読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっさんは仏教徒

お釈迦様の教えは宗教ではありません、調べて、確かめて、実践する教えです

ほめながらしつける

 

ブッダの教え一日一話」より

 

しつけとは、世の中でしっかり生きるために何を学べばいいかと、一つひとつ教えてあげることです。子どもは何も知らないのだから、「これはこういうふうにやるといい」とやり方を教える。

「それはまちがっている」と怒れば、子どもは反発します。まちがっているのではなくて、子どもは知らないのですから。

「ちゃんと、こんにちはと挨拶しなさい」と頭ごなしに叱ってもうまくいきません。

挨拶することはカッコいい、賢いことなんだと教えましょう、ほめながらしつけるのです。

 

子育ては一段落したおっさんですが、褒めるの反対は「ほめない」でしょうか?それとも「けなす」でしょうか?

 

「褒めない」のも「貶す」(好きになれない雰囲気の漢字ですね)も、使い方によるんでしょうけど、感情的な使い方はダメでしょうね。

 

理性的に子どもの立場を想像すると、褒めたほうがいいんでしょうね。

 

パートナーと話したのですが、うちの子たちはとてもいい子で、この法話が実感できないです。

 

子どもたちは、私の学生時代のときよりも、よく勉強しましたし、私の出来ないことも出来たので、何も言うことはないです、あと感情的に貶すようなことはなかったです。

 

何度も言いますが、子どもは大人よりはるかに賢いので、ちゃんと理由を言って褒めれば抜群に伸びると思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

生きとし生けるものが幸せでありますように。

f:id:oldmanbuddhist:20170503072258j:plain