おっさんは仏教徒

お釈迦様の教えは宗教ではありません、調べて、確かめて、実践する教えです

アーナンダ尊者 8つの条件

いま、こうやって、お釈迦様の教えに触れることができるのは、「記憶能力第一」のアーナンダ尊者のおかげです。 hohiさんのpali語学習 作業記録より引用します。 スマナサーラ長老の法話を要約していただきました。 偉大なる人の役に立つには アーナンダ尊者…

沙弥出家の十戒法

沙弥、まだ比丘になる前の見習いの僧、でも出家してます。 出家の際、尊師に三帰依と沙弥出家の十戒を懇請します。 三帰依は三宝への帰依 沙弥出家の十戒は、沙弥が守るべき十の戒です。 以下、沙弥が守るべき十戒です 1 私は「生き物を殺すことから離れる…

「ん? だから、なに?」で終わります。

自分は関わっていないのですが、他で、いろんな組織がうまくいってないことを見たり聞いたりしています。 当然、人が関わっているわけですが、原因は中にいる人間です。 「イヤなことあった」「不快だった」「あいつは嫌い」「気に入らない」「あいつは間違…

浄土真宗は仏教なのか?

藤本晃先生の著作です。 一部ではいろいろと言われているそうですが、私が調べた範囲では、お釈迦様的になんの問題もありません、疑問に思う方はきちんと調べて藤本先生に質問されてはどうでしょうか? あと、問題にされている方は、なかなか宗祖仏教の立場…

自分が正しいという思い込み

「ブッダの教え一日一話より」 相手を許さないのは、「自分が正しい」と思い込んでいるからです。 しかし、「自分が正しい」というのは、この世ではあり得ないことです。 ケチをつけようと思えば、誰にでもつけれます。しかし、その権利が自分にあるのかどう…

どうしようもないお坊様? 破戒? でもサンガのはしくれ? でも仏法とお釈迦様を探せ!

テーラワーダ仏教を熱心にやっている方には、けっこう日本の仏教に批判的な方がいらっしゃいます。 日本の仏教に疑問があり、嫌になってテーラワーダ仏教を学んでいる方もいらっしゃいます。 ですから、お坊様を見る目はとても厳しいです。 日本のお坊様だけ…

「おまけ」を煽るビジネス雑誌

ビジネスマンが読むような本や雑誌はまったく読まないですが、たまたま資源ゴミのカゴの中にあり、明らかに所有権を放棄されたビジネス雑誌があったので読んでみました。 特集で 「スマホ&ネットすごい活用術 高年収VS低年収 ネット活用の違い解明」 高年…

アビダンマ基礎講座 復習5

勝義諦、第一義諦 パラマッタ サッカ 究極的真理、自性(性質)が変わらないもの、涅槃以外は無常で変化しているが、名色(ナーマルーパ)のそれぞれが持つ性質は変わらない。 よく禅寺とか、上杉謙信の座右の銘で「第一義」というのがありますが、ここから…

アビダンマ基礎講座 復習4

ダンミッサラ長老に、「ウ・コーサッラ元長老、西澤さんが新潟に見えられて、アビダンマの勉強を始めました」と伝えたら、「それはいいことですね」とおっしゃっていただきました、とても嬉しいです。 続けます アビダンマがいつどのように説かれたたか? ・…

なんの楽しみがあるの?

久しぶりに言われました。 雑談で、私がお酒を飲まないことを言ったら 「いったい、なんの楽しみがあるの?」 「家に帰ったら、何をやってるの?」 「ストレス解消はどうしてるの?」 「そんなにお金ためてどうするの?」 と言われました。 飲む人は飲まない…

ダンミッサラ長老にメッタバーワナーについて質問

すごくご多忙なダンミッサラ長老に、立ち話ですが質問しました。 ダンミッサラ長老のお寺 www.sakamuni.org 笑顔がやさしく、落ち着いてて、学識があって、日本語も堪能で、大長老で、本当は偉い方なのですが、気さくで優しく、私のような、立ち話の無礼な質…

アビダンマ基礎講座 復習3

パーリ三蔵 ティピタカについて ティピタカはパーリ語で書かれた三蔵の意、東南アジアの南方上座部が伝承する仏典の総称。 経・律・論 からなります。 経蔵(スッタンカ・ピタカ) 長部(ディーガ・ニカーヤ) 中部(マッジマ・ニカーヤ) 相応部(サンユッ…

