おっさんの仏教メモ

仏教をいろいろ考えるおっさんのメモ

中身がある人は威張らない

下記の本から引用です。 一分で読むブッダの教え 作者: アルボムッレ・スマナサーラ 出版社/メーカー: サンガ 発売日: 2015/04/08 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 中身がある人は威張らない 稲は豊作になると、曲がって曲がって地面のほうに…

インスタントな幸せの作り方

根本仏教講義より 根本仏教講義、11.幸せの分析 (4)インスタントな幸せの作り方 (No59) 家族や人間関係の悩みって、よく聞く話です。 一番身近な悩みですね。 いろいろな心理カウンセラーや、克服するためにいろいろな方法が巷にはあります。 いろんな…

人が持って生まれる能力

下記の本から引用します。 P.80より 一日を変えるブッダの教え 作者: アルボムッレ・スマナサーラ 出版社/メーカー: サンガ 発売日: 2016/01/27 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る ここにもありました、全文を読むことができます。 パティパダ…

観察しないと疲れる

想田監督との共著『観察』で、長老は「観察しないと疲れる、苦しい」とおっしゃってます。 観察 「生きる」という謎を解く鍵 作者: アルボムッレ・スマナサーラ,想田和弘 出版社/メーカー: サンガ 発売日: 2018/01/25 メディア: 単行本 この商品を含むブログ…

実践しました。「エゴなく物を片付ける冥想」

oldmanbuddhist.hatenablog.com 早速実践してみました。 意識しないと、案の定、デスクがえらいことになってます。 長時間デスクを離れるとき、意識して、ボールペンちゃん、はさみちゃん、書類ちゃん、消しゴムちゃん、はんこちゃん、定規ちゃん、手帳ちゃ…

『観察』読了しました。

長老と想田和弘氏の共著 観察 「生きる」という謎を解く鍵 作者: アルボムッレ・スマナサーラ,想田和弘 出版社/メーカー: サンガ 発売日: 2018/01/25 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 読了しました。 想田氏は「観察映画」という、ドキュメンタ…

エゴなく物を片付ける冥想 『観察』より

スマナサーラ長老と想田和弘氏の共著『観察』を購入しました。 観察 「生きる」という謎を解く鍵 作者: アルボムッレ・スマナサーラ,想田和弘 出版社/メーカー: サンガ 発売日: 2018/01/25 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 長老の対談本は、け…

アビダンマ予習  摂離路分別  臨終時の所縁の出現

まだ、習っていないセクションです。 前日のブログで、離門の「業、業相、趣相」「因果、業、輪廻」について書いてるうちに、もう少し詳しく知りたくなったので、まだ習ってないところを見てます。 本をパラパラめくっていたら、摂離路分別に「業、業相、趣…

新刊案内と冥想指導

サンガから、長老の新刊の案内が出てました。 『観察』という題名です。 サンガの島影社長のブログに案内がありました。 samgha.co.jp 嬉しいのは、本を購入された方の特典で、スマナサーラ長老の冥想指導の動画(2時間くらい)を見ることができる、というも…

『ブッダの実践心理学』購入しました。

サンガから『ブッダの実践心理学』が、完結記念ということで、割引価格で販売されています、期間はわかりませんが、アビダンマを学ぶ際にはとても価値のある本なので、この価格はうれしいです。 サンガ公式通販サイト / ブッダの実践心理学 完結記念セット B…

アビダンマ復習 無因唯作心3 喜俱の笑起心

『ブッダの実践心理学 第二巻 心の分析』より引用 無因とは、貪瞋痴でもない、不貪、不瞋、不痴でもない、善でも悪でもないということです。また、過去の業から現れる異熟心でもないのです。唯作kiriyaとは、ただ働きだけ、ちょっとした心理的なはたらきが起…

アビダンマ復習 『ブッダの実践心理学 第二巻 心の分析』 読めるようになりました。

スマナサーラ長老と藤本晃先生の共著『ブッダの実践心理学』 長老の「アビダンマ講義シリーズ」を書籍にしたものです。 かれこれ発売されて12年経っているのですね。 全8巻、完結してます。 ブッダの実践心理学 完結記念セットBOX 作者: アルボムッレ・ス…

施本をいただきました。『死ぬ覚悟、できてますか?』

藤本先生の本をいただきました。 ありがとうございました。 藤本晃先生 藤本晃 - Wikipedia 施本で非売品です、残念ながらアマゾンにはありません。 『死ぬ覚悟、できていますか?』 よりよい今世とよりよい来世のために心の終活をしよう。 とあります。 こ…

『ごまかさまない仏教』読了

『ごまかさない仏教』 ごまかさない仏教: 仏・法・僧から問い直す (新潮選書) 作者: 佐々木閑,宮崎哲弥 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2017/11/24 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (1件) を見る 読了しました、示唆に富んだ読み応…

南伝大蔵経について

以前、梅田の古本屋で『南伝大蔵経』の戦前の版を見つけました。 全65巻70冊のうち69冊ありました、非常に状態が良く、店主が言うには、戦前のほうが、本の材質、製本が丁寧だと、現物を手に取って説明してくれました。 「ちょっとだけ値引して、送料…

