おっさんは仏教徒

お釈迦様の教えは宗教ではありません、調べて、確かめて、実践する教えです

幸福

「明日」はどうなるかわからない

「ブッダの教え一日一話」より 「明日」はどうなるかわからない 幸福というのは、いまの瞬間に得るべきものです。 「明日、幸福になろう」とか「将来、幸福をつかもう」という人は、ずっとなれません。 そういう生き方は「いまの瞬間は不幸でもいい。今日は…

キンドル版が無料 「ブッダが教えた本当のやさしさ」

2月頃、下記の本の紹介をしました。 oldmanbuddhist.hatenablog.com いま、キンドル版限定ですが、無料でダウンロードできます。 アマゾン、仏教の売れ筋ランキングで一位です。 Amazon.co.jp 売れ筋ランキング: 仏教 の中で最も人気のある商品です いつまで…

仏教徒はこれに限ります

下記の本から引用です 怒らない、落ち込まない、迷わない 苦を乗り越える宿題 作者: アルボムッレ・スマナサーラ 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2017/04/20 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 「何のためにではなく、どのように生きるのかが大…

善友からいただいた法話 続き

スマナサーラ長老の法話 ヴィッパサナー冥想(業・善行為)より 前略 それで、我々は例えば幸福になる運命で生まれてもうまくいかないんですね。で何故かというと、心 基本的に汚れちゃうと幸福になる場合でもうまく行かないんですよ。 例えば、お饅頭をくれ…

何でも笑いの原因

「一分で読むブッダの教え」」より 気楽に生きる人にとって、世の中で何が起こっても、それは冗談や笑いの原因であって、悩みの種ではありません。 出家している我々にとっては、もう何が起ころうが、すぐ笑えます。「あっ、大変だ。どうしてこんなことが?…

幸福感は楽や辛さでは量れない

「一分で読むブッダの教え」より 「幸福」とは何でしょうか? 第一に「不満がないこと」が幸福だと言えます。 ご飯を食べてもあまり満足できないのであれば、幸福とはいえませんね。満足できれば幸福を感じるでしょう。それはおにぎりを食べることが幸福なの…

善いことをしたくならない

「法句経 一日一悟」より 悪を犯すとき、無知な人は それを悪業であると気づかない。 しかし自らの行為によって、 智慧のない人は火傷したように苦しみ続ける (ダンマパダ136) 中略 悪行為は瞬間的に心地よい刺激が伴うため、人はその虜になってしまう…

「生きる」=「バケモノ」 前回の続き

「生きるため」というよりも「生きてる」から行っている行為の数々、それが生きることで、それ自体が「バケモノ」。 きりがないから、ましてや「苦」であるから。 「やめたいことは、やめられる」より引用 このように、人生をごまかして生きてみても、老いる…

ある日、わが家のポストに

アパートに住んでるので、1階の玄関の集合ポストを覗いたりします。 お手紙よりも、圧倒的にポスティングチラシがほとんどです。 ある日、我が家のポストに入っていたチラシです ①ピザ ②ピザ ③お寿司 ④こども英語教室 ⑤痩身をアピールするエステティックサ…