おっさんの仏教メモ

引っ越ししました。

ときどき脱線、写真の話(1)(仏教とは関係ないです)

今回から、仏教からときどき脱線して、写真の話を入れたりします。

 

最近、下記のニュースを見たのがきっかけです。

いろいろ思うところがあり、感慨深いです。

dc.watch.impress.co.jp

 

以前から、写真やカメラが好きで、趣味にしたり、写真関連の仕事をしてました。

 

最近、写真というと、スマホで撮るのは当たり前、インスタグラムも大盛況です。

インスタ映え」という言葉もありますね。

 

若い方にとって、写真はスマホ、インスタ、なんでしょうね。

 

若い方はご存知ないかもしれませんが、写真はいまやデジタルがあたりまえ、でも、その前はフィルム(銀塩写真)をカメラに入れて撮っていたのです。

 

デジタルとフィルムの境目は、1998年、1999年、2000年、このあたりから、200万画素以上の高画素のデジタルカメラが出てきました、フィルムカメラからデジタルカメラへの移行が始まったのですね。

 

私もこの時期にデジタルカメラに切り替えてます、写真をパソコンで見て、管理するようになりました。

 

もう、フィルムカメラは持っていません。

 

 

昔話をしますね。

 

私がカメラで撮った一番古い写真は、1967年頃

もう50年以上も前の話ですね。

3歳になるかならない頃です。

 

父にカメラを持たされて、屋内で父親を撮った写真です。

カメラは両手で適当に持ってますので、父はレンズの画角内に入ろうと苦心している様子がわかります、広角レンズを付けて、フラッシュを光らせてます。

 

 

想像します。

 

カメラは、ニコンFもしくは、ニコンS2もしくは、キャノン7。

フラッシュは、当時はストロボが無くて、発光器というものがあり、これに閃光電球をはめて撮影してたのですよ、閃光電球は使い捨てです、ですから、1枚につき1球使われます、1枚のコストはいったいいくらになるんでしょ。

 

フィルムは・・・、当時、父の使っていたフィルムは、富士フィルムのネオパンSS、もしくはネオパンSSS,もしくはコダックのトライX.。

 

でも、父は、100フィート(30.5m)のフィルムを切って、パトローネに詰めて使っていたと思います、そのほうが安上がりですから。

 

撮ったあとは現像ですね。

現像液の処方って公開されています。

父は、コダックのHC-110現像液を自分で調合して使ってました。

 

フィルムの処理過程は、現像、停止(酢酸を希釈したもの)、定着(フジフィックスという薬品がありました)、水洗、乾燥です。

 

出来たフィルムをプリントにしましす、引き伸ばしですね。

印画紙は、三菱製紙の月光Vの2号か3号を使ってました。

月光は光沢、薄手の印画紙です。

父はこれのカビネサイズを買い、二分の一に裁断すると手札サイズ、これを二分の一に裁断すると名刺サイズ。

 

カビネ 18x13cm

手札 9x13cm

名刺 6.5x9cm

 

父は、子どものスナップをたくさん残したかったのでしょう、名刺サイズの写真が多いです、私もこのサイズが好きです。

 

引き伸ばし器は、富士のB型

夜、居間でやります。

赤い暗室灯をつけて引き伸ばしをします。

 

印画紙の現像液は、富士のコレクトール、停止液は酢酸、定着液はフジフィックス、この3液を通して、お風呂場で水洗、乾燥して、プリントが出来上がります。

 

デジタルと比べて、手間とコストが、すごいです。

 

で、50年以上経ちました。

この話のなかで、現在、手に入れることができるのは、トライXフィルムだけになりました。

あとは手に入りません。

 

 

 

 

デジタルと違い、フィルム写真、銀塩写真の世界は

 

ケミカル(フィルム、印画紙の化学反応)

オプティカル(レンズ等、光学的なもの)

カニカル(カメラの絞りやシャッター)

 

以上の3つで成立します。

 

手間がかかりますが、単純なので、戦前のカメラでも写真は撮れます。

デジタルでは無理かもしれませんが。

 

 

この、写真の話で「デジタルがいい」とか「フィルムがいい」とか言うつもりはありません。

 

父の写真趣味の影響で、私のやってきたことを、ちょっとずつ書いていきます。