おっさんは仏教徒

お釈迦様の教えは宗教ではありません、調べて、確かめて、実践する教えです

「明日」はどうなるかわからない

ブッダの教え一日一話」より

 

「明日」はどうなるかわからない

 

幸福というのは、いまの瞬間に得るべきものです。

「明日、幸福になろう」とか「将来、幸福をつかもう」という人は、ずっとなれません。

そういう生き方は「いまの瞬間は不幸でもいい。今日は苦しんでもいい」ということです。

「明日」とか「いつか」というものは、どうなるかわからないのです。

 

 

 

ついつい、「明日やればいいや」とか、「明日は明日の風が吹く」とか「将来は待っている」とか、のんきなことを、つい思ってしまうのですが、仏教はそういったことは認めません。

 

 

明日といったところで、明日になる前に死んでしまう可能性もあるし、将来なんてわかりませんし。

 

まだ来ていない、不確定なことに希望を持ってしまうのでしょうね。

 

今の瞬間、いまパソコンで打っている、この瞬間をおおいに楽しみなさい、幸福になりなさい、ということなんでしょうね、パソコンのキーボードを打っている「この瞬間こそ」確実なことです。

 

過ぎ去った過去、まだ来てもいない未来、こんなことをグズグズ考えるんだったら、「確実な今」を楽しみなさいよ、ということでしょうか。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

f:id:oldmanbuddhist:20170622220252j:plain