おっさんの仏教メモ

テーラワーダ仏教をいろいろ考えるおっさんのメモ

スリランカのお寺

空き家を譲ってもらい、新しくスリランカのお寺が出来る予定です。 頼りになる善友の協力で、お寺が始まります。 私自身、大して何もやっていないので、せめて時間のあるときは草むしりでも、と思い、空いた時間に行ってきました。 何かしら拠り所ができると…

お盆といえば お墓参り お仏壇参り お寺にお参り

住んでいるところとは別のところに、先祖のお墓、実家にお仏壇があるので、お参りに行きます。 最近はお盆といっても、形骸化してて、形骸化してるくらいならやめようということで、官公立の施設、企業でもお盆休みが無いところが増えてます。 お寺さんは、…

お盆といえば「餓鬼事経」4

「死者たちの物語」 パーリ語「petavatthu」(ペータヴァッツ) 小さなころ、「お盆には、亡くなられた方が戻ってくる」と、大人から言われました。 仏教では、とくにお盆と限定しなくても、人間とやりとりできる餓鬼(幽霊)が、人間と出会い、悲喜こもごも…

お盆といえば「餓鬼事経」(3)

お盆がきますので、下記の本を読みました。 死者たちの物語―『餓鬼事経』和訳と解説 作者: 藤本晃 出版社/メーカー: 国書刊行会 発売日: 2007/10/01 メディア: 単行本 購入: 2人 クリック: 10回 この商品を含むブログ (6件) を見る 購入したことを忘れてて、…

お盆といえば餓鬼事経(2)

お盆といえば餓鬼事経 お盆のルーツは餓鬼事経です。 藤本先生の本から引用します。 仏教の正しい先祖供養: 功徳はなぜ廻向できるの? (サンガ新書) 作者: 藤本晃 出版社/メーカー: サンガ 発売日: 2015/02/08 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る…

お盆といえば(1)

お盆といえば、藤本先生の下記の本を連想します。 お盆も施餓鬼供養で先祖供養で功徳廻向になります。 先生の本はお盆だけでなく、仏教のあらゆる功徳廻向、先祖供養、を詳しく解説してます、とても勉強になります。 仏教の正しい先祖供養: 功徳はなぜ廻向で…

鈴木一生さん葬儀 スマナサーラ長老の弔辞と法話

下記に長老の弔辞と法話があります。 ・鈴木一生さん葬儀(通夜式)スマナサーラ長老の弔辞と法話 ■鈴木一生さんの功績を偲んで ■すべて捨てて逝かなくてはいけない ■私は今日、どのように生きてきたのか? ■業が与える宿題に取り組もう ■無常偈 「私は今日…

ご多忙につき

本日、冥想会ですが、メンバーご多忙につき、わたし一人の参加 はじめた頃から、一人になっても続けるつもりだったので、 正確に言うと一人ではありませんね、お釈迦様がいらっしゃいます。 でも、今回は完全な一人ではなく、スリランカのお坊様と一緒でした…

アビダンマ復習 痴根心2

貪瞋痴の「痴」になります。 場所は不善心12、その中の貪根心8、瞋根心2、痴根心2になります。 痴根心は二つ 捨倶疑相応 捨倶掉挙相応 言葉を分解します 捨倶 平静な感覚 捨倶心の起こる原因 好中所縁 捨倶結生心 思慮深い性格 疑 因果業法や三宝などに…

アビダンマ復習 マンゴーの比喩

路心については、さまざまな比喩がありますが、テキストにマンゴーの比喩がありました。 人がマンゴーの樹の下で頭を蔽って臥し眠っているときに、熟したマンゴーが成り口から離れて彼の耳元の地上に落ちる。すると彼はその音に目を覚まし、眼を開いてマンゴ…

アビダンマ復習 心の流れ

心はとても短い時間に生滅を繰り返しています。 まだ、習っていない部分ですが、テキストには、心の寿命は「1心刹那」といい、心が1回生滅する時間をいい、それは1弾指の1兆分の1程度の極めて短いものである。とあります。 どれほど短いものであるか想像…

スリランカのお寺

空き家を利用して、スリランカのお寺が出来る予定なので、建物の清掃等のお手伝いに行ってきました。 スリランカの仏教はテーラワーダ仏教です、お寺はテーラワーダ仏教が実際に行われる場所になります。 空き家の有効活用になります、お寺になる土地や建物…

