読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっさんは仏教徒

お釈迦様の教えは宗教ではありません、調べて、確かめて、実践する教えです

お布施  私の場合

私は借り物だらけで生きてます、この身体も借り物でいずれは返さなくてはならないし、衣食住は地球があるおかげで、それにたずさわる皆さまのおかげで手に入れることができます。 生きることは、地球や、それに関わるみなさんのおかげで成り立っています。 …

お布施を受ける人々のランク

せっかくのお布施だから、まじめなお坊様、お寺様に、さしあげたい。 でも、「先祖代々、このお寺様だから・・」とか、「このお寺様にお墓があるから・・」とか、「この宗教はとてもいいものだから」とか「本山では何やってるのか、わからない」とか「お坊様…

せっかくのお布施だから お布施の使い道について

お釈迦様の時代には、お釈迦様の出家比丘、比丘尼のサンガ(教団)に、在家はポンとお布施をすれば良かったのですが、現代社会は、経済社会、や法律、宗教法人によって、いろいろなやりとりが複雑になってます。 自分の心を高めるためにお布施をしたいのだけ…

お布施ってなんのためにするのですか?(2) 幸福になる権利

「仕事で一番大切なこと」より引用 お布施って、なんのためにするのですか? なぜ、私たちが収入を得られるのかというと、私たちが社会に対して何か役立つことをしているからです。私たちがしていることが社会のためになっていないなら、誰もお金はくれませ…

お布施ってなんのためにするのですか?(1)みんなと仲良くする方法?

日本文化、いろいろな経済活動、カネカネにまみれると、「お布施」という言葉に身構えてしまいますね。 お寺に出すお金のことでしょ? お坊さまにあげるお金のことでしょ? 戒名のお礼? お葬式のお礼? 法事のお礼? 具体的な金額を提示して、お布施を請求…

「怠け」を克服する(2)30分、10分、5分でも長い!

誓教寺様の施本『「怠け」を克服する』 せっかくなので、気になるところを自分なりに考えました。 ピリオド(期間)を決めて、物事に取り組むって、怠けを防ぐ、良いトレーニングになりそうですね。 仕事でも、これから30分とか、これから10分とか、区切って…

「怠け」を克服する(1)へびに噛まれたお坊さん 「別に。だから何?」

施本をいただきました。 山口県下松市 誓教寺様に新設された会館「仏教なんでもセンター」の落慶のお祝いに発行されました。 seikyoji.jimdo.com 藤本先生、誓教寺様、おめでとうございます。 施本ありがとうございます。 施本は『「怠け」を克服する』 平成…

箭経 サッラスッタ 死の見かた(6)最後は「悟り」で終了

箭経は、最後は、「悟り、解脱、涅槃、禅定」(すべて同義の意味でお願いします)で終了します。 仏教の目的は「解脱」になります。 ですから、経典の「オチ」も「解脱」になります。 解脱の境地は、考えてはいけないことの一つになってます。 考えてもいい…

菩提樹様の葉

シンボルマークを、「仏旗と法輪」から、「菩提樹様の葉」にしました。 菩提樹様の下でお釈迦様は悟りを得られました、仏教徒にとってはとても大切な木です。 もっと、もっと、元々のところに近づきたいという気持ちから、変えることにしました。

箭経 サッラスッタ 死の見かた(5)箭経の名前の由来

悲しみの箭(矢)を引き抜く 587 摂理によって死んでいく他の人々も見るがよい。 死期が近づくと、生命は震えるもの。 588 どのように思い願っても、起こることはその逆です。 (死なないようにと思っても、必ず死は訪れる。) 無常というのはそういうこと。…

箭経 サッラスッタ 死の見かた(4)残された人たちへ

南方の国々では、この箭経がお葬式に読誦されます ほとんどの方が暗記してます。 何を言ってるのか、意味のわからない、役に立たないお経を聞くより、死について、ガツンと考えることができる箭経のほうがお葬式の役に立ちます。 私が死にそうになったら、急…

箭経 サッラスッタ 死の見かた(3)どこから来たの?、どこへ行くの?

