おっさんの仏教メモ

テーラワーダ仏教をいろいろ考えるおっさんのメモ

掉挙(じょうこ)かもしれない。

年末の雰囲気のせいか、いや、自分の能力の無さのせいか、心に落ち着きがないと感じることがあります。 能力を奪う障害に五蓋(ごがい)という言葉があります。 五蓋 - Wikipedia 「愛欲、瞋恚、昏沈睡眠、掉挙・後悔、疑」が五蓋になります。 下記に「能力…

良寛さま(3)相馬御風「大愚良寛」の緒言

良寛さまについては、書や和歌、その残した芸術について興味のある方もいるかもしれないし、その生き方に惹かれる方もいるかもしれないし、史実に忠実に研究したい方もいるかもしれないし、いろいろな動機で良寛さまに接している方がいると思います。 私は、…

お寺に図書館を

図書館というと、大それた感じがしますが、テーラワーダ、仏教、スマナサーラ長老の著作を誰でも読める場所を作ろう、作りたいということです。 このブログでも紹介しているスリランカのお寺に作りたいと思っています。 最初、法友が自分の本を持参して貸す…

仏教徒には二人の師匠がいます。でも共通の師匠はお釈迦様

「指導者、和尚、師匠」 私自身は「師匠」という言葉がぴったりくるのですが、どうでしょうか? やはり、仏教では師匠がとても大切です。 今の時代、本を読んでの独学もできるでしょうけど、わからない点を尋ねてみる、自分が正しい方向へ進んでいるかチェッ…

あー、いいことが書いてある。片山先生の序文

中山書房仏書林さん発行の本「南方上座部 仏教儀式集」に片山一良(かたやまいちろう)先生の序文がじつにいいです。 冒頭引用します 仏教は本来儀式なるものを必要としなかったと言える。少なくとも仏教が無我ないし空を標榜するかぎり。形ある「儀礼」は意…

ありがとうございました。 中山書房仏書林 様

私用で東京に行くのは10年ぶり 到着してすぐ、家族と別れて別行動 向かった先は仏教書の専門店 仏教書の専門店は地方にないので訪問が楽しみ 湯島にある「中山書房仏書林」 www.kotobuki-p.co.jp 当日電話で確認したら、本当は休みだったらしい。 でも14…

前野隆司先生の受動意識仮説 「心とは何か」

仏教では、自我はない、自分はない、ということを説いてますが、科学者の先生がおっしゃると、なかなか迫力があります。 幸福について研究している先生がいらしたのですね 前野隆司先生 前野隆司 - Wikipedia 目を引いた部分があり下記の本より引用します。 …

私は覚っている と言う人々  法話会より

ネットで探すと、「私は覚っている」という人がけっこう出てきます。 全世界だとうじゃうじゃ出てくるでしょう。 前回の法話会で、お坊様が 「覚っていると言っている人は危ない」 「覚っている人は覚っていると言わない」 「言葉では説明できない、相対性を…

仕事に関する本

仏教と仕事に関する本はいろいろ出ていますが、仕事(ビジネス)と仏教は、もともと相反します。 ほとんどの仕事は貪瞋痴を煽って、売り上げ達成や成功を目指します。 ほとんどの書籍もそうです。 でも、仏教では貪瞋痴はNGです。 仕事は、ほんとうは仏教の…

「浄心への道順」を法友から薦められました。

浄心への道順: 瞑想と覚りをめぐる初期仏教長老と精神科医の対話 作者: アルボムッレ・スマナサーラ,名越康文 出版社/メーカー: サンガ 発売日: 2016/08/31 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 茶話会の帰り道に、法友から「浄心への道順、とて…

読書の秋  浄聖院様の「お釈迦様の教え図書館」

上越市の曹洞宗のお寺、浄聖院様が、スマナサーラ長老の著作本の貸し出しを始めました、私も早速、1冊お借りしました。 浄聖院(じょうしょういん)様 https://www.facebook.com/joshoin/ 浄聖院様 ありがとうございます。 善友から薦められた本はすぐに読…

慈経(メッタスッタ)を覚える(12)第四偈 一行目、二行目 慈悲の冥想の対象って?

