おっさんの仏教メモ

テーラワーダ仏教をいろいろ考えるおっさんのメモ

歳をとったらただのアホ

「こころを清らかにする言葉」より

 

どれだけ勉強しても、

歳をとったら、ただのアホなのです。

それまでの苦労はすべてムダになるのです。

もっと気楽にちゃらんぽらんに生きるべきです。

 

人生は、とてもむなしく、苦しいものです。我々の努力は、結局ムダなのです。

非常に暗いことをいうようですが、まずこのことを確認してください。

あなたは、いま、どんな気持ちになりましたか?自暴自棄になってヤケ酒でも飲みたい気分ですか?そんなことをしても、さらにストレスがたまるだけです。

では、どうすればいいか。力を抜いて気楽に生きればいいのです。我々が日々やっていることは、しょせんアホなことだと気づくと、楽になるのです。

必死に歯をくいしばり、鬼の形相で、勉強、仕事、子育てなどをしたり、悩みごとで夜も眠れなくなったりしているのは、意味のないことです。

だって、歳をとったら、みんな、ただのアホになるのです。どれだけ勉強して働いても、それまでの苦労は水の泡です。だからもっと気楽に、ちゃらんぽらんに生きるべきなのです。ストレスをためて頑張る必要は、まったくありません。

人生はゲームのようなものです。遊んでいるときは楽しいけれど、最後に必ずくるのはゲームオーバー、終わりです。

 

 若いころに得たものは、歳をとるとどんどん手放していくことになります。

知識、勉強、仕事など、なくなっていくのは、当たり前のことです。

 

ずーっと同じ状態でいることはできませんから。

 

物事はずーーと同じ状態ではありません、ずーっと変わらずにいてほしい、と思うこともありますが、それは出来ません。

 

凝り固まった心で「あーー変わらないでくれ」と願っても、それは無理な話ですね。

 

気楽な心だったら、変わっていく世の無常を見ることができるかもしれません。

 

読んでいただきありがとうございました。

生きとし生けるものが幸せでありますように。

f:id:oldmanbuddhist:20170514220500j:plain