読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっさんはbuddhist

お釈迦様の教えは、宗教ではありません、調べて、確かめて、実践する教えです

「言葉の偉大なる力」 幸せになる言葉の使い方とは

『言葉の偉大なる力』は、以前、日本テーラワーダ仏教協会の僧房落成の施本としていただきました。

 

大阪の住吉大社の武道館で毎年行われる法話、質疑応答が元になっています。

 

私も行ったかもしれませんが、法話の内容はきれいさっぱり忘れています。

このように書籍として残していただけるとありがたいです。

 

言葉使いがまるでダメ、人に迷惑をかけたり、ダメダメなので、戒めのため、この本を読み返したりします。

 

嘘は殺生より罪が重いので、言葉の使い方はまるでダメですが、嘘は意識して気を付けてます。

 

まえがきの部分を引用します。

 

人生を潰す重荷にもなる、成長の頂点にも立たせることができる言葉

Gravity of words

 

生きるために、空気がどれほど必要かご存知でしょう。呼吸ができなくなったら、私たちは生きることができなくなります。

同様に、生きるために欠かせないもう一つのものがあります。それは、我々がさりげなく使っている言葉です。空気は肉体を維持するだけですが、言葉の役目は人生にとって重大です。言葉は人格そのものを管理しているのです。言葉とは言語のことだけでなく、赤ちゃんの「オギャー」も言葉です。命と密接な関係があるので、言葉について明確に理解すれば、必ず人の役に立ちます。

 

ですから、今日は、「『言葉』の重みについて」というテーマで話をしたいと思います。まず知っていただきたいのは、人間にとって、言葉とは大変な「重荷」だということです。言葉は、私たちを押しつぶして、もうどうにもならない地獄の陥れることもできます。逆に言葉は、人間を頂点まで、究極的なところまで成長させる力も持っています。そういうわけで、私たちは言葉について、よく学ばなければいけないのです。

目次

感情と理解

 感情と理解の区別

 感情は「悪」、理解能力は「善」

 敵(汚れ)の絶えない攻撃

 人間らしく生きられるのか

 嫌悪されてしまう味方(理性)

 

洗脳とマインドコントロール

 貪瞋痴と洗脳

 マインドコントロールの分析

 

人生は言葉次第

 言葉がひとの人生を設定する

 悪人は多数、善人は稀

 

言葉の使い方

 人の運命を鍵をにぎる言葉 その使い方

 道徳に欠けた言葉

 罪になる言葉

 善語 幸福になる言葉

 愛語を語る人になる

 完全に語れない

 語るときに注意するポイント

 言葉の意味 内容

 幸福になる言葉とはブッダの言葉

 

後記 質疑応答

 

 

キンドルダウンロードで324円

この内容で324円はお得です。何度でも読み返せます。

菩提樹の葉のデザインが素敵です。