アビダンマ基礎講座 復習2

第一回仏典結集を経て、仏滅後100年経ったころ、第二回仏典結集が行われます。 主に、戒律関係ですね。 戒律に関して変えていこうという比丘たちと、そのまま守っていこうという長老たちとの間で亀裂が生じた、その対立です。 お釈迦様が、布教を始めた最初…

アビダンマ 復習1

せっかく、学んだので、復習することにします。 本当の仏教、仏説とは? いろんな宗教があり、お経には「仏説〇〇経」とか、よく言われます。 でも、じっくり調べてみると、仏教は大きく二つに分かれます。 一つは日本でもお馴染みの大乗仏教、いろいろな祖…

浄聖院様

曹洞宗といえば道元さんなのです、入り口に、なぜか親鸞さんの像があります。 いただきものだそうです。 曹洞宗のお寺に親鸞さんがやってきました、いいですねえ。 本堂の手前でおびんずるさんがお出迎え 「びんずる」様、お釈迦様の弟子の1人ですが、知り…

やっぱり仏教徒は楽しい

上越市の浄聖院様のご尽力で、大阪から西澤先生をお招きしてアビダンマ勉強会。 論蔵について、詳しい先生をお招きして、みっちり勉強です。 西澤先生から、「仏教の日頃の実践や、冥想も大切だけど、勉強も大切です」 勉強の大切さを教わりました。 例えば…

「明日」はどうなるかわからない

「ブッダの教え一日一話」より 「明日」はどうなるかわからない 幸福というのは、いまの瞬間に得るべきものです。 「明日、幸福になろう」とか「将来、幸福をつかもう」という人は、ずっとなれません。 そういう生き方は「いまの瞬間は不幸でもいい。今日は…

行為は正直に

「一分で読むブッダの教え」より 行為は正直に もらえるお金が少ないから仕事の手を抜くというのは、とんでもないことです。お金がもらえなくても、与えられた仕事は、プライドを持ってしっかりやるべきです。手抜きは、自分の人生の汚点になり、自分が損を…

一切のかぶりものを取る

「ダンマパダ 一日一話」より 一切のかぶりものを取る 心の汚れを捨てていない人が、 黄褐色の法衣をまとって 自制しようとしないならば、 法衣にはふさわしくない (ダンマパダ9) インドでは、黄褐色の服は、仏教の僧侶だけではなく出家者が着ます。とて…

学ぶことの落とし穴―脳がロックされてしまう

善友から、まだ読んでいなかった本を紹介されました。 わかりやすく、とてもいい本だということで、いま読んでいるところです スマナサーラ長老の仏教塾 作者: アルボムッレ・スマナサーラ 出版社/メーカー: 株式会社サンガ 発売日: 2016/06/23 メディア: Ki…

キンドル版が無料 「ブッダが教えた本当のやさしさ」

2月頃、下記の本の紹介をしました。 oldmanbuddhist.hatenablog.com いま、キンドル版限定ですが、無料でダウンロードできます。 アマゾン、仏教の売れ筋ランキングで一位です。 Amazon.co.jp 売れ筋ランキング: 仏教 の中で最も人気のある商品です いつまで…

仏教徒はこれに限ります

下記の本から引用です 怒らない、落ち込まない、迷わない 苦を乗り越える宿題 作者: アルボムッレ・スマナサーラ 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2017/04/20 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 「何のためにではなく、どのように生きるのかが大…

自分が悪くないのなら幸せなはず

「ブッダの教え一日一話」より 自分が悪くないのなら幸せなはず 私たちは、不幸の原因は自分の外にあるように思っています。 「経済状態が悪いから」「血圧が高いから」「借金さえなければ」「あいつがいなければ」「妻がもっとしっかりやってくれたら」・・…

ドキュメント72時間

NHKのドキュメンタリーに「ドキュメント72時間」という番組があります。 ほとんどTVは見ないのですが、これは娘が録画してくれてて、空いてる時間に見てます。 市井の姿は、ドラマや映画よりはるかに面白い 6月9日(金)放送分で「東京・渋谷モスクで会いま…

自主冥想会

善友5人が集まり自主冥想会 慈悲の冥想 ヴィッパサナ―冥想 お坊様がいらっしゃったのでブッダプージャ お坊様にカレーと惣菜を作っていただき(恐縮です) 善友が持ち寄った惣菜とデザートをいただきました。 とても美味しかったです。 みっちり、ヴィッパサ…

