おっさんの仏教メモ

テーラワーダ仏教をいろいろ考えるおっさんのメモ

アビダンマ

慈経(メッタスッタ)を覚える(17)第六偈 第三行目、第四行目、これをやるともっともっと慈しみから遠ざかります。

次は「怒り」です、「怒り」があると、慈しみからもっともっと遠ざかります。 第六偈 ナ パロー パラン ニクッベータ ナーティマンニュータ カッタチナン カンチ ビャーローサナー パティガサンニャー ナーンニャマンニャッサ ドゥッカ ミッチェッヤ どんな…

きょうは、アビダンマ基礎講座  勉強も茶話会も楽しい

大阪から西澤先生をお迎えして、上越市の浄聖院様でアビダンマ勉強会 勉強に集中しだすと、あっと言う間に、時間が過ぎてしまいました。 心・心所について勉強しました。 また、あとで復習しますが、不善心所の 特に、嫉「イッサ」と慳「マッチャリヤ」が不…

アビダンマ復習 貪根心

しぶとくアビダンマ復習です。 貪瞋痴のうち「瞋」と「痴」は、自分なりに復習しました。 「瞋」について アビダンマ復習 瞋根心について - おっさんの仏教メモ 「痴」について アビダンマ復習 痴根心2 - おっさんの仏教メモ いよいよ「貪」です 「貪」は字…

アビダンマ復習 痴根心2

貪瞋痴の「痴」になります。 場所は不善心12、その中の貪根心8、瞋根心2、痴根心2になります。 痴根心は二つ 捨倶疑相応 捨倶掉挙相応 言葉を分解します 捨倶 平静な感覚 捨倶心の起こる原因 好中所縁 捨倶結生心 思慮深い性格 疑 因果業法や三宝などに…

アビダンマ復習 マンゴーの比喩

路心については、さまざまな比喩がありますが、テキストにマンゴーの比喩がありました。 人がマンゴーの樹の下で頭を蔽って臥し眠っているときに、熟したマンゴーが成り口から離れて彼の耳元の地上に落ちる。すると彼はその音に目を覚まし、眼を開いてマンゴ…

アビダンマ復習 心の流れ

心はとても短い時間に生滅を繰り返しています。 まだ、習っていない部分ですが、テキストには、心の寿命は「1心刹那」といい、心が1回生滅する時間をいい、それは1弾指の1兆分の1程度の極めて短いものである。とあります。 どれほど短いものであるか想像…

アビダンマ復習「心」「心所」

勉強では「名」(ナーマ)は「心」と「心所」の二つに分けることができる、と教わりました。 「心89」 「心所52」 今回「心」については、かなりの駆け足で学びましたが。まだ「心所」については学んでません。 ただ、先生は「心」を純粋な水に譬え、「…

アビダンマ復習 瞋根心について

「貪瞋痴」の「瞋」は、よくいう「怒り」のことです。 仏教では「怒り」をテーマに数えきれないくらいたくさんの本が出版されていますが。 でも、アビダンマでは、「瞋」の分析結果は、たった二つです。 瞋根心の場所になります。 瞋根心2は、まず心89は…

第二回アビダンマ基礎講座

上越市の浄聖院様のご尽力で、大阪から西澤卓美先生を御招きして、第二回アビダンマ基礎講座が行われました。 テーラワーダ仏教のアビダンマを学べることは、生きていてほとんど巡りあうことはないです、このご縁を大切にして続けていきたいと思います。 下…

アビダンマ基礎講座 復習5

勝義諦、第一義諦 パラマッタ サッカ 究極的真理、自性(性質)が変わらないもの、涅槃以外は無常で変化しているが、名色(ナーマルーパ)のそれぞれが持つ性質は変わらない。 よく禅寺とか、上杉謙信の座右の銘で「第一義」というのがありますが、ここから…

アビダンマ基礎講座 復習4

ダンミッサラ長老に、「ウ・コーサッラ元長老、西澤さんが新潟に見えられて、アビダンマの勉強を始めました」と伝えたら、「それはいいことですね」とおっしゃっていただきました、とても嬉しいです。 続けます アビダンマがいつどのように説かれたたか? ・…

アビダンマ基礎講座 復習3

パーリ三蔵 ティピタカについて ティピタカはパーリ語で書かれた三蔵の意、東南アジアの南方上座部が伝承する仏典の総称。 経・律・論 からなります。 経蔵(スッタンカ・ピタカ) 長部(ディーガ・ニカーヤ) 中部(マッジマ・ニカーヤ) 相応部(サンユッ…

アビダンマ基礎講座 復習2

第一回仏典結集を経て、仏滅後100年経ったころ、第二回仏典結集が行われます。 主に、戒律関係ですね。 戒律に関して変えていこうという比丘たちと、そのまま守っていこうという長老たちとの間で亀裂が生じた、その対立です。 お釈迦様が、布教を始めた最初…

アビダンマ 復習1

せっかく、学んだので、復習することにします。 本当の仏教、仏説とは? いろんな宗教があり、お経には「仏説〇〇経」とか、よく言われます。 でも、じっくり調べてみると、仏教は大きく二つに分かれます。 一つは日本でもお馴染みの大乗仏教、いろいろな祖…

やっぱり仏教徒は楽しい

上越市の浄聖院様のご尽力で、大阪から西澤先生をお招きしてアビダンマ勉強会。 論蔵について、詳しい先生をお招きして、みっちり勉強です。 西澤先生から、「仏教の日頃の実践や、冥想も大切だけど、勉強も大切です」 勉強の大切さを教わりました。 例えば…