おっさんの仏教メモ

テーラワーダ仏教をいろいろ考えるおっさんのメモ

「生きる」=「バケモノ」

「生きる」ために、日々いろいろなことをやっています。

 

日々やってるいろいろなことは、結局「生きる」ということに結びつきます。

 

「生きる」は人間が頭の中で勝手に作った「バケモノ」だと長老は言います、どういうことなのでしょうか?

 

「やめたいことはやめられる」より引用

 

「生きることは苦である」と発見する

私たちはただ生きていきたいだけで、生きるとはどういう仕事なのかと、調べようとしません。しかし、ありのままに人生を観察すると「生きることは苦である」と発見できます。原始脳の指令があるので「生きることは苦である」という事実を無視し、否定しているだけです。

現実を否定して生きることについて考えてみましょう。

なぜ、人は勉強するのでしょうか? 生きるためです。 なぜ人はご飯を食べるのか?生きるためです。 なぜ人は仕事をするのか? 生きるためです。

人間がやっているどんな行為にも、その質問を投げかけてみて下さい。答えはひとつです。生きるためです。では「生きるとは何なのか?」というと、それは知らないのです。人が頭の中で作り出した「生きる」というバケモノがいます。このバケモノのために、私たちは、食べたり、勉強したり、仕事したり、家を作ったり、その他のすべての行為をします。しかし相手はバケモノなので、面倒を見てあげたからといって、何の結果も得られません。

客観的に観察すると「生きる」という何か大切なものは見つからないのです。発見できるのは、生きるために私たちがやっている行為だけです。

たとえば、食べることが生きることではありません。生きているから食べているのです。呼吸することが生きることではありません。生きているから呼吸しているのです。人間がやっているすべての行為を調べても、「それは生きることではない。生きているから行っている」という結論になります。

中略

仏弟子たちは、生きることをありのままに観察して、それは苦であると発見するのです。

この仕事を成功させるためには、「生きる」という一般人の考えは、頭の中に現れたバケモノであると理解することが条件です。「人間には永遠不滅・至福の魂がある」という錯誤を破るために、この訓練が欠かせないのです。

 

 

 自分の頭の中で作り上げた「バケモノ」=「生きる」

よく考えてみると、このバケモノの命令は「死にたくない」「生きたい」から「いやなことはしたくない」「もっと欲しい」「食べたい」「眠りたい」・・際限が無いですね。

でも、このバケモノはどこにもいなくて、結局、このバケモノを維持するための、自分の行為しかない、ということです。

 

このバケモノをよく観察すると、「苦」であることを発見します。

 

生きている限り、悟らない限り、この「バケモノ」から逃れることはできないですが、このバケモノを少しでも軽くすることができる方法があるかもしれません。

 

生きている中で「苦」を減らす方法ですね、これに、もう少し注意を払ってもいいのではないでしょうか?

 

続きそうな気配です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

生きとし生けるものが幸せでありますように。