ためない生き方

長老の最新刊がでました 「ためない生き方」 ためない生き方 ネガティブな心を上手に消す智慧 (SB新書) 作者: アルボムッレ・スマナサーラ 出版社/メーカー: SBクリエイティブ 発売日: 2017/06/06 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る 読む前に、勝手…

歩行冥想の5つの利益

ミャンマーにはたくさんの冥想センターがあります、そのひとつのチャンミー冥想センターの冥想実践法の訳文を読むことができました。 下記の天野和公さんのブログからダウンロードして読むことができました。 mintera.blog63.fc2.com ヴィッパサナ―冥想を全…

西澤卓美先生  ウ・コーサッラ元長老

前回は、西澤先生にお会いできることが嬉しくて、とりとめもなく書いてしまいましたが、きちんとまとめて書こうと思います、うまくまとまるかどうかわかりませんが・・。 西澤先生が、ウ・コーサッラ長老でいらした頃、大阪のアラナ精舎へ、よく法話を聴きに…

マハーシサヤドーと現代のヴィッパサナ―瞑想法

ミャンマーのマハーシ大長老が、ヴィッパサナ―瞑想に関する質問に答えたQ&A集を、西澤先生(ウ・コ―サッラ元長老)が訳されたものです。 下記のよりPDFで読むことができます。 Vipassanaa Q&A マハーシサヤドーと現代のヴィパッサナー瞑想法(PDF) - ヴィ…

頑固さという錆

「ブッダの教え一日一話」より 心は本来、頑固で、変化に適応できないのです。だから摩擦を起こして苦しむことになるわけです。 頑固さとは、無知、高慢、エゴ、怒り、欲、嫉妬などの感情から生まれます。 ほうっておくと、それらの感情の「錆」がついて、な…

人は、ひとりでは生きられない

「こころを清らかにする言葉」より 自分以外のもの、 われわれを楽しませてくれるものは、 われわれが好き勝手に 命令できる奴隷ではありません。 相手に依存しているのです。 楽しく過ごす時間がないと、生きていることは苦しくなります。 喜び、楽しみは心…

「はじめに」(3回目) ちょっと変えます。

ブログ様子をちょっと変えます。 糸井重里さんのツイッターにいいこと書いてありました。 糸井 重里 (@itoi_shigesato) on Twitter いいものは早速使わせてもらいます。 糸井さんの最初の言葉 ツイッターはじめたとき記したこと。 みんななかよく5つの約束 …

仕返しするのは「犬に噛まれたら噛み返す」ことと一緒

「怒らない、落ち込まない、迷わない」より 「うちの子がいじめられているようなのです、どうしたらいいでしょうか」こんな相談をたびたび受けます。同じような悩みを抱えている親御さんも少ないでしょう。 いじめとは、一言でいえば他者の足を引っぱる行為…

お葬式のときの戒名とか院号とか法名とか

亡くなったら戒名をつけてもらったり、生前に、戒名とか院号とか法名をもらったり、いただくためにお金を使ったり。 でも、お釈迦様の仏弟子ということで、生前につけてもらったら、本当は戒を守るように励まなければないのですが、できなければ、戒なんて必…

「変な人」などいない

「こころを清らかにする言葉」より 私はどんな変な人を見ても、 変には見えません。 同じ生命として見るからです。 私の母は、お釈迦様の教えに従ってしっかり育てられた人です。私に生命を差別してはいけないという重要な真理を最初に教えてくれたのは母で…

善友からいただいた法話 続き

スマナサーラ長老の法話 ヴィッパサナー冥想(業・善行為)より 前略 それで、我々は例えば幸福になる運命で生まれてもうまくいかないんですね。で何故かというと、心 基本的に汚れちゃうと幸福になる場合でもうまく行かないんですよ。 例えば、お饅頭をくれ…

善友からいただいた法話

善友から「読んでください」と法話のプリントをいただきました。 毎回、お会いするたびに、法話や仏教関連の資料のプリントをいただきます、ありがたいことです、勉強させてもらっています。 仏教徒は日々勉強です。 今回いただいたプリントはPDFでも公開さ…

