読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっさんは仏教徒

お釈迦様の教えは宗教ではありません、調べて、確かめて、実践する教えです

お布施  私の場合

お布施 与えること

私は借り物だらけで生きてます、この身体も借り物でいずれは返さなくてはならないし、衣食住は地球があるおかげで、それにたずさわる皆さまのおかげで手に入れることができます。

 

生きることは、地球や、それに関わるみなさんのおかげで成り立っています。

 

「お金を払ってんだから、これは俺のものだ、お金は俺のものだ」という考えは、お金はあるんでしょうけど、貧しい感じがします。勝手に生きてると思っているんでしょうね。

 

いま、なぜ、自分がお金があるかを、理解しないとですね。

 

自分の仕事に対して、関わる人が価値があると思うから対価としてお金を払うわけです。

 

1人では、お金は手に入りません、衣食住も手に入りません。

 

生命は「持ちつ持たれつのネットワーク」 です。

 

「持ちつ持たれつ」を理解しない生き方は結果が悪そうなので、ごめんです。

 

 

ブッダの教え一日一話」より

 

生命としてのお返しが仕事

 

仕事というのは、ビジネスだけのことではありません。

それは、生命が必ずやらなくてはいけないことなのです。生まれてきたものには、やるべきこと、やらなくてはいけないことが、ついてまわります。

生命は自分だけでは生きていけません。必ず他の支えはあって生きていけるわけです。

だから、お返しをしなくてはいけない。

それこそが、仕事なのです。

仕事をしないということは、生命の法則に違反することになるのです。

 

違反したくないので、借り物だらけの、私の赤字人生ですが、そのお返しとして、せめて1か月に1回は献血してます。

 

献血は、必ず、誰か困っている人の役に立っているので、ちょっと痛いですが、役に立っていると思うと、痛みも平気です。

 

誇れるほどお金は無いので、自分の身体が役に立てば、と思います。

おかげさまで、回数はちょっと誇れます。

 

 

おーー、69歳まで献血できるんですね、まだまだ善行為ができそうです。

www.jrc.or.jp