読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっさんは仏教徒

お釈迦様の教えは宗教ではありません、調べて、確かめて、実践する教えです

「吉祥経 マンガラ スッタ」 飲酒を自制すること

またまた日常読誦経典「吉祥経 マンガラ スッタ」より

http://gotami.j-theravada.net/mangalasutta.pdf

 

マッジャパーナー チャ サンニャモー

 

協会の日常読誦経典

飲酒を自制すること

 

正田大観先生 「小部経典 第一巻」

(人を)酔わせる飲み物(酒類)から自制すること

 

水野弘元先生「南方仏教基本聖典

飲酒(おんじゅ)より自制し

 

木岡治美様 日常読誦経典 パーリ語ノート

酒を飲むことを自制すること

 

 

お釈迦様は「お酒は飲むな」とおっしゃってますね。

 

一番の理由は、理性を保つべき脳の働きを薬物であるアルコールが破懐してしまう、ということ。

 

私、お酒はやめましたけど、やばいなあ、というくらい飲んでました。

家族の眼が痛かったです。

 

アルコールは薬物なので、一種の薬物依存だったんでしょうけど、なんの助けも借りずにやめることができました。

 

家族と私の母親がほめてくれました。

 

あと、仕事の飲み会で(飲まないですが飲み会へ行くことができます)別の会社の方からお褒めの言葉をいただきました。

うれしかったです。

 

ストレス解消にお酒を飲むという方もいますが、解消にはなりませんよ

酔いから覚めたら、また同じです。

 

経験者が言うのですから、間違いないです。

 

「何が平和を壊すのか?」より抜粋

ストレス解消のために、疲れをなくすために酒を飲むと言われています。それも見事に外れた考え方です。実は酒でさらにストレスが溜まるし、身体が疲れてしまうのです。仏教的に生きれば仕事をしてもストレスは溜まらないので、それほど疲れない。親を敬い、目上の人を尊敬し、家族の面倒をきちんとみて、自分が知識と技術をちゃんと学んで、悪いことはまるっきりしない生活を送っていると「ああ、疲れた。今日は仕事が嫌でたまらんかった、酒でも飲まなきゃ」ということにはなりません。毎日、仕事が終わって酒に溺れる方々は、あまりにも苦労していると思います。一日中なんの楽しみもなさそうで、酒を飲める時間を楽しみにしている。一日中楽しんで生活するのはそれほど悪いことではありません。仏教はそれを勧めているのです。

 

 

今日一日の楽しみ、今日一日のフィニッシュがお酒、というのは、理由のない習慣で、勝手に自分が思い込んでいるだけの話かもしれません。

 

お酒がなくても、今日一日の生活は楽しめます。

仏教はお金がかかりませんし、身体にもいいです。