アビダンマ復習「心」「心所」

勉強では「名」(ナーマ)は「心」と「心所」の二つに分けることができる、と教わりました。 「心89」 「心所52」 今回「心」については、かなりの駆け足で学びましたが。まだ「心所」については学んでません。 ただ、先生は「心」を純粋な水に譬え、「…

アビダンマ復習 瞋根心について

「貪瞋痴」の「瞋」は、よくいう「怒り」のことです。 仏教では「怒り」をテーマに数えきれないくらいたくさんの本が出版されていますが。 でも、アビダンマでは、「瞋」の分析結果は、たった二つです。 瞋根心の場所になります。 瞋根心2は、まず心89は…

鈴木一生様ご逝去

平成29年7月19日、鈴木一生様がご逝去されました。 心より哀悼の意を表します。 お会いしたことはありませんが、日本テーラワーダ仏教協会の初代会長をお勤めになりました。 もし鈴木様がいなかったら、私はスマナサーラ長老に出会えなかったかもしれません…

第二回アビダンマ基礎講座

上越市の浄聖院様のご尽力で、大阪から西澤卓美先生を御招きして、第二回アビダンマ基礎講座が行われました。 テーラワーダ仏教のアビダンマを学べることは、生きていてほとんど巡りあうことはないです、このご縁を大切にして続けていきたいと思います。 下…

題名とプロフィールを変えました。

以下の通りプロフィールを変えました テーラワーダ仏教をいろいろ考えるおっさんのメモです。 テーラワーダ仏教的に正確でない記述があるかもしれません、全ての文責は私にありますので、お気づきの点があれば、ご指摘ください、再度、調べてご返事します。 …

アーナンダ尊者 8つの条件

いま、こうやって、お釈迦様の教えに触れることができるのは、「記憶能力第一」のアーナンダ尊者のおかげです。 hohiさんのpali語学習 作業記録より引用します。 スマナサーラ長老の法話を要約していただきました。 偉大なる人の役に立つには アーナンダ尊者…

沙弥出家の十戒法

沙弥、まだ比丘になる前の見習いの僧、でも出家してます。 出家の際、尊師に三帰依と沙弥出家の十戒を懇請します。 三帰依は三宝への帰依 沙弥出家の十戒は、沙弥が守るべき十の戒です。 以下、沙弥が守るべき十戒です 1 私は「生き物を殺すことから離れる…

「ん? だから、なに?」で終わります。

自分は関わっていないのですが、他で、いろんな組織がうまくいってないことを見たり聞いたりしています。 当然、人が関わっているわけですが、原因は中にいる人間です。 「イヤなことあった」「不快だった」「あいつは嫌い」「気に入らない」「あいつは間違…

浄土真宗は仏教なのか?

藤本晃先生の著作です。 一部ではいろいろと言われているそうですが、私が調べた範囲では、お釈迦様的になんの問題もありません、疑問に思う方はきちんと調べて藤本先生に質問されてはどうでしょうか? あと、問題にされている方は、なかなか宗祖仏教の立場…

自分が正しいという思い込み

「ブッダの教え一日一話より」 相手を許さないのは、「自分が正しい」と思い込んでいるからです。 しかし、「自分が正しい」というのは、この世ではあり得ないことです。 ケチをつけようと思えば、誰にでもつけれます。しかし、その権利が自分にあるのかどう…

どうしようもないお坊様? 破戒? でもサンガのはしくれ? でも仏法とお釈迦様を探せ!

テーラワーダ仏教を熱心にやっている方には、けっこう日本の仏教に批判的な方がいらっしゃいます。 日本の仏教に疑問があり、嫌になってテーラワーダ仏教を学んでいる方もいらっしゃいます。 ですから、お坊様を見る目はとても厳しいです。 日本のお坊様だけ…

「おまけ」を煽るビジネス雑誌

ビジネスマンが読むような本や雑誌はまったく読まないですが、たまたま資源ゴミのカゴの中にあり、明らかに所有権を放棄されたビジネス雑誌があったので読んでみました。 特集で 「スマホ&ネットすごい活用術 高年収VS低年収 ネット活用の違い解明」 高年…

アビダンマ基礎講座 復習5

勝義諦、第一義諦 パラマッタ サッカ 究極的真理、自性(性質)が変わらないもの、涅槃以外は無常で変化しているが、名色(ナーマルーパ)のそれぞれが持つ性質は変わらない。 よく禅寺とか、上杉謙信の座右の銘で「第一義」というのがありますが、ここから…

アビダンマ基礎講座 復習4

ダンミッサラ長老に、「ウ・コーサッラ元長老、西澤さんが新潟に見えられて、アビダンマの勉強を始めました」と伝えたら、「それはいいことですね」とおっしゃっていただきました、とても嬉しいです。 続けます アビダンマがいつどのように説かれたたか? ・…

なんの楽しみがあるの?

