おっさんの仏教メモ

テーラワーダ仏教をいろいろ考えるおっさんのメモ

浄聖院様

f:id:oldmanbuddhist:20170625194019j:plain

 

曹洞宗といえば道元さんなのです、入り口に、なぜか親鸞さんの像があります。

いただきものだそうです。

曹洞宗のお寺に親鸞さんがやってきました、いいですねえ。

 

 

f:id:oldmanbuddhist:20170626215823j:plain

 

本堂の手前でおびんずるさんがお出迎え

びんずる」様、お釈迦様の弟子の1人ですが、知りませんでした・・。

 

日本では「おびんずる様」 撫でると除病の功徳があるということで・・

膝の痛い方は、おびんずる様の膝を撫で、肩のこる方が像の方を撫で。

私は頭が悪いので、おびんずる様の頭を撫でました。

みなさん、頭を撫でるのでしょう、ピカピカでした。

「なで仏」の風習ですね。

 

 

f:id:oldmanbuddhist:20170626222918j:plain

 本堂です

曹洞宗のご本尊はお釈迦様ですが、この中に「阿弥陀様」もいらっしゃいます。

お釈迦様も阿弥陀様も仲良く、です。

おおらかで、良いです。

 

ふつうお寺は、本堂と生活する部分が離れているのですが、浄聖院様は小さなお寺ですので、本堂の横に客間があり、奥に台所があり、裏に部屋があり、上に部屋があります、本堂を囲むように住居スペースがあります。

 

お経、冥想、勉強、実践、法話はすべて大切なので、こういったことが、途切れることなく行うことができる、ちょうどいいお寺だと思いました。

ただ、大人数だと、大変かもしれませんが・・・。

 

ちょうどいい大きさで落ち着けるお寺でした。

 

生きとし生けるものが幸せでありますように