「死」に関しては例外は無いですね。 生き物は逃れられないですね、逃れられないと分かっていても、自分だけは違うと、心のどこかで思っています。 私も、心の中で思っていると思います。 でも、誰であろうとも、こればっかりは例外は無いです。 578 子ども…

箭経 サッラスッタ 死の見かた(2)いたって当たり前な「死」

箭経はまだまだ続きます 箭経 サッラスッタ PDF http://gotami.j-theravada.net/sallasutta.pdf お釈迦様は「死」に関して、いたって、あたりまえのことをおっしゃります。 『業 / 苦 / 死』より引用 575 生まれた者が死なずにすむ、その手立ては何もなし。 …

箭経 サッラスッタ 死の見かた(1)人はすぐに死んじゃいます

箭経は、お釈迦様の死に関するアドバイスであり、死をどう見るべきか、説いてます。 箭経 サッラスッタ http://gotami.j-theravada.net/sallasutta.pdf 南方の国々の人々は、お葬式とかに、このお経を唱えて、お坊様は、このお経を元に説法します。 死に対し…

動物に心配してもらう

「慈悲の実践」は、お釈迦様の世界をインスタントで体験できます。 コンパクトに仏教の大事な部分を網羅しています。 #jtba【慈悲の実践(瞑想)フルバージョン】 「安い 早い うまい」のインスタントは嫌いじゃないので、 読んですぐ体験です。 インスタン…

自分の行動は自分の責任

自分の行動は自分の責任ですし、やってしまったことは自分の所有になります。 「業」ですね、「業」として所有することになります。 極端な例ですが「人を殺す」について ・精神的に問題がある方が人を殺す ・自分では殺さないが、部下に命じて人を殺す ・無…

「ブッダの智慧に学んで子育てのプロになる」

久しぶりです、スマナサーラ長老の子育てに関する本は 目次を引用します 第一部 幸せな子育てとは ・子育てを成功に導く3つのポイント ・親の役目って何だろう ・(ポイント1)道徳を教えよう ・親は教えるべき道徳項目は ・地球基準の道徳を ・十善十悪 …

お釈迦様に誓ってしまったので守らなければ、ということです

冥想会で「懺悔誓願の文」を唱えます 下記の文です 懺悔いたします。 貪瞋痴(とんじんち)におおわれて真理を知らないが故に、身体(からだ)、言葉、考えるという、三業(さんごう)によっておかしてしまった数々のあやまちがあります。 仏、法、僧、に対…

子育て 親の役割

このブログを始めてから、けっこう子育てに熱心というか、子育てブログの多さに驚きました、世間に本当に疎いです。 長老の子育て関係の本は以外と少ないです 挙げてみます 13歳へ (よい親も、よい先生も、あなた次第) 作者: アルボムッレスマナサーラ 出版…

葬式は故人の「心」と「身体」に敬意を表するものです

日本の仏教は「葬式仏教」とか呼ばれています、一部の不真面目な僧侶のせいで「不真面目な僧侶や葬儀社はけしからん」「不当に儲けているんじゃないか?」、という、その反動なのでしょか、ゼロ葬とか、直葬とか、僧侶を呼ばない、お金のかからない葬儀も目…

自分にふさわしい場所がある 吉祥経 マンガラスッタより

お釈迦様は、「適切な環境を選びなさい」と説いてます、人生では、みなさんそれぞれ目的があり、その目的に適った場所を選びなさい、ということですね。 私の話で恐縮ですが 老後といいますか、娑婆のことが一段落したら、いずれは、テーラワーダ仏教のお寺…

「食べる」ことについて

仏教徒になってから、食べることに、あれやこれや考えることが少なくなりました、グルメでもないですし、そんな極端な粗食もしませんし。 食べ物は、単に身体を維持するだけのものです、かといって味気なく食べるのではなく、どんなものでも、美味しくいただ…

「言葉の偉大なる力」 幸せになる言葉の使い方とは

『言葉の偉大なる力』は、以前、日本テーラワーダ仏教協会の僧房落成の施本としていただきました。 大阪の住吉大社の武道館で毎年行われる法話、質疑応答が元になっています。 私も行ったかもしれませんが、法話の内容はきれいさっぱり忘れています。 このよ…

お釈迦様のお見舞い

『お釈迦様のお見舞い』日本テーラワーダ仏教協会 という本があります。 病気になったお坊さんをお釈迦様がお見舞いに行かれて、それを記録した説法です。 長い名前で 『パーリ相応部、六処篇、受相応、有偈品、疾病経(一)』 『疾病経』です。 お釈迦様は …

慈悲の実践(フルバージョン)