久しぶりに言われました。 雑談で、私がお酒を飲まないことを言ったら 「いったい、なんの楽しみがあるの?」 「家に帰ったら、何をやってるの?」 「ストレス解消はどうしてるの?」 「そんなにお金ためてどうするの?」 と言われました。 飲む人は飲まない…

ダンミッサラ長老にメッタバーワナーについて質問

すごくご多忙なダンミッサラ長老に、立ち話ですが質問しました。 ダンミッサラ長老のお寺 www.sakamuni.org 笑顔がやさしく、落ち着いてて、学識があって、日本語も堪能で、大長老で、本当は偉い方なのですが、気さくで優しく、私のような、立ち話の無礼な質…

アビダンマ基礎講座 復習3

パーリ三蔵 ティピタカについて ティピタカはパーリ語で書かれた三蔵の意、東南アジアの南方上座部が伝承する仏典の総称。 経・律・論 からなります。 経蔵(スッタンカ・ピタカ) 長部(ディーガ・ニカーヤ) 中部(マッジマ・ニカーヤ) 相応部(サンユッ…

アビダンマ基礎講座 復習2

第一回仏典結集を経て、仏滅後100年経ったころ、第二回仏典結集が行われます。 主に、戒律関係ですね。 戒律に関して変えていこうという比丘たちと、そのまま守っていこうという長老たちとの間で亀裂が生じた、その対立です。 お釈迦様が、布教を始めた最初…

アビダンマ 復習1

せっかく、学んだので、復習することにします。 本当の仏教、仏説とは? いろんな宗教があり、お経には「仏説〇〇経」とか、よく言われます。 でも、じっくり調べてみると、仏教は大きく二つに分かれます。 一つは日本でもお馴染みの大乗仏教、いろいろな祖…

浄聖院様

曹洞宗といえば道元さんなのです、入り口に、なぜか親鸞さんの像があります。 いただきものだそうです。 曹洞宗のお寺に親鸞さんがやってきました、いいですねえ。 本堂の手前でおびんずるさんがお出迎え 「びんずる」様、お釈迦様の弟子の1人ですが、知り…

やっぱり仏教徒は楽しい

上越市の浄聖院様のご尽力で、大阪から西澤先生をお招きしてアビダンマ勉強会。 論蔵について、詳しい先生をお招きして、みっちり勉強です。 西澤先生から、「仏教の日頃の実践や、冥想も大切だけど、勉強も大切です」 勉強の大切さを教わりました。 例えば…

「明日」はどうなるかわからない

「ブッダの教え一日一話」より 「明日」はどうなるかわからない 幸福というのは、いまの瞬間に得るべきものです。 「明日、幸福になろう」とか「将来、幸福をつかもう」という人は、ずっとなれません。 そういう生き方は「いまの瞬間は不幸でもいい。今日は…

行為は正直に

「一分で読むブッダの教え」より 行為は正直に もらえるお金が少ないから仕事の手を抜くというのは、とんでもないことです。お金がもらえなくても、与えられた仕事は、プライドを持ってしっかりやるべきです。手抜きは、自分の人生の汚点になり、自分が損を…

一切のかぶりものを取る

「ダンマパダ 一日一話」より 一切のかぶりものを取る 心の汚れを捨てていない人が、 黄褐色の法衣をまとって 自制しようとしないならば、 法衣にはふさわしくない (ダンマパダ9) インドでは、黄褐色の服は、仏教の僧侶だけではなく出家者が着ます。とて…

学ぶことの落とし穴―脳がロックされてしまう

善友から、まだ読んでいなかった本を紹介されました。 わかりやすく、とてもいい本だということで、いま読んでいるところです スマナサーラ長老の仏教塾 作者: アルボムッレ・スマナサーラ 出版社/メーカー: 株式会社サンガ 発売日: 2016/06/23 メディア: Ki…

