おっさんの仏教メモ

テーラワーダ仏教をいろいろ考えるおっさんのメモ

鈴木一生さん葬儀 スマナサーラ長老の弔辞と法話

下記に長老の弔辞と法話があります。 ・鈴木一生さん葬儀(通夜式)スマナサーラ長老の弔辞と法話 ■鈴木一生さんの功績を偲んで ■すべて捨てて逝かなくてはいけない ■私は今日、どのように生きてきたのか? ■業が与える宿題に取り組もう ■無常偈 「私は今日…

お葬式のときの戒名とか院号とか法名とか

亡くなったら戒名をつけてもらったり、生前に、戒名とか院号とか法名をもらったり、いただくためにお金を使ったり。 でも、お釈迦様の仏弟子ということで、生前につけてもらったら、本当は戒を守るように励まなければないのですが、できなければ、戒なんて必…

箭経 サッラスッタ 死の見かた(6)最後は「悟り」で終了

箭経は、最後は、「悟り、解脱、涅槃、禅定」(すべて同義の意味でお願いします)で終了します。 仏教の目的は「解脱」になります。 ですから、経典の「オチ」も「解脱」になります。 解脱の境地は、考えてはいけないことの一つになってます。 考えてもいい…

箭経 サッラスッタ 死の見かた(5)箭経の名前の由来

悲しみの箭(矢)を引き抜く 587 摂理によって死んでいく他の人々も見るがよい。 死期が近づくと、生命は震えるもの。 588 どのように思い願っても、起こることはその逆です。 (死なないようにと思っても、必ず死は訪れる。) 無常というのはそういうこと。…

箭経 サッラスッタ 死の見かた(4)残された人たちへ

南方の国々では、この箭経がお葬式に読誦されます ほとんどの方が暗記してます。 何を言ってるのか、意味のわからない、役に立たないお経を聞くより、死について、ガツンと考えることができる箭経のほうがお葬式の役に立ちます。 私が死にそうになったら、急…

箭経 サッラスッタ 死の見かた(3)どこから来たの?、どこへ行くの?

「死」に関しては例外は無いですね。 生き物は逃れられないですね、逃れられないと分かっていても、自分だけは違うと、心のどこかで思っています。 私も、心の中で思っていると思います。 でも、誰であろうとも、こればっかりは例外は無いです。 578 子ども…

箭経 サッラスッタ 死の見かた(2)いたって当たり前な「死」

箭経はまだまだ続きます 箭経 サッラスッタ PDF http://gotami.j-theravada.net/sallasutta.pdf お釈迦様は「死」に関して、いたって、あたりまえのことをおっしゃります。 『業 / 苦 / 死』より引用 575 生まれた者が死なずにすむ、その手立ては何もなし。 …

箭経 サッラスッタ 死の見かた(1)人はすぐに死んじゃいます

箭経は、お釈迦様の死に関するアドバイスであり、死をどう見るべきか、説いてます。 箭経 サッラスッタ http://gotami.j-theravada.net/sallasutta.pdf 南方の国々の人々は、お葬式とかに、このお経を唱えて、お坊様は、このお経を元に説法します。 死に対し…

葬式は故人の「心」と「身体」に敬意を表するものです

日本の仏教は「葬式仏教」とか呼ばれています、一部の不真面目な僧侶のせいで「不真面目な僧侶や葬儀社はけしからん」「不当に儲けているんじゃないか?」、という、その反動なのでしょか、ゼロ葬とか、直葬とか、僧侶を呼ばない、お金のかからない葬儀も目…

「何一つとして自分のものにならない」と認めること

最近、私の父(82歳)が免許証を返納し、車も手放しました。 とっくに仕事はやめてますし、息子二人は家を出て離れて住んでますし、趣味の写真もやめました、いろいろな事象は年齢とともに、やめてしまったり、自分の手から離れていきます、父を見て実感しま…