おっさんの仏教メモ

テーラワーダ仏教をいろいろ考えるおっさんのメモ

お経 経典

慈経(メッタスッタ)を覚える(20)第八偈 第一行目、第二行目、慈しみを育てる

慈経の暗唱ですが、第十偈までできるようになりました。 何も見なくても、唱えることができます。 嬉しい、嬉しい。 今まで、つっかえつっかえでしたが、これからは、法友といっしょに思いっきり唱えることができます。 さて 第七偈で母のような気持ちに近づ…

慈経(メッタスッタ)を覚える(19)第七偈 第三行目、第四行目、どこへ慈しみを向けるのですか?

母のような慈しみの心をどこに向けるのでしょうか? すごく、卑近な例で恐縮です。 台所にゴキブリが出ました。 ゴキブリに対しても、母のような慈しみの心で接する、ということです。 お部屋に蚊が現れて飛んでます。 その蚊に対しても、母のような慈しみの…

慈経(メッタスッタ)を覚える(18)第七偈 第一行目、第二行目、どうやって慈しむのですか?

慈経の暗唱は、第九偈までできるようになりました。やればできます、嬉しいです。 第七偈です どうやって? どういうふうに? どんな気持ちで? 生きとし生けるものを慈しむのですか? お釈迦様はいつも具体的です。 これ以上はない、最高の慈しみは、母が子…

慈経(メッタスッタ)を覚える(17)第六偈 第三行目、第四行目、これをやるともっともっと慈しみから遠ざかります。

次は「怒り」です、「怒り」があると、慈しみからもっともっと遠ざかります。 第六偈 ナ パロー パラン ニクッベータ ナーティマンニュータ カッタチナン カンチ ビャーローサナー パティガサンニャー ナーンニャマンニャッサ ドゥッカ ミッチェッヤ どんな…

慈経(メッタスッタ)を覚える(16)第六偈 第一行目、第二行目、これをやると慈しみから遠ざかります。

ここで、慈しみから遠ざかる行為をあげてます。 これをやると慈しみから遠ざかります。 「私は絶対やってません」と言う自信はありません でも、これをやってしまう、こんな心でいると、悪いことを引き寄せそうです。 第六偈 ナ パロー パラン ニクッベータ …

慈経(メッタスッタ)を覚える(15)第五偈 第三行目、第四行目、いかなる生命であろうとも

いかなる生命であろうとも、心を清らかにして、「生きとし生けるものが幸せでありますように」と唱えてみましょう。 第五偈 ディッター ワー イェーワー アッディッター イェーチャ ドゥーレー ワサンティ アヴィドゥーレー ブーター ワー サンバウェースィ…

慈経(メッタスッタ)を覚える(14)第五偈 第一行、第二行 生命がどこにいようとも

慈経は第七偈まで暗唱できるようになりました。 もう一息ですが、ほんとうに第十偈まで覚えることができるのでしょうか? 悲しいくらい覚えることができません。 第五偈になります。 第五偈 ディッター ワー イェーワー アッディッター イェーチャ ドゥーレ…

きょうは、アビダンマ基礎講座  勉強も茶話会も楽しい

大阪から西澤先生をお迎えして、上越市の浄聖院様でアビダンマ勉強会 勉強に集中しだすと、あっと言う間に、時間が過ぎてしまいました。 心・心所について勉強しました。 また、あとで復習しますが、不善心所の 特に、嫉「イッサ」と慳「マッチャリヤ」が不…

慈経(メッタスッタ)を覚える(13)第四偈 三行目、四行目 生命って?

仏教でいうところの「生き物」ってなんでしょう? 定義はあるの? 慈悲の対象は「生き物」になります。 第四偈 イェー ケーチ パーナブータッティ タサー ワー ターワラー ワー アナワセーサー ディーガー ワー イェー マハンター ワー マッジマー ラッサカ…

慈経(メッタスッタ)を覚える(12)第四偈 一行目、二行目 慈悲の冥想の対象って?

