読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっさんは仏教徒

お釈迦様の教えは宗教ではありません、調べて、確かめて、実践する教えです

善いことをする理由 「自分が喜び人も喜ぶ」

善いこと、悪いことは仏教は、はっきりしています、あやふやなことは言いません。

 

普段の生活で、知らず知らずに悪いことをしたり、善いことをやろうとして、結果的に悪いことになったり、基準を知らないと、いつのまにか、まっすぐに進んでいないことになりかねません。

 

長老がわかりやすく説いています

 

「心に怒りの火をつけない」より引用

 

37 自分が喜び人も喜ぶ

 

後悔する羽目になる行為はしないほうがよい。

その報いを受けて涙を流して泣くだろう。 (ダンマパダ67)

 

後悔する羽目にならない行為は、進んで行ったほうがよい。

その報いを受けて幸せになるだろう。(ダンマパダ68)

 

まず「よいこと」について考えてみましょう。それは何事であれ「後悔しないで嬉しく喜んで、その報いを受ける」ことだ、とお釈迦様は教えています。自分には喜びであっても、他人に迷惑をかけるのは、よいことではありません。また他人に喜びであっても、自分が苦しむのも、よいことではありません。「よいこと」とは、「自分が喜び、他人も喜ぶ」行いです。そして、「あとで後悔しない」ことです。

「悪いこと」とは、「自分が苦しみ、他人も苦しむ」ことです。そして「あとで後悔するのです」だから行動を起こす前に、その行動によって、わずかでも後悔することになると思うならば、そういう行動はやめましょう。結果も良くて、あとで思い出したときにもよかったと思える行動をすることです。「よいこと」をすれば、「よい結果」が出ます。これには例外がありません。「そこそこの結果」しかないというのは、「そこそこのこと」しかしていないからです。

 

よい結果を得るために、よいことをしようとする人がいます。それは取引や投資のようなものです。よい結果が出なければ、そういう人は不満や怒りが出て心は汚れていきます。よいことをする目的は、よい結果を得るためではなく「心を浄めるため」なのです。

 

そのためには、スポーツ選手のように、毎日毎日、休まずに訓練しなければ身に付きません。ちょっとでも休むと後退してしまうからです。まず、「よいことをしよう」と心に決めることです。そうすると、よいことをする機会はどこにでもあることがわかります。電車に乗っていて、座っている自分の目の前にお年寄りがいたら、席を譲ることができます。でもわざとらしくすると、されたほうは気持ちがよくありません。なんの意識もせず、すっと立てば、気持ちよく座ってもらえるのです。なんのこともなく、普通に自然にさっとよいことができるようになればいいのです。

 

 

善いことを、自分の心を善くするきっかけにすればいいのですね。

現世利益の結果を求めて善いことをする方もいるかもしれませんが、そんなちっぽけなことより、自分の心に善いことをしなさい、ということです。

 

文庫本でダンマパダに触れることができます。

長老の詳しい解説付きです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

生きとし生けるものが幸せでありますように。