読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっさんは仏教徒

お釈迦様の教えは宗教ではありません、調べて、確かめて、実践する教えです

病気のときの気づきを大事に

一分で読むブッダの教えより

 

我々は健康なときには、悪い性格が表に出ないようにしていますが、病気になると、わがまま、不満、不親切、人と仲良くできない、雰囲気を悪くする、人に当たるなど、いろいろ嫌な性格が表に出てくるものです。その機会をうまく捉えてほしいと思います。

本来、自分の性格はこういうものであったと気づくきっかけにしてください。

そして、できるだけ早くその性格を直さなければいけないと気づいてください。

 

以前、「お釈迦様のお見舞い」で、病気の比丘たちにお釈迦様は何を説いたのか説明しました。

oldmanbuddhist.hatenablog.com

 

説いた内容は「大念処経」をコンパクトにした内容で、いかに気づきが大切か、冥想の大切さを説いたものになっていて、別に病気の方ではなくても、健康な方にも該当する内容でした。

 

仏教を学ぶようになってから、大病をしたことはありませんが、病気になると、健康なときに隠れていたものが次から次へと出てくると思います。

 

人を困らせるような性格が出てきたら、たぶん、それが元々持っていたものなのでしょう。

 

健康な時って、自分の心や体に鈍感です。

貪瞋痴にまみれることが当たり前だと思い、体もスムースに動くので、まじめに観察しようとは思わない。

 

でも、病気になると、いままで当たり前だったことが出来なくなるので、必然的に心や体に敏感になります。ここで、自分の嫌な性格にも敏感になってほしいですね、ここで気づかないと、死ぬまで自覚のないまま生きることになります。

 

身体は、もう思い通りに動きませんので、必然的に敏感になります。

冥想にいいですね。時間もたっぷりあるだろうし。

 

大病して入院したら、冥想三昧だな、と勝手に思っています。

その前に死んじゃう可能性もありますので、健康な時も、病気の時も、真面目に冥想ですね。

 

死を回避できる程度の病気だったら、逆にチャンスと思って、観察、気づきに集中です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

生きとし生けるものが幸せでありますように。

f:id:oldmanbuddhist:20170508212038j:plain