おっさんの仏教メモ

初期仏教をいろいろ考えるおっさんのメモ

掉挙(じょうこ)かもしれない。

年末の雰囲気のせいか、いや、自分の能力の無さのせいか、心に落ち着きがないと感じることがあります。 能力を奪う障害に五蓋(ごがい)という言葉があります。 五蓋 - Wikipedia 「愛欲、瞋恚、昏沈睡眠、掉挙・後悔、疑」が五蓋になります。 下記に「能力…

今日はお食事会

年末です、巷では忘年会とかいろいろな会合とか予定があり、皆さまご多忙でしょう。 本日は、無料である場所を借りていただいて、皆が持参して昼食会。 「今年はいろいろありました、おつかれさまでした」という感じで始まり、スリランカの仏教やお坊様につ…

良寛さま(7) しらみの競争

相馬御風 「良寛さま」より しらみの競争 良寛さまの着物には、よくしらみがたかりました。しかし、良寛さまは平気でした。ときどき良寛さまは、たいくつになるとは、着物にいるしらみをとって、それを何匹も何匹も紙の上に這わして、眺めたのしむのでした。…

良寛さま(6) なぐられた良寛さま

「良寛さま」相馬御風著より なぐられた良寛さま これもある月のいい晩のことでした。 ある村の知った人の家に泊めてもらっていた良寛さまは、夜ふけてから一人で散歩に出かけました。そのとき良寛さまは坊主頭が寒いので、手拭で頬かむりをしていました。 …

良寛さま(5) 良寛さまの嫌いなこと

良寛さまの嫌いなこと 1 書家の書 2 歌読の歌や詩人の詩 3 料理人の料理 3番目を引用します 「それからまた料理人の料理。これもわしの嫌いなものの一つじゃ。人は冷や飯に水をかけてザブザブと食べたい時もあれば、生味噌をあつい飯にかきまぜて食いたい…

雨安居 カティナ衣式

「南方上座部 仏教儀式集」を読んでみたけど、その国の状況、時代の状況を鑑みて、私の知っている範囲では、儀式集の通り行っているお坊様もいますし、その通りにやっていないお坊様もいます。 スリランカの方は、許容したり、やっぱり駄目だと、厳しく見た…

自主勉強会

場所を借りて、法友と自主勉強会 法友の提案で慈悲の瞑想のフルバージョンを朗読 oldmanbuddhist.hatenablog.com フルバージョンには仏教の全てが入ってます。 どこから読んでもいいですし、好きな場所を覚えるもよし。 下記の本を朗読しました。 本の内容に…

アビダンマ 心心所 復習メモです。

心心所の対応関係です、一番難しかったので復習します。 純粋にメモですので、興味の無い方はスルーでOKです。 心 所縁(認識対象、色声香味触法)を知る働き 心所 心と同時に生じ同時に滅し同じ所縁を取り同じ認識器官に依存する、心を飾るとも譬えられる。…

良寛さま(4)食うも平気、食われるも平気

「続良寛さま」より引用 食うも平気、食われるも平気 ある日良寛さまは托鉢の途中、ある村の茶屋の縁ばなに腰をかけてお昼のごはんを食べていました。その家は良寛さまがときどき行く家だったので、うちの人たちは良寛さまの好きな食べ物をよく知っていまし…

第四回アビダンマ基礎講座「むずかしかったあ」

上越市の浄聖院さまのご尽力で、大阪から西澤先生をお招きして、アビダンマ基礎講座を行いました、第4回ともなると、みな打ち解け、和やかに勉強が進みました。 勉強以外の茶話会でも話がはずみます。 心心所について勉強しているのですが、勉強以外のこと(…

良寛さま(3)相馬御風「大愚良寛」の緒言

良寛さまについては、書や和歌、その残した芸術について興味のある方もいるかもしれないし、その生き方に惹かれる方もいるかもしれないし、史実に忠実に研究したい方もいるかもしれないし、いろいろな動機で良寛さまに接している方がいると思います。 私は、…

お寺に図書館を

図書館というと、大それた感じがしますが、テーラワーダ、仏教、スマナサーラ長老の著作を誰でも読める場所を作ろう、作りたいということです。 このブログでも紹介しているスリランカのお寺に作りたいと思っています。 最初、法友が自分の本を持参して貸す…

良寛さま (2)

良寛さまと雀 良寛さまがたくはつしてもらったお米を、鉢の子に入れて持って帰る途中、よく雀がとんできて、その鉢の子にとまっては、お米をたべさせてもらうことがありました。 しかし、良寛さまは雀を追うことなんかしませんでした。雀の方でも少しも良寛…

良寛さま 仏教的な生き方(1)

相馬御風の書いた子ども向けの本「良寛さま」と「続良寛さま」を読んで。 良寛 良寛 - Wikipedia 相馬御風 相馬御風 - Wikipedia お酒を好み、(たくさん飲めず、乱れることもなかった)美味しいものを食べたら喜んで、とても無邪気な良寛さまが書かれていま…

師匠を得て、師匠を与えられた後は・・

師匠を決めた後は、衣鉢を告げる作法を行います。 衣鉢は、身体を維持するために必要です 鉢には施食が入ります。 衣は三衣 重衣、上衣、下衣があります。 他に、住と薬があります。 衣、施食、住 薬、この四つを観察するのですね。 oldmanbuddhist.hatenabl…

