おっさんの仏教メモ

引っ越ししました。

「まだ、お酒飲んでるの?」高機能アルコール依存症

「まだお酒飲んでるの?」

「時代の流れは変わってきてますよ」と言うと。

 

 

「おっさんはうるさいなあ、仕事も家庭もちゃんとやってる、心も体も健康だ、問題ないでしょ」と言われそうです。

 

実際、アルコールをストレス発散に利用して、仕事も家庭もバリバリこなす人ってけっこういます。

 

 

こんな本を見つけました。

 

高機能アルコール依存症を理解する ーお酒で人生を棒に振る有能な人たち

高機能アルコール依存症を理解する ーお酒で人生を棒に振る有能な人たち

 

 

「高機能アルコール依存症

こんな言葉はじめて知りました。

 

英語では、「high-functioning alcoholic」

 

アルコール依存症というと、固定化されたイメージがあって、体も心も身の回りも、社会的にも、「もうダメ、ボロボロ」という感じがありますが、本書は違います。

 

「高機能」という翻訳に違和感があります。

本書で言う高機能は

 

有能で仕事もバリバリこなし、社会的な地位もあり。

家庭もしっかりやっている。

高学歴で、自分の専門分野もしっかりやっている。

「意識が高い人」というニュアンスかな、と思います。

 

 

「飲みすぎの傾向はあるかもしれないけど、仕事や家庭もしっかりやっているから、問題ないでしょ。」

そういった方に焦点を当ててます。

 

典型的なアルコール依存症ではなくても、アルコールは薬物なので、学歴、収入、意識の高い低い、社会的地位に関係なく、まんべんなく蝕むんでしょうね。

 

本書では詳細な実例を挙げて、依存症ついて述べてます。

 

 

話は変わりますが、私と同世代のスタパさんの記事を見つけました。

 

k-tai.watch.impress.co.jp

 

スタパさんは依存症予備群だったのでしょう。

 

試しに断酒してみます。

うまくいき、断酒のメリット3つを書いてます

 

自分の時間が増えた

 

体調不良が減った、憂鬱な気分を持ち越さなくなった。

 

血圧が下がった。

 

 

依存症でない人には、断酒は、身近にできて確実に効果が期待できる健康法です。

 

 

「まだ、お酒のんでるの?」

健康の見方も変わってきてますよ。

 

 

お釈迦様は、お酒に関してはNOです。

 

日本はお酒天国です、どこでも簡単に、安価に手に入ります、状況は厳しいですが、どうぞ自分の身を守ってください。

 

生きとし生けるものが幸せでありますように。