お釈迦様は徹底してます。 あやふやなところはありません やっと、慈悲の実践を始めましたが、対象は「生きとし生けるもの」です。 その「生きとし生けるもの」をもうちょっと詳しく説いていきます。 対象がはっきりしなければ、なんのための慈悲の冥想か、…

慈経(メッタスッタ)を覚える(10)第三偈 一行目、二行目

お経の暗唱は第五偈まで覚えました。 第六偈にとりかかってます。 若いころはこれくらい簡単に暗唱できたのでしょうけど、50歳を過ぎると記憶力がガクンと落ちます。 一週間かかって、やっと一偈を覚えます。 テキストは下記を参照していますが ブッダの「…

慈経(メッタスッタ)を覚える(7)好きな調子で唱え、儀式やしきたりにとらわれずに。

メッタスッタを覚える、ということで、毎日コツコツ暗唱してます。 第四偈まで覚えました。 スリランカのお坊様、スマナサーラ長老、お二人の読誦をスマホで聞いているのですが、覚えるにはスマナサーラ長老の読誦の調子が合っているみたいです。 下記の本で…

慈経(メッタスッタ)を覚える(4)第一偈後段

サッコー ウジュー チャ スージュー チャ スワチョー チャッサ ムドゥ アナティマーニー 分解します。 サッコー 有能で ウジュー 正しく チャ そして スージュー まっすぐで チャ また スワチョー 言葉によく従い チャッサ そして あるように ムドゥ 柔和で …

慈経(メッタ スッタ)を覚える(1)

暗唱できるお経を増やそうと思い、メッタスッタに挑戦しようと思います。 南方の国々の方は、皆、暗唱できます、私も挑戦です。 下記のテキストを参照しました。 最高の慈経の解説書です、文庫本で安価に手に入ります。 ブッダの「慈しみ」は愛を超える (角…

お盆といえば(1)

お盆といえば、藤本先生の下記の本を連想します。 お盆も施餓鬼供養で先祖供養で功徳廻向になります。 先生の本はお盆だけでなく、仏教のあらゆる功徳廻向、先祖供養、を詳しく解説してます、とても勉強になります。 仏教の正しい先祖供養: 功徳はなぜ廻向で…

鈴木一生様ご逝去

平成29年7月19日、鈴木一生様がご逝去されました。 心より哀悼の意を表します。 お会いしたことはありませんが、日本テーラワーダ仏教協会の初代会長をお勤めになりました。 もし鈴木様がいなかったら、私はスマナサーラ長老に出会えなかったかもしれません…

アーナンダ尊者 8つの条件

いま、こうやって、お釈迦様の教えに触れることができるのは、「記憶能力第一」のアーナンダ尊者のおかげです。 hohiさんのpali語学習 作業記録より引用します。 スマナサーラ長老の法話を要約していただきました。 偉大なる人の役に立つには アーナンダ尊者…

浄土真宗は仏教なのか?

藤本晃先生の著作です。 一部ではいろいろと言われているそうですが、私が調べた範囲では、お釈迦様的になんの問題もありません、疑問に思う方はきちんと調べて藤本先生に質問されてはどうでしょうか? あと、問題にされている方は、なかなか宗祖仏教の立場…

一切のかぶりものを取る

「ダンマパダ 一日一話」より 一切のかぶりものを取る 心の汚れを捨てていない人が、 黄褐色の法衣をまとって 自制しようとしないならば、 法衣にはふさわしくない (ダンマパダ9) インドでは、黄褐色の服は、仏教の僧侶だけではなく出家者が着ます。とて…

学ぶことの落とし穴―脳がロックされてしまう

善友から、まだ読んでいなかった本を紹介されました。 わかりやすく、とてもいい本だということで、いま読んでいるところです スマナサーラ長老の仏教塾 作者: アルボムッレ・スマナサーラ 出版社/メーカー: 株式会社サンガ 発売日: 2016/06/23 メディア: Ki…

キンドル版が無料 「ブッダが教えた本当のやさしさ」

2月頃、下記の本の紹介をしました。 oldmanbuddhist.hatenablog.com いま、キンドル版限定ですが、無料でダウンロードできます。 アマゾン、仏教の売れ筋ランキングで一位です。 Amazon.co.jp 売れ筋ランキング: 仏教 の中で最も人気のある商品です いつまで…