戒律と飲酒

飲酒することをやめてけっこう経ちました。 飲酒することで得るものがあり、捨てるものがある。 飲酒をやめることで、得るものがあり、捨てるものがある。 私は後者をとりました、とても大きな利益を得ました。 利益といっても地位財ではなく、地位財以外の…

仏教徒には二人の師匠がいます。でも共通の師匠はお釈迦様

「指導者、和尚、師匠」 私自身は「師匠」という言葉がぴったりくるのですが、どうでしょうか? やはり、仏教では師匠がとても大切です。 今の時代、本を読んでの独学もできるでしょうけど、わからない点を尋ねてみる、自分が正しい方向へ進んでいるかチェッ…

修行には、まずは和尚(指導者)が必要

「南方上座部 仏教儀式集」に沙弥が比丘出家になるための受具足戒の作法について書いてあります。 「今日から、私は比丘出家になります」と宣言してもなれません。 その前に「サンガ」もありますし。 サンガを無視しての儀式作法はあり得ません。 お釈迦様は…

あー、いいことが書いてある。片山先生の序文

中山書房仏書林さん発行の本「南方上座部 仏教儀式集」に片山一良(かたやまいちろう)先生の序文がじつにいいです。 冒頭引用します 仏教は本来儀式なるものを必要としなかったと言える。少なくとも仏教が無我ないし空を標榜するかぎり。形ある「儀礼」は意…

ありがとうございました。 中山書房仏書林 様

私用で東京に行くのは10年ぶり 到着してすぐ、家族と別れて別行動 向かった先は仏教書の専門店 仏教書の専門店は地方にないので訪問が楽しみ 湯島にある「中山書房仏書林」 www.kotobuki-p.co.jp 当日電話で確認したら、本当は休みだったらしい。 でも14…

前野隆司先生の受動意識仮説 「心とは何か」

仏教では、自我はない、自分はない、ということを説いてますが、科学者の先生がおっしゃると、なかなか迫力があります。 幸福について研究している先生がいらしたのですね 前野隆司先生 前野隆司 - Wikipedia 目を引いた部分があり下記の本より引用します。 …

心の汚れを落とす  法話会より

法話では、お坊様が何度も「こころの汚れを落とす」という話をされてました。 悪行為をせずに善行為をすることも大事ですが、わざわざ善行為を意識していなくても、心の汚れに気づいて、心に付いた汚れを落とすことも大きな善行為だと思います。 お経にもあ…

私は覚っている と言う人々  法話会より

ネットで探すと、「私は覚っている」という人がけっこう出てきます。 全世界だとうじゃうじゃ出てくるでしょう。 前回の法話会で、お坊様が 「覚っていると言っている人は危ない」 「覚っている人は覚っていると言わない」 「言葉では説明できない、相対性を…

仏教勉強会

スリランカのテーラワーダの若いお坊様と勉強会 33歳だったかな、今年、日本に来たばかりです。 日本語は片言、英語はまあまあ、シンハラ語はOK、パーリ語もOK 私は、日本語OK、英語は片言、パーリ語は単語のみ、シンハラ語はNG こんな二人がサシで勉強会 日…

法話会にて  カティナ衣法要について

テーラワーダのお坊様にカティナ衣法要の質問をしました。 oldmanbuddhist.hatenablog.com 上記記事だと、雨安居が成立していないと思うのですが、法要が行われ、衣が渡されました。 どうしても疑問だったので、お坊様に質問しました。 お答え 「それは文化…

楽しい法話会

テーラワーダ仏教のお坊様が見えられて法話会が行われました。 実を言うと、録音もメモもとっていなく、内容は頭から消えつつあります。 法友がメモを残しておいてくれてて、これを読みながら、法話会の余韻を感じているところです。 法話会といっても、お坊…

お坊様に聞いてみました。

先日、受けたご質問の件 さっそくテーラワーダのお坊様に聞いてみました。 oldmanbuddhist.hatenablog.com やさしいんですけど、とても厳しい方なので、緊張しながらお聞きしましたが あっさりと丁寧にお答えいただきました。 そうですね、慈悲をきわめると…

法話メモ 「関係ない」

法話会にて 引用元 mayadevi.hatenablog.com 質問 職場で部下が1か月休職することになった、暗い気持ちになったが、家に戻ったら、こうやっていろいろ考えるものも妄想だと思い、(あるタレントのフレーズ)「そんなの関係ない」と思うようにした。 そのよう…

ご質問を受けました。

下記の記事を読んでいただいた方から質問がありました。 oldmanbuddhist.hatenablog.com ご質問は、深く考えるいい機会になりますので感謝です。 テキストでは、慈悲の実践を深く行うと覚ることができる、と書きましたが、下記の質問をいただきました。 母体…

法話メモに挑戦 

少しづつですが、法話メモに挑戦してみたいと思います。 スマナサーラ長老の説法メモは、ブッダラボのチエリさんが3年ほど前から掲載していて、ジャンルごとに整理をされています、いつも拝見しています、勉強になります。 尊敬と感謝です。 チエリさんのブ…