嫌なことを言う人が苦しんでいる

「一分で読むブッダの教え」より 人が嫌がらせを言っているときは、その人は怒っています。あるいは嫉妬しています。無智のために、とにかく落着きがなくなって声を出しています。その人が自分自身のストレスを、自分自身の心に中にある苦しみを、言葉として…

自主冥想会

5月21日はダンマサークルの仲間と自主冥想会 慈悲の冥想、ヴィッパサナー冥想、食事の冥想 今回、ダンマサークルで初めて食事の冥想を行いました。 oldmanbuddhist.hatenablog.com 善友と共に真剣に取り組みました。 善友の方が作っていただいたカレー、持ち…

母の前では子どもで甘える親孝行

「一分で読むブッダの教え」より 我々は世間で何者であっても、どんなに偉くなっても、母親の前では子どもです。それが親孝行ということなのです。 ですから、素直に母親の前ではしっかり子どもに戻りましょう。甘えたりするのが一番いいのです。お母様は大…

心のせいで体が犠牲になる

「一分で読むブッダの教え」より 「イワシは安いから食べない」とずっと言ってた人が、テレビで「イワシは健康にいい」と言ってるのを見て、毎日、イワシを食べるようになる。しかし、しばらくすると、また「やっぱり口に合わない」と見向きもしなくなる。か…

「念じれば通ず」は間違い

「こころを清らかにする言葉」より 金持ちになりますようにといえば、 お金がなくなりますし、 病気が治りますようにといえば、 病気が長引いてしまいます。 「念ずれば通ず」という言葉があるように、成功イメージを潜在意識に植え付けると実現すると思って…

子どもの美しい生き方

「一分で読むブッダの教え」より 子どもにとって理想的なのは、ぶらぶら寄り道をしながら、遊びながら、ふざけながら、ゆっくり帰るようなスタイルです。 子どもたちが当然知っている、学校から家までの道を、自分の考えでいろいろ遊んで帰るのです。学校か…

歳をとったらただのアホ

「こころを清らかにする言葉」より どれだけ勉強しても、 歳をとったら、ただのアホなのです。 それまでの苦労はすべてムダになるのです。 もっと気楽にちゃらんぽらんに生きるべきです。 人生は、とてもむなしく、苦しいものです。我々の努力は、結局ムダな…

ウエサック ウェーサーカ祭 続き

スリランカの方のウェーサーカ祭の発音ですが、「ウエサック」と聞こえます。 まあ、どうでもいい話です。 夜、ランタンに明かりが灯りました。 たぶん、日本で一番小さなウェーサーカ祭でしたが、みなさん、とても楽しいなかで終了しました。 生きとし生け…

ウェーサーカ祭 ああ仏教徒は楽しい。

14日(日)にウェーサーカ祭が行われました。 お坊様をお招きして法話。 日本語を話していただけるお坊様もお見えになり、みっちり法話です。 お釈迦様のお誕生、成道、般涅槃の意味、慈悲喜捨の大切さ、あと私の好きなお経、「ブッダーナサーサナ」(諸仏の…

人の話に振り回されない

「法句経一日一悟」より アトゥラよ、これは昔からのことだ。 きょうだけのことではない。 人は黙っている者を非難し、多くを語る者も非難する。 節度をもって語る者さえ非難する。 この世において非難されずにいた者は、 どこにもいない。 (ダンマパダ227…

「好き・嫌い」という重荷を捨てる

「法句経 一日一悟」より 自分の道を外れることに親しみ、 自分の道を歩むことを親しまない。 人生の目的を捨てて楽しみにしがみつく人は、 自分の道を歩む人をうらやむようになる、 (ダンマパダ209) 中略 私たちが気を付けるポイントは、楽しいことや好き…

病気のときの気づきを大事に

一分で読むブッダの教えより 我々は健康なときには、悪い性格が表に出ないようにしていますが、病気になると、わがまま、不満、不親切、人と仲良くできない、雰囲気を悪くする、人に当たるなど、いろいろ嫌な性格が表に出てくるものです。その機会をうまく捉…

小さな過ちにこそ気をつける

ダンマパダ 一日一話より その報いは来ないだろうと思って、 悪を軽んじてはいけない。 水が一滴ずつしたたり落ちるならば、水瓶を満たす。 愚かなものが、 些細な悪を積み重ねるならば、やがて悪を満たす。 悪を積むならば、 やがてわざわいに満たされる。 …