おっさんの仏教メモ

引っ越ししました。

慈経(メッタスッタ)を覚える(11)第三偈 三行目、四行目 心を清らかにして唱える

やっと慈悲の実践にたどり着きました

 

 第三偈

ナ チャ クッダン サマーチャレー キンチ

イェーナ ヴィンニュー パレー ウパワデッユン

スキノー ワー ケーミノー ホントゥ

サッベー サッター バワントゥスキタッター

 

(智慧ある)識者たちが批判するような、

どんな小さな過ちも犯さないように。

幸福で平安でありますように。

生きとし生けるものが幸せでありますように。

 

第三行目、第四行目

慈教でも一番好きな部分、唱える声も、ついつい大きくなります。

 

スキノー ワー ケーミノー ホントゥ

サッベー サッター バワントゥ スキタッター

 

スキノー

幸運で

 

ワー

また

 

ケーミノー

安穏で

 

ホントゥー

ありますように

 

サッベー

一切の

 

サッター

衆生

 

バワントゥ

ありますように

 

スキタッター

自ら幸せなものたちで

 

 

くっつけます

幸福で また 安穏で ありますように

一切の 衆生は 自ら幸せなものたちで ありますように

 

協会訳

幸福で平安でありますように。

生きとし生けるものが幸せでありますように。

 

 

慈悲の冥想の「生きとし生けるものが幸せでありますように」

はこれを翻訳したものです、お釈迦様の言葉です。

 

慈悲の瞑想 - Wikipedia

 

 

短い言葉ですが、心を清らかにして唱えることで、慈悲の実践をします。

 

 

昔から、人間は、他の人間に害を与えることはけっこう平気、他の生き物にも害を与えることもけっこう平気。

 

そんな人間に対し

 

害を与えることはやめて全ての生命に慈しみを持ちなさい、幸せになってほしい、と願いを、「生きとし生けるものが幸せでありますように」というたった一行でガツンと言ってます。

 

 

慈悲の冥想をして10年くらい経ちます。

 

何か変化はありましたか?

というと。

 

生き物が可愛いく見えます。

人の好き嫌いが減りました。

あまり怒らなくなりました

 

心には良い変化があったと思います。

 

 

最近、仏教以外のマインドフルネス教室や冥想教室でも「慈悲の冥想」をしているところがありますが、ルーツは、ここ慈経にあります。

 

慈経で本当の意味を知って、慈悲の冥想をすると、もっと深いものになります。

 

慈経の勉強はまだまだ続きます。