キンドル版が無料 「ブッダが教えた本当のやさしさ」

2月頃、下記の本の紹介をしました。 oldmanbuddhist.hatenablog.com いま、キンドル版限定ですが、無料でダウンロードできます。 アマゾン、仏教の売れ筋ランキングで一位です。 Amazon.co.jp 売れ筋ランキング: 仏教 の中で最も人気のある商品です いつまで…

仏教徒はこれに限ります

下記の本から引用です 怒らない、落ち込まない、迷わない 苦を乗り越える宿題 作者: アルボムッレ・スマナサーラ 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2017/04/20 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 「何のためにではなく、どのように生きるのかが大…

自分が悪くないのなら幸せなはず

「ブッダの教え一日一話」より 自分が悪くないのなら幸せなはず 私たちは、不幸の原因は自分の外にあるように思っています。 「経済状態が悪いから」「血圧が高いから」「借金さえなければ」「あいつがいなければ」「妻がもっとしっかりやってくれたら」・・…

ドキュメント72時間

NHKのドキュメンタリーに「ドキュメント72時間」という番組があります。 ほとんどTVは見ないのですが、これは娘が録画してくれてて、空いてる時間に見てます。 市井の姿は、ドラマや映画よりはるかに面白い 6月9日(金)放送分で「東京・渋谷モスクで会いま…

自主冥想会

善友5人が集まり自主冥想会 慈悲の冥想 ヴィッパサナ―冥想 お坊様がいらっしゃったのでブッダプージャ お坊様にカレーと惣菜を作っていただき(恐縮です) 善友が持ち寄った惣菜とデザートをいただきました。 とても美味しかったです。 みっちり、ヴィッパサ…

ためない生き方

長老の最新刊がでました 「ためない生き方」 ためない生き方 ネガティブな心を上手に消す智慧 (SB新書) 作者: アルボムッレ・スマナサーラ 出版社/メーカー: SBクリエイティブ 発売日: 2017/06/06 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る 読む前に、勝手…

歩行冥想の5つの利益

ミャンマーにはたくさんの冥想センターがあります、そのひとつのチャンミー冥想センターの冥想実践法の訳文を読むことができました。 下記の天野和公さんのブログからダウンロードして読むことができました。 mintera.blog63.fc2.com ヴィッパサナ―冥想を全…

西澤卓美先生  ウ・コーサッラ元長老

前回は、西澤先生にお会いできることが嬉しくて、とりとめもなく書いてしまいましたが、きちんとまとめて書こうと思います、うまくまとまるかどうかわかりませんが・・。 西澤先生が、ウ・コーサッラ長老でいらした頃、大阪のアラナ精舎へ、よく法話を聴きに…

マハーシサヤドーと現代のヴィッパサナ―瞑想法

ミャンマーのマハーシ大長老が、ヴィッパサナ―瞑想に関する質問に答えたQ&A集を、西澤先生(ウ・コ―サッラ元長老)が訳されたものです。 下記のよりPDFで読むことができます。 Vipassanaa Q&A マハーシサヤドーと現代のヴィパッサナー瞑想法(PDF) - ヴィ…

頑固さという錆

「ブッダの教え一日一話」より 心は本来、頑固で、変化に適応できないのです。だから摩擦を起こして苦しむことになるわけです。 頑固さとは、無知、高慢、エゴ、怒り、欲、嫉妬などの感情から生まれます。 ほうっておくと、それらの感情の「錆」がついて、な…

人は、ひとりでは生きられない

「こころを清らかにする言葉」より 自分以外のもの、 われわれを楽しませてくれるものは、 われわれが好き勝手に 命令できる奴隷ではありません。 相手に依存しているのです。 楽しく過ごす時間がないと、生きていることは苦しくなります。 喜び、楽しみは心…

「はじめに」(3回目) ちょっと変えます。

ブログ様子をちょっと変えます。 糸井重里さんのツイッターにいいこと書いてありました。 糸井 重里 (@itoi_shigesato) on Twitter いいものは早速使わせてもらいます。 糸井さんの最初の言葉 ツイッターはじめたとき記したこと。 みんななかよく5つの約束 …

仕返しするのは「犬に噛まれたら噛み返す」ことと一緒

「怒らない、落ち込まない、迷わない」より 「うちの子がいじめられているようなのです、どうしたらいいでしょうか」こんな相談をたびたび受けます。同じような悩みを抱えている親御さんも少ないでしょう。 いじめとは、一言でいえば他者の足を引っぱる行為…