お釈迦様は徹底してます。 あやふやなところはありません やっと、慈悲の実践を始めましたが、対象は「生きとし生けるもの」です。 その「生きとし生けるもの」をもうちょっと詳しく説いていきます。 対象がはっきりしなければ、なんのための慈悲の冥想か、…

慈経(メッタスッタ)を覚える(11)第三偈 三行目、四行目 心を清らかにして唱える

やっと慈悲の実践にたどり着きました 第三偈 ナ チャ クッダン サマーチャレー キンチ イェーナ ヴィンニュー パレー ウパワデッユン スキノー ワー ケーミノー ホントゥ サッベー サッター バワントゥスキタッター (智慧ある)識者たちが批判するような、 …

慈経(メッタスッタ)を覚える(10)第三偈 一行目、二行目

お経の暗唱は第五偈まで覚えました。 第六偈にとりかかってます。 若いころはこれくらい簡単に暗唱できたのでしょうけど、50歳を過ぎると記憶力がガクンと落ちます。 一週間かかって、やっと一偈を覚えます。 テキストは下記を参照していますが ブッダの「…

慈経(メッタスッタ)を覚える(9)第二偈 四行目

第二偈 サントゥッサコー チャ スバロー チャ アッパキッチョー チャ サッラフカヴッティ サンティンドゥリョー チャ ニパコー チャ アッパガッボー クレース アナヌギッド 第四行目です アッパガッボー クレース アナヌギッド 分解します。 アッパガッボー …

慈経(メッタスッタ)を覚える(8)第二偈 三行目

第二偈 サントゥッサコー チャ スバロー チャ アッパキッチョー チャ サッラフカヴッティ サンティンドゥリョー チャ ニパコー チャ アッパガッボー クレース アナヌギッド 三行目です サンティンドゥリョー チャ ニパコー チャ 分解します サンティンドゥリ…

慈経(メッタスッタ)を覚える(7)好きな調子で唱え、儀式やしきたりにとらわれずに。

メッタスッタを覚える、ということで、毎日コツコツ暗唱してます。 第四偈まで覚えました。 スリランカのお坊様、スマナサーラ長老、お二人の読誦をスマホで聞いているのですが、覚えるにはスマナサーラ長老の読誦の調子が合っているみたいです。 下記の本で…

慈経(メッタスッタ)を覚える(6)第二偈二行目

また、メッタスッタに戻ります。 2行目ですね。 第二偈 サントゥッサコー チャ スバロー チャ アッパキッチョー チャ サッラフカヴッティ サンティンドゥリョー チャ ニパコー チャ アッパガッボー クレース アナヌギッド 「アッパキッチョー チャ サッラフ…

慈経(メッタスッタ)を覚える(5)第二偈 第一行

第一偈と第二偈は、本を見なくても暗唱することができるようになりました。 下記の本のCDでは、スマナサーラ長老の声で聴くことができます。 歌のように聞こえます。 [新装版]ブッダの日常読誦経典[完全版 CD BOOK] 作者: アルボムッレ・スマナサーラ 出版…

慈経(メッタスッタ)を覚える(4)第一偈後段

サッコー ウジュー チャ スージュー チャ スワチョー チャッサ ムドゥ アナティマーニー 分解します。 サッコー 有能で ウジュー 正しく チャ そして スージュー まっすぐで チャ また スワチョー 言葉によく従い チャッサ そして あるように ムドゥ 柔和で …

慈経(メッタスッタ)を覚える(3) 第一偈前段

昔から口伝されてきたパーリ語には文字がありません、アルファベットを当てたり、シンハラ語を当てたり、その国々のことばを当てています。 ここは日本なので、カタカナを当てていきたいと思います。 カラニーヤ マッタ クサレーナ ヤンタンサッタン パダン …