慈悲の冥想は知られていますが、慈悲の実践(フルバージョン)は、あまり知られていないかもしれません。 かなり長いです。 でも、自分の気に入ったフレーズを勉強するだけでも、ためになるではないでしょうか? おっさんにも気に入ったフレーズがありました…

ささいなところから落ち着く

いつも慌てて食事をしたりします、でも本当はいけないことです、なにがいけないのか、というと、気づきがなく、自分を見失っている状態だからです。 そこには落ち着きがなく、自分が食事の際、何を食べたのかさえ覚えていない。 何を食べたのか覚えていない…

「吉祥経 マンガラ スッタ」 飲酒を自制すること

またまた日常読誦経典「吉祥経 マンガラ スッタ」より http://gotami.j-theravada.net/mangalasutta.pdf マッジャパーナー チャ サンニャモー 協会の日常読誦経典 飲酒を自制すること 正田大観先生 「小部経典 第一巻」 (人を)酔わせる飲み物(酒類)から…

ずーっと持っている心

私の親戚に82歳のおばあさんがいるのですが、話し出すと、決まって、亡くなった夫の悪口になります、繰り返します。 「あのときは、あーー言われた、このときは、あーー言われた」 「あのときは、あーーされた、このときは、あーーされた」 口の悪い私は「も…

仕事 イコール 生きること

仕事というと会社の仕事を連想しますが、仕事=生きること です。 朝きちんと起きるのも仕事、顔洗うのも仕事、歯を磨くのも仕事、きちんと朝ごはんを食べるのも仕事、呼吸するのも仕事、赤ちゃんをあやすも仕事、赤ちゃんがお母さんに微笑みかけるのも仕事…

今日は簡易ウポーサタ

簡易ウポーサタがありました。 お坊様からは、メッタ(慈悲)の大切さの法要と、みんなで「慈悲」についてディスカッションがありました。 メッタバーワナーは、ティピタカにその文言があるらしいのですが、載っている場所を聞いたのですが、メモを取らなか…

吉祥経 マンガラ スッタ エンギ担ぎー幸福な生き方

吉祥経(マンガラ スッタ)は好きなお経のひとつです。 下記に全文が掲載されています。 http://gotami.j-theravada.net/mangalasutta.pdf お釈迦様が在家に具体的に、幸福な生き方を示されています。 ここに「仕事 生計」に関する記述があります パーリー語…

貯めることで暗くなるー物惜しみの性格とは? チエリさんの「ブッダ ラボ」より

私、ついつい貯めてしまうほうかもしれません、たぶん病気です。 使うより貯めてしまう、家内は上手に使うほうだと思います、だから、お金やモロモロのことは家内に任せています。 でも、本当は使うことが大事 貯めても、喜びは少ないですね、貯めるというの…

「素直である」とは

キンドルになりますが「怒りの無条件降伏」が3月13日まで無料でダウンロードできます、さきほど無料でいただきました、ありがとうございます。 中部経典 第21「ノコギリのたとえ」の和訳と解説になります パーリ語の原文は pali text society,oxford,1993 …

脳開発と「祭り」-仏教のコミュニティー活動が目指すもの

以前、ダンミッサラ長老に尋ねたことがありました。 「仏教の目的は悟ることですが、冥想(バーワナー)も何もしないで、いつも現世利益の祭りばかり熱心で、ピリット(護法)ばかりしている、そんなことでいいのでしょうか?」 もう、この質問自体がいけな…

忙しい人の正体は怠けもの

これって、私のことです 会社の上司から指摘されました、「たまには、ふんぞりかえって、新聞でも読む暇くらい作れば?」 時間に追われて、というか、時間の使い方が下手で、結局、やるべきことができてなかったら、客観的に怠けものですね。 「忙しい、忙し…

冥想する場合は一人で自分の宿題として冥想する

初めて、初心者冥想指導を受けたとき、スマナサーラ長老から、「これからは、自分ひとりでやってください、宿題です」正確ではありませんが、そうおっしゃられた、ことを覚えています。 これからは、ひとりでやっていかなかればならないんだ、とヒシヒシ感じ…

「何一つとして自分のものにならない」と認めること

最近、私の父(82歳)が免許証を返納し、車も手放しました。 とっくに仕事はやめてますし、息子二人は家を出て離れて住んでますし、趣味の写真もやめました、いろいろな事象は年齢とともに、やめてしまったり、自分の手から離れていきます、父を見て実感しま…

