おっさんの仏教メモ

引っ越ししました。

仏教勉強会

スリランカテーラワーダの若いお坊様と勉強会

33歳だったかな、今年、日本に来たばかりです。

日本語は片言、英語はまあまあ、シンハラ語はOK、パーリ語もOK

 

 

私は、日本語OK、英語は片言、パーリ語は単語のみ、シンハラ語はNG

 

こんな二人がサシで勉強会

日常読誦経典の内容を勉強しました。

 

お互い、共通の言葉はパーリ語になります。

パーリをシンハラに翻訳して、シンハラを英語に翻訳して・・、

 

パーリの意味はだいたいわかるので、お坊様にもっと詳しく説明してもらいます。

 

「そっか、スリランカでは、そういうふうに説明するのだな」とわかります。

 

生命の説明で、灯明を例に出して

 

灯明の芯は業(カルマ)

灯明の油は寿命(肉体の寿命)

灯明の火は生命

灯明の器は身体

火を消す風はアクシデント

 

カルマ(芯)が短いと、寿命が残っていても生命は尽きるし

油が少ないと、カルマを残して生命は終わるし

アクシデントで生命が尽きるときもあるし

 

ここで質問

風(アクシデント)はカルマと関係するんじゃありませんか?

輪廻(リーインカーネション)はどう説明しますか?

残ったカルマはどうなるのですか?

 

残念ながら、お互いの語学力不足で、疑問の解決には至りませんでした。

 

でも、お互い、頭の上に仏教という目的があると、言語って、ただの手段ですね。

コミュニケーションの主役は言葉ではないです。

 

次回は、せめて、お互いの共通言語であるパーリ語の辞書を持参します。

 

 

灯明の周りのお菓子は食べ散らかしたのでなく、いろいろな例を説明するために、並べたり、散らしたりしました。

言い訳がましいですが・・。

 

f:id:oldmanbuddhist:20171105195701j:plain

 

 

 

 

質素にプージャ

f:id:oldmanbuddhist:20171105200329j:plain

 

 

 

 

勉強の姿はお釈迦様が見てました。

f:id:oldmanbuddhist:20171105200449j:plain

f:id:oldmanbuddhist:20171105200529j:plain