おっさんの仏教メモ

引っ越ししました。

しぶとく道徳(4) 十悪十善

道徳についてあれやあこれや書きました。

善いことと、悪いことの区別についてしつこく書きました。

 

oldmanbuddhist.hatenablog.com

 

oldmanbuddhist.hatenabl

oldmanbuddhist.hatenablog.com


 

 

小学校1・2年「しては ならない ことがあるよ」のほかにも、小学校3・4年、小学校5・6年、中学校の道徳の教科書にも「守らなくてはいけないこと」「人として、してはいけないこと」「福沢諭吉の ひびのおしえ」「会津藩什の掟」を掲載してました。

 

「守らなくてはならないこと」「してはいけないこと」が、道徳教育の善いこと、悪いことの区別なのでしょう。

 

でも、明確なものはなく、日本の歴史的、文化的なものからくる、「やってはいけないこと」です。

 

日々の生活で、悪いことをしそうになることは、しょっちゅうあります。

 

もっと、明確な判断基準があってもいいのではないでしょうか?

 

 

手前みそになりますが、仏教では歴史的、文化的、社会的、地域的な道徳ではなく、変わることがない普遍的な道徳、善悪の判断、悪いことの項目が決まっています。

 

下記の本より引用します。

 

 

普遍的な道徳として「十悪十善」を説いてます。

 

説く前に、まずが親が道徳を守るようにと言います。

自分が守らないのに、子に守れ、なんて言えません。

まず親が守らなければ、道徳は成り立ちません。

親が実行して、これが良いものであるなら、初めて子どもに教えることができます。

 

悪いこと10の内訳です、罪の軽い順です。

 

身体で行う悪いこと3つ

 

殺生

 

不与受

与えられていないものを取る

 

邪淫

節度のないさまざまな欲行為

 

 

口で行う行為4つ

妄語

嘘をついて他人をだます

 

離間語

人間同士の調和を壊す噂話

 

粗悪語

怒りの感情を表す言葉、他人の気持ちを傷つける言葉。

乱暴な言葉

 

無駄話

根拠のない、証明できない、役に立たない話

 

意で行う行為3つ

 

貪欲

異常欲、病的な欲

 

異常な怒り

管理できない瞋り、怒りの暴走

 

10

邪見

事実に基づかない見解

 

仏教の場合、善行為ができなくても、この十悪はやらないようにしましょう、という考え方です、これが仏教でいうところの道徳です。

 

 

まずは親がやってみて、子どもに教える、普遍的な教えなので、年齢ごとに変える必要もありません、死ぬまで使える教えです。

 

シンプルに死ぬまで使える道徳、流行りの言葉で言うと「コスパがいい」と言うのでしょうか、仏教は無駄が嫌いなので、どの教えも「コスパ」がいいです。

 

お幸せでありますように。