読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっさんは仏教徒

お釈迦様の教えは宗教ではありません、調べて、確かめて、実践する教えです

幸福を求めて不幸になる

「一分で読むブッダの教え」より

無智な生命は、刺激を受けることは楽しい、幸福なことだと勘違いして刺激を追い求めます。けれども刺激が欲しいというのはわがままです。

刺激が欲しければ、刺激をくれる六つの器官、眼・耳・鼻・舌・身・意に頼らなくてはいけません。刺激を受けるために、見るもの、聞くもの、食べるものをずっと探し続け、それに依存しなければなりません。しかし、依存すると自由、自立を失います。自由がなくなると、わがままは通じなくなります。そこに矛盾が生じます。

 

 

ある日のわが家の新聞折り込み広告

①ホームセンター 生活用品

②通販広告 マッサージチェア

③スーパー 食料品 3枚

④電器店 家電用品

⑤衣料品店

⑥ドラッグストア 薬、食料品、生活用品

 

折り込みチラシは、ほとんどが我々の身体を維持するため、購買意欲を刺激する情報しかないです。

 

衣食住薬 に関することです。

 

もう、あたりまえだと思ってます。

 

間違っても「幸福になりますよ」とか「幸せになりますよ」というチラシは、ありませんね、怪しい宗教勧誘と思われるかもしれないです。

 

衣食住薬は、身体を維持するために必要なことですけど、「必要→欲しい」になったらヤバイんじゃないでしょうか?

 

「欲しい」というときりがないですし、理性を失った「欲しい」が止まらない状況を「依存」というのかもしれません。

 

依存になってしまうと、「自立、自由」を失う、とあります。

その通りですね。

 

物事は「必要」程度にとどめておくのがいいでしょう、他にやるべき大切なことがたくさんありますし、自由を失いたくないですから。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

お幸せでありますように。

f:id:oldmanbuddhist:20170505063052j:plain