慈経(メッタ スッタ)を覚える(2)慈経の構造

慈経の構造です 第一偈から第三偈前段には、 慈しみを実践する人の心構えが書いてあります。 第三偈後段から第五偈には、 慈しみの定義が述べられています。 第六偈から第八偈には 慈しみの育て方が書いてあります。 第九偈から第十偈には 慈しみの実践の結…

慈経(メッタ スッタ)を覚える(1)

暗唱できるお経を増やそうと思い、メッタスッタに挑戦しようと思います。 南方の国々の方は、皆、暗唱できます、私も挑戦です。 下記のテキストを参照しました。 最高の慈経の解説書です、文庫本で安価に手に入ります。 ブッダの「慈しみ」は愛を超える (角…

読経やお経を聞くことの功徳について

お寺で、読経したり、お経を聞いたりします。 いまのところ暗唱できるのは ワンダナー 礼拝 ティサラ 三帰依 パンチャシーラ 五戒 懺悔誓願の文 ブッダワンダナー 仏陀の九徳 ダンマワンダナー 法の六徳 サンガワンダナー サンガの九徳 カマーヤーチャナー …

曹洞宗と慈しみの心

テーラワーダ仏教では「慈しみの心」は、教義の中心を成す、とても大切なことです。 「慈悲」「慈しみの心」です。 「慈教」というお経があり、短いながらもムダがなくしかも具体的に慈悲の実践を説いています。 oldmanbuddhist.hatenablog.com 日本の大乗仏…

お盆といえば「餓鬼事経」4

「死者たちの物語」 パーリ語「petavatthu」(ペータヴァッツ) 小さなころ、「お盆には、亡くなられた方が戻ってくる」と、大人から言われました。 仏教では、とくにお盆と限定しなくても、人間とやりとりできる餓鬼(幽霊)が、人間と出会い、悲喜こもごも…

お盆といえば「餓鬼事経」(3)

お盆がきますので、下記の本を読みました。 死者たちの物語―『餓鬼事経』和訳と解説 作者: 藤本晃 出版社/メーカー: 国書刊行会 発売日: 2007/10/01 メディア: 単行本 購入: 2人 クリック: 10回 この商品を含むブログ (6件) を見る 購入したことを忘れてて、…

お盆といえば(1)

お盆といえば、藤本先生の下記の本を連想します。 お盆も施餓鬼供養で先祖供養で功徳廻向になります。 先生の本はお盆だけでなく、仏教のあらゆる功徳廻向、先祖供養、を詳しく解説してます、とても勉強になります。 仏教の正しい先祖供養: 功徳はなぜ廻向で…

アーナンダ尊者 8つの条件

いま、こうやって、お釈迦様の教えに触れることができるのは、「記憶能力第一」のアーナンダ尊者のおかげです。 hohiさんのpali語学習 作業記録より引用します。 スマナサーラ長老の法話を要約していただきました。 偉大なる人の役に立つには アーナンダ尊者…

沙弥出家の十戒法

沙弥、まだ比丘になる前の見習いの僧、でも出家してます。 出家の際、尊師に三帰依と沙弥出家の十戒を懇請します。 三帰依は三宝への帰依 沙弥出家の十戒は、沙弥が守るべき十の戒です。 以下、沙弥が守るべき十戒です 1 私は「生き物を殺すことから離れる…

アビダンマ基礎講座 復習4

ダンミッサラ長老に、「ウ・コーサッラ元長老、西澤さんが新潟に見えられて、アビダンマの勉強を始めました」と伝えたら、「それはいいことですね」とおっしゃっていただきました、とても嬉しいです。 続けます アビダンマがいつどのように説かれたたか? ・…

ダンミッサラ長老にメッタバーワナーについて質問

すごくご多忙なダンミッサラ長老に、立ち話ですが質問しました。 ダンミッサラ長老のお寺 www.sakamuni.org 笑顔がやさしく、落ち着いてて、学識があって、日本語も堪能で、大長老で、本当は偉い方なのですが、気さくで優しく、私のような、立ち話の無礼な質…