おっさんの仏教メモ

引っ越ししました。

ときどき脱線、写真の話(4)「写真の保存方法」

ある写真屋のおやじさんと親しくなって、写真の保存方法について雑談したことがあります。

 

かれこれ18年前くらいの話です。

 

デジタルがどんどん台頭してきて、CDとか、MOとか(MOなんてもう見ませんね)の保存とかが出てきました。

 

でも、おやじさんとの結論は

「やっぱり、紙(プリント)だよね」でした。

 

我が家にはありませんが、実家にある一番古い写真は戦前のものでしょうか。

古い遺影でも戦前のものがありますね。

モノクロ写真です。 ちゃんと残っています。

 

適切に処理されたモノクロプリントはかなりの耐久性があります。

 

あと、私の父が、昭和28年頃から始めている自家処理のモノクロプリントも退色せず、残っています。

 

若干、定着処理の不備とか、きちんと水洗しなかったプリントは、残念ながら変色しています。でも、これはこれで味があっていいです。

 

60年~80年前以上のプリントが残ってる、ということです。

 

そのあと、フィルムを使用する銀塩カラープリントが出てきましたね。

1時間仕上げとか、よくスーパーなんかにあって、買い物している間に出来上がるとか・・。私は、このスピードプリントの仕事をしてた頃があります。

 

あのタイプは、裏面に防水コーティングがしてあって、ペーパーというより、樹脂コーティングペーパーですね。

 

 

樹脂の寿命が尽きれば、痛んできます。

 

また、色を構成している発色部分が痛んでくると退色してきます。

 

赤系統は意外と弱いです、赤系統から退色していきます。

 

さて、60年~80年、もつでしょうか?

 

そのあと、家庭用のプリンターでも写真ができるようになりましたね。

とくに下記のプリンターはショックでした。

ああー、写真屋の仕事がなくなる、と思いました、その通りになりましたね。

www.epson.jp

 

で、これを持ってました。

www.epson.jp

顔料インクで、銀塩写真と同じ退色性があり、(いまだに変色はないです)

名機でしたね。

 

 

いまは、ブラザーのカラープリンタで、インクの染み込む、裏面樹脂コーティングのない無光沢のペーパーで写真印刷してます。

いまのところ、これがいいみたい。

 

話を戻しますが、今は、スマホやデジカメで撮る時代なので、スマホとかPC中とか、インスタグラム、グーグルフォトとかのクラウドに置いたり、たまには整理してDVDを焼くとか、外付けハードディスクに入れるとか、写真をブツにしないで置きっぱにしているのではないでしょうか?

 

スマホやPCが壊れたらアウト

クラウドの経営が成り立たなくなったら追い出されます。

DVDや、ハードディスクって万全?

どれも実体のない写真の居場所です。

 

 

1年に1回くらいは、実体のない大事な写真は実体(ブツ)にて、残すことをおすすめします。