おっさんの仏教メモ

引っ越ししました。

ご心配をおかけしました。

先日、寝て過ごした連休の話をしました。

oldmanbuddhist.hatenablog.com

 

本日、病院に行って、血液検査、超音波診断、CTをしてきました。

 

結果は

「詰まっていた胆石が落ちたのでは・・?」という診断でした。

MSDマニュアル家庭版、おそるべしですね。

www.msdmanuals.com

 

 

病院では、この部位のがんであるか否かも検査しました。

その可能性はないみたいです。

 

もしこの部位ががんだったら、死んじゃう可能性があるわけで、「さて、そうなったらどうしよう、まだ何も決めてないよ」と、診断が出るまで、待合の椅子に座って考えてしまいました。

 

 

先生の本で

老いること、病気になること、死ぬことは、私たちに確実に訪れるもの」とあります。

 

 

 

私自身、「死ぬかもしれない」と思って、ふだん生活してません。

でも、人生、思わぬところで、「死んじゃったり」「死んじゃう可能性」が出てくるのでしょう。

 

それをひしひし感じた一日でした。

 

いまだに「仏教読みの仏教知らずです」修行が足りません、たぶん、「死んじゃうかも」と言われたら、必ずうろたえるでしょう、先生に叱られそうです。

 

あと家内と親は安堵したみたいです、人間は一人では生きてない、ということです、それもひしひし感じました。

 

 

生きとし生けるものが幸せでありますように。