おっさんの仏教メモ

テーラワーダ仏教をいろいろ考えるおっさんのメモ

動物に心配してもらう

「慈悲の実践」は、お釈迦様の世界をインスタントで体験できます。

コンパクトに仏教の大事な部分を網羅しています。

#jtba【慈悲の実践(瞑想)フルバージョン】

 

「安い 早い うまい」のインスタントは嫌いじゃないので、

読んですぐ体験です。

インスタントに関する法話

巻頭法話(98) 一言で知る仏教の全て<1> 2003年4月

 

 

慈悲の実践の解説書

『みーんな生きとし生けるもの 上巻』に

長老が、お寺にいる犬に心配してもらう話があります。

微笑ましいです。

 

犬もわかっているんでしょうね。

 

残念ながら、私はまだ動物に心配してもらったことがないです。

 

「みーんな生きとし生けるもの 上巻」より引用

 

他者に対して優しい心で対応することができますように

 

心配した犬からのプレゼント

 

私は、犬からプレゼントをもらったことがあります。

ある犬のことをすごく心配して面倒をみてあげたら、犬も私のことを想って、プレゼントをくれました。

その犬がある日どこかへ行って、生ごみのあるところで探して、探して、とても大きな牛の骨を一つ見つけたようでした。その骨を、私のところに持ってきました。肉はもちろん腐っています。

私は「何をしているのですか。持っていきなさい、持っていきなさい」と言っても、持っていきません。なんだかくれるような感じだったので、冗談だと思って手を出したら、ちゃんとくれました。

私は人間だから、その骨は気持ち悪くて「これは犬がおいしく食べるものでしょう」と思い、マットの上に置きました。置いたら犬はすぐまた取って、私にくれます。ですから私はまたそれをもらって、またマットの上に置きました。

それを繰り返すこと三回。三回目に犬がこれを取って、私のベッドの真ん中に置いていったのです。それではっきりわかったのです。これは私に対しての犬からのプレゼントなのだと。

 

 

思いやりに関して、この犬に負けてしまう人間もいるのでは・・・。

 

可愛い写真で楽しく読める慈悲の実践の解説書です

 

みーんな生きとし生けるもの! 〈上巻〉

みーんな生きとし生けるもの! 〈上巻〉

 

 

 

みーんな生きとし生けるもの! 〈下巻〉

みーんな生きとし生けるもの! 〈下巻〉