おっさんは仏教徒

お釈迦様の教えは宗教ではありません、調べて、確かめて、実践する教えです

母の前では子どもで甘える親孝行

「一分で読むブッダの教え」より

 

我々は世間で何者であっても、どんなに偉くなっても、母親の前では子どもです。それが親孝行ということなのです。

ですから、素直に母親の前ではしっかり子どもに戻りましょう。甘えたりするのが一番いいのです。お母様は大変かもしれませんけど、それで母親は精神的に元気になります。明るくなります。

最後まで親を悩まさず、明るく生きてもらうことが親孝行だと思います。

 

45歳過ぎて、母親の作る「おはぎ」の美味しさが、やっとわかりました。

 

あずきを煮て、あんを作り、けっこう手間がかかっているのですが、若い頃はそれがわからず、文句を言って残したりして、無礼だったと思います。

 

大変、申し訳ないことです。

 

 

歳をとって、甘いものが好きになりました。

 

店でもおはぎは売ってます、どこでも手に入れることができますが、あんが美味しくないです、母親のあんはとても上品な味です。

 

ここで初めて、母親の「おはぎ」のありがたみを思い知ることになります。

 

どこにも無いことを思い知ることになります。

 

実家に帰るたびに、母親に「おはぎ」をねだります。

あずきから作るのは面倒だと思うのですが、嫌な顔ひとつせず作ってくれます。

 

ありがたいです。

 

私にとって、母と子のシンボルは「おはぎ」です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

生きとし生けるものが幸せでありますように。

 

f:id:oldmanbuddhist:20170517210925j:plain