お寺に図書スペースを作りました。

急ごしらえですが、お寺に図書スペースを作りました。 私自身、本を読んだことがきっかけで仏教に興味を持ちました。 本はとても重要だと思います。 お寺は法事をしたり、説法を聞いたり、冥想会をしたり、勉強会をしたり、いろいろなことに使われます。 以…

人間が本来もっていない慈悲喜捨

みーんな生きとし生けるもの! 〈下巻〉 作者: アルボムッレ・スマナサーラ 出版社/メーカー: サンガ 発売日: 2016/09/28 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る どこから読んでもいい本です。 パッと開いて、行き当たりばったりでもO…

長老の新刊を読む(1)

それならブッダにきいてみよう: こころ編1 作者: アルボムッレ・スマナサーラ 発売日: 2017/12/08 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 気に入ったところを抜き出してます。 21 もしできなかったら・・・・・・不安です。 何かをするときに「し…

長老の新刊を読む

「それならブッダにきいてみよう」 それならブッダにきいてみよう: こころ編1 作者: アルボムッレ・スマナサーラ 発売日: 2017/12/08 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 紙の本ではありません、kindle本でした。 日本テーラワーダ仏教協会に「…

掉挙(じょうこ)かもしれない。

年末の雰囲気のせいか、いや、自分の能力の無さのせいか、心に落ち着きがないと感じることがあります。 能力を奪う障害に五蓋(ごがい)という言葉があります。 五蓋 - Wikipedia 「愛欲、瞋恚、昏沈睡眠、掉挙・後悔、疑」が五蓋になります。 下記に「能力…

良寛さま(3)相馬御風「大愚良寛」の緒言

良寛さまについては、書や和歌、その残した芸術について興味のある方もいるかもしれないし、その生き方に惹かれる方もいるかもしれないし、史実に忠実に研究したい方もいるかもしれないし、いろいろな動機で良寛さまに接している方がいると思います。 私は、…

お寺に図書館を

図書館というと、大それた感じがしますが、テーラワーダ、仏教、スマナサーラ長老の著作を誰でも読める場所を作ろう、作りたいということです。 このブログでも紹介しているスリランカのお寺に作りたいと思っています。 最初、法友が自分の本を持参して貸す…

仏教徒には二人の師匠がいます。でも共通の師匠はお釈迦様

「指導者、和尚、師匠」 私自身は「師匠」という言葉がぴったりくるのですが、どうでしょうか? やはり、仏教では師匠がとても大切です。 今の時代、本を読んでの独学もできるでしょうけど、わからない点を尋ねてみる、自分が正しい方向へ進んでいるかチェッ…

あー、いいことが書いてある。片山先生の序文

中山書房仏書林さん発行の本「南方上座部 仏教儀式集」に片山一良(かたやまいちろう)先生の序文がじつにいいです。 冒頭引用します 仏教は本来儀式なるものを必要としなかったと言える。少なくとも仏教が無我ないし空を標榜するかぎり。形ある「儀礼」は意…

ありがとうございました。 中山書房仏書林 様

私用で東京に行くのは10年ぶり 到着してすぐ、家族と別れて別行動 向かった先は仏教書の専門店 仏教書の専門店は地方にないので訪問が楽しみ 湯島にある「中山書房仏書林」 www.kotobuki-p.co.jp 当日電話で確認したら、本当は休みだったらしい。 でも14…

前野隆司先生の受動意識仮説 「心とは何か」

仏教では、自我はない、自分はない、ということを説いてますが、科学者の先生がおっしゃると、なかなか迫力があります。 幸福について研究している先生がいらしたのですね 前野隆司先生 前野隆司 - Wikipedia 目を引いた部分があり下記の本より引用します。 …

私は覚っている と言う人々  法話会より

ネットで探すと、「私は覚っている」という人がけっこう出てきます。 全世界だとうじゃうじゃ出てくるでしょう。 前回の法話会で、お坊様が 「覚っていると言っている人は危ない」 「覚っている人は覚っていると言わない」 「言葉では説明できない、相対性を…

仕事に関する本

仏教と仕事に関する本はいろいろ出ていますが、仕事(ビジネス)と仏教は、もともと相反します。 ほとんどの仕事は貪瞋痴を煽って、売り上げ達成や成功を目指します。 ほとんどの書籍もそうです。 でも、仏教では貪瞋痴はNGです。 仕事は、ほんとうは仏教の…

「浄心への道順」を法友から薦められました。

浄心への道順: 瞑想と覚りをめぐる初期仏教長老と精神科医の対話 作者: アルボムッレ・スマナサーラ,名越康文 出版社/メーカー: サンガ 発売日: 2016/08/31 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 茶話会の帰り道に、法友から「浄心への道順、とて…

読書の秋  浄聖院様の「お釈迦様の教え図書館」

上越市の曹洞宗のお寺、浄聖院様が、スマナサーラ長老の著作本の貸し出しを始めました、私も早速、1冊お借りしました。 浄聖院(じょうしょういん)様 https://www.facebook.com/joshoin/ 浄聖院様 ありがとうございます。 善友から薦められた本はすぐに読…