おっさんの仏教メモ

テーラワーダ仏教をいろいろ考えるおっさんのメモ

お葬式のときの戒名とか院号とか法名とか

亡くなったら戒名をつけてもらったり、生前に、戒名とか院号とか法名をもらったり、いただくためにお金を使ったり。

 

でも、お釈迦様の仏弟子ということで、生前につけてもらったら、本当は戒を守るように励まなければないのですが、できなければ、戒なんて必要ないと思うのですが・・

 

まあ、これは、仏教というよりも、日本文化ですね。

 

藤本晃先生

「お葬式の才覚」」より

 

仏式葬であっても、かならずしも戒名はいりません。

 

本当は仏式葬でも戒名はいりません。江戸時代に葬式を出家の儀式になぞらえた流れで、「戒名授与」も葬式に式次第に加わっただけです。

 

現在の仏式葬では、在家信者になった証として三帰五戒だけは授けると思います。しかしそのさい、戒名はあとで実家の檀那寺につけてもらうことにして、都会で葬儀社の紹介で招いた僧侶には、俗名のまま葬式をしてもらう、というケースが、実は多いのです。

 

生前に戒名(法名)を受けることを熱心にすすめている浄土真宗では、むしろ葬式のときにあわてて戒名をつけてもらうほうがまれです。

もともと受けている戒名を葬式で改めて読み上げますが、それは「故人は生前に自分の意思で戒名を受けるほど熱心な信者でした」と披露するためなのです。

 

葬式の骨子は、故人を敬って見送ることです。

仏教ならば、僧侶を呼んで、そこに輪廻や、来世の功徳や、回向や随喜の話などを加えて、より効果的な、功徳の大きい見送り方に導くこともあります。

 

仏式葬の本義は、普段の法要と同じく、故人のための功徳回向と、功徳をお互いにわかちあって喜ぶ功徳随喜です。

では葬式で、なんの縁で功徳を生み、分かち合うかといえば、故人が正式に在家仏教徒になり功徳を積んだので、そのめでたさと新しい門出をいっしょにお祝いしましょうということなのです。

 

お釈迦様や完全な悟りを開いた阿羅漢の葬式の場合は、故人はもう悟りを完成させていて輪廻しないので、故人のために功徳を回向する必要はありません。

偉大なる個人を精いっぱい恭敬して見送る参列者の功徳が、何万倍にもなってまず本人に生まれ、さらにそれを参加した参列者全員が分け合うのです。

悟っていない故人を送るときには、ただ敬意をもって、無理矢理にでも心を明るくして、こころ新たに仏教徒になり、旅立った功徳を分け合う、こころの強さを持てばいいのです。

 

葬式の効果を高めるために大事なことは、僧侶や、喪主や、親族、参列者各人、そして故人のこころの中身です

 

戒名があるとか無いとか、字数が多いとか少ないとか、それにいくら取られたとか

そういう形式は、あってもなくても、どのようにやっても関係ないのです。

まして戒名やその字数のせいで心が乱れたり、「法外な金額だ」などと怒ったりしては、本末店頭です。

僧侶は、形式や、まして僧侶らしからぬお金の問題で、人々の心が乱れ、汚れてしまわぬように注意

戒名も院号も、導師である僧侶が、喪主や故人の好みのままにタダでつける。そして、みんなで気分よく故人を送るのが一番効果的な葬式なのです。

 

 

私が死んだら戒名はいらないなあ

いつも五戒を守ろうとしてますから、だから、いらないです。

 

お葬式で大切なのはみんなのこころです、みんなのこころが安穏になるのなら、その手段としての戒名はいいのではないでしょうか?

 

戒名ありきのお葬式は、なんだかおかしいです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

生きとし生けるものが幸せでありますように。

f:id:oldmanbuddhist:20170525220957j:plain