おっさんの仏教メモ

引っ越ししました。

道徳の話、あれやこれや。(5) 十悪十善と五戒 最後はシンガーラ経

道徳に関するメモはこのへんで終了します。

 

前回の(4)で、仏教の道徳、十悪について書きました。

 

素朴な疑問ですが、十悪と五戒の違いについてです。

どう違うのでしょうか?

 

五戒は、法要のときに、在家が守るべきこととして必ず唱えます。

oldmanbuddhist.hatenablog.com

 

十悪は唱えたりしませんが、五戒のうち、「カーメース ミチャチャーラ、ヴェーラマニー シッカー パダン、サマーディ ヤーミー」これだけは十悪にありません、ほかの4つは十悪にもあります。

 

なぜ、これだけが十悪にないのでしょうか?

 

調べたところ、やはりブッダラボのチエリさんに行き当たりました。

道徳の話、最後の締めはブッダラボさんになります、チエリさん、ありがとうございました。

 

thierrybuddhist.hatenablog.com

 

十悪は法則で、動物、神々、人間、すべてに当てはまります。

ただ飲酒だけは、人間にしか当てはまらないのですね。

動物、神々、餓鬼は飲酒はしませんから。

 

五戒の3番目は人間バージョンの戒だったのですね、初めて知りました。

 

それにしても、長老の話で、飲みたいと思わないのに、お酒を飲まされる象のこと、かわいそうだと思いました。

 

 

最後は「在家の律」と言われるシンガーラ経です。

仏教の在家が守るべき道徳をお釈迦様が平易に説いてます。

 

 

片山一良先生の訳で「シンガーラ経」を読むことができます。

原始仏教 12

原始仏教 12

 

 

 

題名は「成功する生き方」ですが、シンガーラ経の詳細な解説本です。

 

 

 

仏教の道徳はあいまいさは微塵もありません。

そのことがよくわかります。

 

 

生きとし生けるものが幸せでありますように。