読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっさんは仏教徒

お釈迦様の教えは宗教ではありません、調べて、確かめて、実践する教えです

やさしさは必要だけどあってはならない

生きとし生けるもの

ブッダが教えた本当のやさしさ」 抜粋

 

人間には他人との関係、他の生命との関係が必要です。その関係が期待どおりなら「やさしい」ということになります。ペットが自分の期待どおりに対応してくれるなら、「うちのペットはやさしい」ということになります。飼っている犬がまるで言うことを聞かず、顔を見ると吠えかかってくるようだと、「やさしくないからどこかにあげてしまおう」という話になります。

ところが、やさしさは必要不可欠なものであると同時に、「あってはならないもの」でもあるのです。

それは他人の「やさしさ」を求めることが、「自分の要求を満たしてくれと、他人に頼むこと」だからです。つまり、やさしさは「他人を自分のために使用すること」なのです。これはあってはならないことでしょう?

エゴが強い凶暴な人は、自分のために他人をとことん支配してしまいます。支配者側は搾取し、支配される側は搾取されます。社会は二つに分かれてしまって、少数が満足してやさしさを味わうのと引き換えに、大勢の人々が苦しまなくてはならなくなるのです。やさしさを求めるあまり、弱肉強食の世界になってしまっているのです。だから「やさしさ」は、私たちが生きるために必要ですが、あってはならないものなのです。

中略

本当のやさしさ

小さなこどもが「お母さん」と呼びかける。それは、お母さんから何か刺激をもらいたいからです。それでお母さんは子供に向けて、「一人でおトイレに行けたの?えらいね」とほめてあげる。そうやって何か刺激を発信してあげるのです。

仕事から帰ってきた旦那さんが、「ただいま」と言う。それを家族が「お帰りなさい」「お疲れ様」と迎える。

そうやって命はつながっているのです。

それは自然なことで、特別なことではありません。

しかしこれが「本当のやさしさ」なのです。

「やさしくいる」ことは、そんなに難しいことではないのです。自我を張らず、よけいなことを考えないで、自然の流れで生きていれば、その人はやさしいのです。

誰にも迷惑をかけていません。誰も損をしていません。弱肉強食ではなく、これが共存主義なのです。これが「あるべきやさしさ」なのです。

世間のやさしさとは全然違うのですが、「自分が生きるために必要な刺激をもらうこと」を「やさしさ」というならば、これこそが「やさしさ」なのです。やさしさの定義は変えていませんが、別物なのです。

 

ちいさな、かわいい、文庫本です、キンドル版もあります。

 

ブッダが教えた本当のやさしさ (宝島SUGOI文庫)

ブッダが教えた本当のやさしさ (宝島SUGOI文庫)