おっさんの仏教メモ

引っ越ししました。

慢について

慢はいつも心の周りをうろついている煩悩です。

 

いつも、当たり前のように出てきます。

 

阿羅漢にならないと消えないらしいので、かなりしつこく心にこびりついている煩悩なんでしょうね。

 

 

高慢、卑下慢、同等慢の3つがあります。

 

 

 

高慢は、人と比べて自分が偉いと思うこと。

 

卑下慢は、人と比べて自分は劣っていると思うこと。

 

以上の2つは、わかりやすい心です、人から「お前は高慢だ」と指摘されやすい心でもありますね。

 

卑下慢は、自分でも自覚できそうです。

 

 

同等慢はわかりにくいです。

「人と比較して同じだ」という意味になるのでしょう。

「平等」という意味にもとれそうです。

なぜ悪いのでしょうか?

 

 

昨年12月23日、スマナサーラ長老初期仏教講演会「過去からの解放」より引用

 

同等慢はなぜ悪い

 

自我が良くないということです

瞬間瞬間、人格が変わるのに、誰と比較するんですかね?

 

比較して「同じだ」という同等慢を作る暇がないんです

 

卑下慢も高慢も成り立たないように、同等慢も相当な勘違いです。

変わらない自分がいるという錯覚から同等慢が生まれるんです

 

真理に背くことですから同等慢も悪いということです。

 

 

 

 自我は無いという真理、これに背くのですね。

「自我」という観点からみると、高慢、卑下慢、同等慢、すべてが悪いということ。

 

本当は生きることに忙しいのに、わざわざ人と比較して、わざわざ同等慢を作り、いろんな悪い原因を作っていく。

 

暇なんでしょ。

 

悪い意味の暇でも、慢の原因になるかもしれない。

 

貪瞋のような、はっきりし心でもでなく、微妙な感じ。

 

やはりタチが悪いです。

 

冥想等で気づく心なんでしょうね。