おっさんの仏教メモ

引っ越ししました。

身体のこと

親しい知人が病気になり、病気とか身体のことを考えたりします。

 

病気とは、身体が不自由になることです。

 

でも、仏教では「身体のことなんて放っとけ」です。

たしか、身体には冷たいです。

 

私たち生活活動のほとんどが身体に関すること、身体のためにやっていること、「身体、身体、身体」ですね。

 

なぜ、身体には冷たいのか?

 

身体に偏った思考と感情で、大事なことが疎かになるということでしょう。

だから、身体の多少の不具合は放っておけ、です。

 

 

下記に珍しく先生の作り話が出てきます、登場人物は、人間、犬、賢者です。

巻頭法話(69) からだのことしか考えられない 2000年11月

 

 

身体のことにやたら囚われないで、人間にしか出来ないことをやりましょう、と説いてます、おおいに納得です。

 

知人の病気のおかげで、大事なことを教えてもらったような気がします。

ありがとうございました。

 

生きとし生けるものが幸せでありますように。