おっさんは仏教徒

お釈迦様の教えは宗教ではありません、調べて、確かめて、実践する教えです

一切のかぶりものを取る

「ダンマパダ 一日一話」より

 

一切のかぶりものを取る

 

心の汚れを捨てていない人が、

黄褐色の法衣をまとって

自制しようとしないならば、

法衣にはふさわしくない

 

(ダンマパダ9)

 

インドでは、黄褐色の服は、仏教の僧侶だけではなく出家者が着ます。とても心が落ち着く色なのです。植物は枯れていくと黄褐色になっていきます。それは、すべては枯れ老いて滅びゆくことをあらわしています。出家者は、俗世を離れたので、その色の衣を着るわけです。

袈裟の言語は「カーサーバ」で、「黄褐色の衣」「アク、汚れ」という意味があります。俗世間を離れて袈裟を着ていても、心が俗世の汚れに満ちているならば、それは自分をも他人を欺いていることになります。その者は、袈裟を着るのにふさわしいとはいえません。

わたしたちは法衣を着なくても、「立派なかぶりもの」をつけようとします。

いろいろなかぶりものを身につけます。会社や組織の名前、肩書、学歴というかぶりものです。体の美しさや、才能や財産も含まれるでしょう。それは、ありのままの自分を隠そうとしたり、立派だと認めてほしいから着るのです。

外のかぶりものと、中身の自分との間に大きな隔たりがあれば、自分をごまかしていることになります。かぶりものに合わせて演技をしなくてはならないのです。

立派なかぶりものにだまされてはいけません。大会社の社長とか、一流大学の教授と名乗ると立派な人格者と思われます。しかし、それらは所詮かぶりもので、中身は普通の人間かもしれません。宗教の世界でも、立派な法衣を着ていて、あたかも聖者のように振る舞っていても、ほんとうの姿は違うということがよくあります。人減に必要なことは、外のかぶりものではなく内の心の清らかさです。心の清らかさとは、嫉妬、憎しみ、怒り、貪り、などで心が汚れていないことです。仏教では「捨てろ、捨てろ」と言います。それは「一切のかぶりものを取りなさい」ということなのです。

 

日本のお坊様は、我々と同じ在家なのです(妻帯、家族を持っています、お酒も飲みます)

 

だから、肩書を持って生活している我々とまったく同じです。

 

お坊様という肩書で仕事してます。

 

在家って、わかりやすいですね。

捨てるべきものも、はっきりしてるし。

いずれにしても、肩書はいつかは捨てるというか、離れていくものになります。

 

 

 

 

その一方で、テーラワーダ仏教の国々のお坊様は、世を捨てて出家されています。

 

世を捨ててるので、もう仏教の修行しかありません、在家がお坊様の命を支えることになります。

 

非常にまじめに、修行に励んでいるお坊様もいらっしゃいます。

 

しかし、出家して世を捨ててることになっているのに、黄褐色の袈裟を着て、在家と同じことをして、破戒しまくっているお坊様もいます。

 

こちらのほうがタチが悪いです、見分けがつかないので、一番タチが悪いです。

ましてや、サンガを破壊してるので重罪です。

 

他人を欺く者は、自分自身も欺きます。

逆も言えます、自分を欺くから、他人を欺けるんでしょうね。

 

早く、自分の重罪に気づいて、「捨てて、捨てて」ほしいです。

f:id:oldmanbuddhist:20170618200916j:plain