おっさんの仏教メモ

テーラワーダ仏教をいろいろ考えるおっさんのメモ

アビダンマ復習 心の流れ

心はとても短い時間に生滅を繰り返しています。

 

まだ、習っていない部分ですが、テキストには、心の寿命は「1心刹那」といい、心が1回生滅する時間をいい、それは1弾指の1兆分の1程度の極めて短いものである。とあります。

 

どれほど短いものであるか想像が尽きません。

 

心は24時間、寝ている時も、起きているときも、間を開けずに生滅を繰り返しているので、流れているように見えます。

 

「生滅生滅生滅生滅生滅生滅生滅生滅」

こんな感じなのでしょうか?

 

それとも

〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

こんな感じなのでしょうか?

いや、たぶん、くっついていなければダメでしょう。

 

テキストでも、先生も、映画フィルムの譬えをしていただきいました。

下記、フリー素材いただきました。

f:id:oldmanbuddhist:20170801211808j:plain

心の流れ(路心)

 

心の流れ「路」といい「五門路」と「意門路」と「有分」があります。

 

五門路

眼耳鼻舌身の感覚の入り口と譬え「門」と呼び、五つの門を縁として生ずる流れを言う

 

意門路

五門以外の心の流れ

 

有分

五門路と意門路の間に生ずる潜在的な心をいいいます。

 

おおざっぱな簡単な分け方ですが、以上がものすごいスピードで生滅を繰り返しているんでしょうね。

 

映画のフィルムの譬え

フィルムの画像の部分→五門路、意門、(意識的な心の流れ)

 

画像の周りの黒いフレームの部分→有分(認識できない心の流れ)

 

画像の無いフィルム→有分

 

f:id:oldmanbuddhist:20170801211808j:plain

生まれてから、毎日、起きている時も、寝ているときも、24時間、そして死ぬまでフィルムは動き続けます。

 

本当はもっと細かく分けて、分析しているのですが、初心者ですので、フィルムの譬えが一番わかりやすかったです。

 

生きとし生けるものが幸せでありますように。