分の周りの人々ですね。

悪いことをすれば悪い評価になるし、良いことをすれば良い評価になるし、

しかし、周りの評価を気にしてもキリがありませんね。

 

「余計なこと考えると、どうせ失敗するんだから、明るく、とっととやれば」

という法話です。

 

「智慧の扉 心を整えるブッダの教え」

 

抜粋

仕事で集中力が出てこない。いつも雑念がわーっと湧いてきて、集中できない。そういう人は、結局、「自信がない」のですね。

 

自信がない人はいつでも妄想だらけで、集中どころではありません。実は自信がないという人に限って、妄想の中で自分のことを高く評価しているのです、その自己評価と現実がずれて合わないから、すごく不安になるのです。

 

私たちには、気楽に生きるというモットーが必要です。たとえ失敗しても「あっ、失敗しちゃった。ダメだった」と認める人は、そんなに自分のことを高く評価していないのです。逆に「そんなの、いちいち構ってられない。次のことをやらなくちゃ」という態度で、明るいのです。

 

自分を高く評価する人は、失敗を怖がります。それで手も足も出なくなります。「自己評価」という、妄想を捨てない限り、現実とのギャップで、人生はさらに苦しくなるのです。そもそも成功ばかりの人生などあり得ません。ふつうの人生は失敗が多く、成功はとても少ないのです。どんなことでも失敗する可能性が高くて、成功する可能性は低いものです。

 

明るい人はそれを知ったうえで、「ものは試しだ」と挑戦する。うじうじ悩む前に、さっさと準備して仕事に取り組む。そういう人々が成功をつかみます、結局、妄想する暇のない人が、成功者になっているのです。

 

 

 

 

 

 

今日は自主冥想会

今日は善友と自主冥想会

 

テーラワーダ仏教を理解して、ましてや冥想をする、という善友は、なかなかいません。

 

稀有な存在です、もう、いるだけでありがたいです。

 

 

仏教徒は善友が全て、善友に勝る宝はありません。

 

 

善友と冥想し、ダンマ談話して、近況報告もして。いい休日でした。

 

 

この自主冥想会は、基本的に入退室が自由です、事前連絡がなくても、行く、行かないは自由です、ですから、誰が来るか、私もわかりません。

 

 

誰も来なければ、一人で冥想する予定でした、仏教徒の最高の善友はお釈迦様なので、

「ぼっち」でも大丈夫。

「ぼっち」でも仏教徒は楽しい。

 

 

チエリさんのブログから いつもありがとうございます。

「ぼっち」」でも大丈夫 【善友とは】

thierrybuddhist.hatenablog.com

 

 

 

スリランカ流 派手なお荘厳です ここで冥想会

f:id:oldmanbuddhist:20170305194234j:plain

 

 

 

五戒 パンチャシーラ

在家の方が守るべき五つの戒があります。

日常のお経にもあります。

テーラワーダ仏教や、南方の国々の仏教徒の方は暗唱できます

 

下記、日本語訳です

礼拝のことば

五戒文から引用しました。

 

1.私は「生き物を殺さない」という戒めを受けて守ります。

 

2.私は「与えられていないものを取らない」という戒めを受けて守ります。

 

3.私は「淫らな行為をしない」という戒めを受けて守ります。

 

4.私は「いつわりをかたらない」という戒めを受けて守ります。

 

5.私は「放逸の原因となり、(人を)酔わせる酒類、麻薬などを使用しない」という戒めを受けて守ります。

 

この五戒は、仏教徒がいろいろなことに取り組む際の基礎になります、五戒を守ることで自分の身を守ることができるし、落ち着いた日常を送ることができます、落ち着いた日常を送ると、慈悲の冥想やヴィッパサナー冥想がスムースになります。

 

毎日、五戒と反対のことをして、イライラ過ごしていては、冥想は、まずうまくいきません、というか、五戒と反対のことをすれば、自分の身も守れないし、その結果は悪いです。

 

私は自分で自分の身は守りたいし、冥想もスムースに行いたい、そして悟りたい、そのために五戒を守ります。

 

チエリさんのブログに「戒律とはトレーニング」10話に渡って、詳しく掲載されています、ご参照ください。

 

この法話は私も拝聴しました、長老の「トレーニング!」という発音がすごく印象に残っています。

 

 

 

thierrybuddhist.hatenablog.com

 

f:id:oldmanbuddhist:20170305061605j:plain