人生は失敗が多く、成功はとても少ない

50年以上生きてきましたが、大成功ってのはありませんね。 ウジウジ君ですから。 やはり失敗が多いですね、無意識でロクでもないことしてます。 あと、人間、ついつい、自分で自分の評価をします。 どういうつもりで自分の評価をするのか、わかりません、…

今日は自主冥想会

今日は善友と自主冥想会 テーラワーダ仏教を理解して、ましてや冥想をする、という善友は、なかなかいません。 稀有な存在です、もう、いるだけでありがたいです。 仏教徒は善友が全て、善友に勝る宝はありません。 善友と冥想し、ダンマ談話して、近況報告…

五戒 パンチャシーラ

在家の方が守るべき五つの戒があります。 日常のお経にもあります。 テーラワーダ仏教や、南方の国々の仏教徒の方は暗唱できます 下記、日本語訳です 礼拝のことば 五戒文から引用しました。 1.私は「生き物を殺さない」という戒めを受けて守ります。 2.…

『13歳へ』 親育て、先生育て、大人育て

2010年 宝塚市の雲雀丘学園中学校の講演が元になっている本です。 普通、子育てというと、主に親が主役ですが、この本では、子どもたちが主役です。 「君たちが親や先生を育ててみればどう?」 「子どもが大人を育てる」 そのコツを教えています。 将来…

怒りの原因となる自我

自我の固まりみたいな自分のことを棚にあげて、他人の自我が気になったりします、自我というか、「私は・・、私は・・、私に言わせると・・、私が思うに・・・」などなど。 一緒にいると疲れます、一緒にいて疲れる人(私も含めて)が自我の強い人なのかな、…

ブラック企業など、本来は存在しない

私の周りでも、長時間労働、タイムカードが無い会社、少人数の過重労働の話はよく聞きます、結果的に雇用者の体や精神が壊れてしまったら、悪行為をしているのでしょう。 大きな企業なら、たくさんの人を雇用しているので、大きな悪行為になってしまいます。…

一遍にひとつの仕事しかできない

この間、学校の先生をしているスリランカ人の方と話しをしていて、「人間はあれやこれや並行してできない、ひとつのことしかできない、余計なことを考えず、一つのことに取り組み、それをきちんと終わらせたら、次のことに取り組む、私はそうしてます」と言…

般若心経 しつこく補足

チエリさんが、大乗仏教の空のことを掲載されています。 とても参考になります。 thierrybuddhist.hatenablog.com 般若心経は大乗仏教が作ったものになりますが、この般若心経の作者は、龍樹の空思想も理解されていないのでは・・・。と思います。 これまで…

『般若心経』 占い師? 祈祷師?

般若心経の件、かなりしつこくやってしまいました。 しつこいおっさんは嫌われます。 まだまだありますが、もうこのへんでやめときます。 般若心経は読めば読むほどわからなくなります、もともと、きちんとした意味がないのでわからなくても大丈夫です。 わ…

般若心経と呪文

お釈迦様のもともとの教えに近いと言われるパーリー語のテーラーワーダ仏教には呪文がありません、お釈迦様の言葉は簡潔で隙や無駄が無く、難しいのもありますが、具体的で理論的でわかりやすく、意味のある言葉を語ります。仏教と呪文はまったく無縁です。 …

仏教書ガイド 「ひじる日々」さま

いつも読んでいる「ひじる日々」さんのブログです いつも勉強になります ありがとうございます。 naagita.hatenablog.com ご紹介された中で、私が読みたい本はこれ、 すぐにアマゾンに注文しました。 来るのが楽しみです。 仏教百話 (ちくま文庫) 作者: 増谷…

般若心経は本当に仏説?

あらかじめ申しますが、日本のお寺様が大切にしている般若心経を否定したり、悪口を言うものではありません、お葬式、法事、いろいろな行事、で唱えられる般若心経は文化として尊重されなければいけません。 ただ、おっさんは仏教徒ですので、おっさんなりに…

日本の「般若心経」と、テーラワーダ仏教の「慈経」

写経によく使われる経典ですね、よく日本のお寺で唱えれます、暗唱できる方もいらっしゃるのではないでしょうか? 日本の代表的なお経ですね 漢文とその訳になります 全文合わせて262文字(Wikiより抜粋) 仏説・摩訶般若波羅蜜多心経観自在菩薩・行深般若波…