読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっさんは仏教徒

お釈迦様の教えは宗教ではありません、調べて、確かめて、実践する教えです

飲酒について(1)

飲酒 お経 経典

飲酒についてですが、お酒に含まれているアルコール(エタノール)は薬物なので、正確に言うと、薬物を飲んでいることになります。

普通の食事だったら、空腹を満たすだけで、体に何も影響無いけど、アルコールは薬物なので何かしら体に影響があるのでは・・。

 

以前、浴びるほど飲んでいました、このまま飲み続けていたら依存症になっていたかもしれません、やめることで、いつも頭の中がはっきりしているので、これだけでも良かったと思います。

 

長老の本「成功する生き方 シガーラ教誡経の実践」より、「財産が消える6つの落とし穴」の一つに飲酒があります。

ちなみに6つの落とし穴とは

①酒に耽るのは財産が消える穴

②夜遊びに耽るのは財産が消える穴

③集まりごとに耽るのは財産が消える穴

④賭けごとに耽るのは財産が消える穴

⑤悪友に親しむのは財産が消える穴

⑥怠けが身につくのは財産が消える穴

 

そして①の短所を6つあげています。

①酒に耽ると目に見えてお金がなくなる

②酒は喧嘩を拡大する

③酒は万病のもと

④酒に耽ると名誉を損なう

⑤酒に耽ると陰部を露出する

⑥酒に耽ると理性がなくなる

 

私は⑥が心に残りました、抜粋すると

「酒に酔って理性(智慧)が弱くなっていくのだと、お釈迦様は説くのです。酒を飲んで頭が悪くなることは、仏教が一番危険視するポイントです。無知には何のありがたみもないのです。「智慧は人間の宝物である」ともお釈迦様は説かれるのです。道徳を守るためにも、社会を発展させるためにも、平和を保つためにも、幸福を築くためにも、理性と智慧が必要です。全てのい悪行為は無知によって犯すものだと説かれてあります、ですからどんな理由であろうとも、無知の感情を剥き出しにさせる酒を認めることはできないのです。